ジュースクレンズの効果と正しいやり方を知りたい!体の内側からキレイを実感しよう

海外のセレブたちの間で大流行した、新しい美容・健康法が「ジュースクレンズ」と呼ばれる方法です。身体に良い影響をもたらすジュースクレンズも、やり方を間違うと負担になってしまいます。今回はジュースクレンズの正しいやり方、身体への効果についてご紹介します。

美容にも効果あり?ジュースクレンズの効果とやり方について

2018年01月04日更新

ライフスタイル

山口実可

  • fb
  •  
  • line

[1]ジュースクレンズについて

ジュースクレンズとは

add or changeさん(@addorchange)がシェアした投稿


ジュースクレンズは、野菜や果物を使用したコールドプレスジュースを食事の代わりに飲むというものです。“クレンズ”とは洗浄という意味で、身体の中を洗浄してくれます。3食の食事で固形物を摂らず、ジュースから栄養を補い胃への負担を軽くして、デトックス効果を得ることができます。

プチ断食のような効果も得られることから、海外でもハリウッド女優やセレブたちから高い人気を誇っています。

コールドプレスジュースとは


コールドプレスジュースは、野菜や果物を低速回転ジューサーで搾ったものです。加熱処理をしておらず、添加物も含んでいません。野菜や果物に含まれるビタミンなどの大切な栄養素が、失われにくいのも特徴です。

繊維質を取り除いたジュースなので、消化しやすく胃に負担がかかりにくいです。日本にもコールドプレスジュースの専門店が多数あり、大人気となっています。

ジュースクレンズ(コールドプレスジュース)とスムージーの違い

ジュースクレンズもスムージーも同じように野菜や果物を使うので、同じものと思いがちですが少し違います。スムージーはジューサーを使用して、搾りカスなどに含まれる食物繊維など全ての栄養素を一緒に摂取します。

ジュースクレンズは低速回転のジューサーを使用します。野菜や果物に含まれる酵素が摂取できますが、搾りカスは捨てるので食物繊維の量はスムージーに比べると少なくなります。

[2]ジュースクレンズの効果

美容にも効果あり?ジュースクレンズの効果とやり方について

ダイエット効果

ジュースクレンズは水溶性食物繊維を多く含んでいるため、胃腸に負担をかけずに行うことができます。消化吸収で使う大きなエネルギーをデトックスにまわすことができ、結果ダイエットにも繋がります。

しかし、方法を間違えるとダイエット効果を得られず、身体に悪影響が出る場合もあります。また、コールドプレスジュースから生きた酵素を体内に摂り入れることで代謝を上げ、痩せやすく太りにくい体質に改善する効果もあります。

美肌になる

食物繊維などの栄養によってデトックス作用が起こり、体内から老廃物が排出されると、新陳代謝が活発になって肌の調子がよくなります。

ジュースクレンズに含まれる野菜や果物に多く含まれるビタミンやミネラルは、肌のトーンを明るくしたり、くすみが取れたりと美肌にも効果があります。

体調を整える

日々の食事で私達の身体は、消化器官が休むことなく働いています。消化器官は毎日絶え間なく動いているため、疲れてくると本来の働きができなくなります。

ジュースクレンズにより食事をせず休ませることで、消化器官の働きを取り戻すことにつながります。そして、胃や腸をクレンジングするという効果もあります。

デトックス効果

野菜や果物には、多くの食物繊維やミネラル、ビタミンが豊富に含まれており、体内に蓄積された老廃物を排出し、便秘解消の働きにも効果があります。

また、肩コリの原因の一つとされているのも、筋繊維や、筋膜に老廃物が溜まっていることが挙げられます。デトックス効果によって老廃物が排出されれば、肩コリやの軽減にもつながります。

免疫力アップ

ジュースクレンズで胃や腸をしっかり休ませることによって身体の調子が整い、免疫力を高める効果が期待できます。免疫力があがると、感染症にかかりにくくなります。

アンチエイジング

野菜や果物には抗酸化物質が多く含まれています。抗酸化物質には、体内の活性酸素を除去する働きに優れており、老化を防いで若返りを促進する効果があります。

[3]ジュースクレンズのやり方

ジュースクレンズは基本的に3日間行い、その間ジュース以外は摂りません。3食置き換えをジュースで行い、空腹時もジュースを飲んでも問題ありません。

その際には、ジュースを摂る際にジュースと同量の水を摂るようにしましょう。また、必ず準備期間・回復期間を設けるようにしてください。

準備期間

ジュースクレンズを行う数日前から、準備期間を設けるようにします。1~3日を目安として、この期間は水を1日1L~2L飲みます。食事内容は、和食を中心として、胃に負担がかからないメニューにします。

準備期間なく急に断食を始めてしまうと、身体がびっくりしてエネルギーや脂肪を溜めこもうとしてしまいます。

断食期間

ジュースクレンズを行っている間は、固形物を口にしません。コールドプレスジュースと水だけで過ごします。

この期間は他のジュースやアルコールは控えてください。飲むコールドプレスジュースの量は決まっていないので、お腹が空いたらコールドプレスジュースや水を飲みましょう。

回復食期間

断食期間が終わった後は、回復食期間を断食期間と同じ日数設けます。食事を摂る際は、重湯やおかゆ、スープなどの消化がよいものを食べます。

それから、数日かけて少しずつ普段の食事に戻していきましょう。断食期間が終わったからといって、いきなり通常の食事を行ってしまうと、胃には大きな負担となります。腹痛が起こることも考えられるので、十分に気を付けてください。

[5]ジュースクレンズを行う際の注意点

kaho💋さん(@uk719)がシェアした投稿

まずは半日、1日から始める

ジュースクレンズは断食になるので初心者の方や慣れていないうちは無理をしてはいけません。基本的には3日間、5日間で行いますが、初めて行う方は半日、1日、2日と慣らしておきましょう。

野菜ジュースはNG

シューズクレンズを行うには、市販の野菜ジュースで代用はできません。スーパーやコンビニなど市販のジュースは加熱処理をされており、コールドプレスジュースと比べると栄養素は少なくなります。

ジュースをしっかり準備しておく

ジュースクレンズを行うときは、あらかじめ必要なコールドプレスジュースを確保しておきましょう。コールドプレスジュースは売っている場所も限られており、まとめ買いをするにも日持ちしないものもあります。

ジュースクレンズを行っている期間でコールドプレスジュースが無くなってしまうと続けられなくなるので、必ず確保しておきましょう。

自分で作る際は「低速回転ジューサー」を使う

コールドプレスジュースは自宅でも作ることができますが、そのときは必ず「低速回転ジューサー」を使用するようにしてください。普通のミキサーやジューサーは使用してはいけません。

妊娠中のジュースクレンズは?

体重をコントロールしたい妊娠中のジュースクレンズは、太り過ぎを改善することは可能です。しかし、ジュースクレンズにコールドプレスジュースを使用することはオススメできません。

コールドプレスジュースには、むくみを改善するためのナトリウム排出に使用されるカリウムに特化した栄養バランスに傾いており、カリウムの過剰摂取につながり、高カリウム血症が起こる危険があります。

日数も3~5日となると身体の負担も大きくなるので行うのなら、1食置き換えるプチ断食がいいでしょう。体重よりも赤ちゃんとお母さんの身体が第一ですので、無理は禁物です。

[6]ジュースクレンズで身体をデトックスしよう

美容にも効果あり?ジュースクレンズの効果とやり方について
海外でも日本でも大人気のジュースクレンズ、いかがでしたか。ジュースクレンズは体内のデトックスを行って、体調を整えたり、美肌効果やダイエット効果もあるものです。

毎日頑張っている消化器官を休ませる期間も必要ですよね。しかし無理をしてしまうと、身体に悪影響を与えてしまいます。1日単位でも始められるので、ぜひ試してみてくださいね。

関連するキーワード