白湯で温活デトックス!美と健康につながる効果と正しい作り方

「健康には白湯がいい」「温活には白湯がいい」など芸能人も美容のために飲んでいることで有名な白湯は、とてもデトックス効果が高く健康維持効果も認められているのです。お水があれば簡単に作ることのできる白湯の正しい作り方を知って、気軽に試してみませんか? 白湯の知られざる歴史と手軽にできる白湯のデトックス効果をご紹介致します。

白湯でデトックスが出来る?知らなかった白湯のパワー

2018年03月30日更新

ライフスタイル

山口実可

  • fb
  •  
  • line

[1]白湯ってどんなもの?作り方は?

白湯とは一度沸騰したお湯を50℃くらいの温度まで冷ました状態のものです。白湯は一度沸騰させることで、空気を含み柔らかく飲みやすいのが特徴です。“湯冷まし”とも呼ばれますが、一般的には“白湯”と呼びます。白湯はとても健康効果が高く身体を効果的に温めてくれることから、インドの伝統医学にも用いられる程です。

水を沸騰させて作るものなので、健康目的以外にも新生児や身体が弱った時の水分補給にも用いられる飲み物です。3000年以上前からインドで愛されてきた白湯は、老若男女問わずに安心して摂取でき健康効果も高い飲み物なのです。

白湯でデトックスが出来る?知らなかった白湯のパワー

白湯の正しい作り方

お水と火があれば誰でも簡単に作ることのできる白湯の正しい作り方をご紹介します。白湯を作る時に必ずしなければならないことは、沸騰させることです。

  1. まずお水を用意します。
  2. その水を鍋にいれ、グツグツと沸騰するまで待ちます。
  3. 火を弱めて10~15分沸騰したら一度火を止めます。
  4. 50度前後まで冷めたら10~15分かけてゆっくり飲んでください。

鍋でグツグツと煮立てて作る方が、柔らかなお湯になり飲みやすくなりますが、火を使う時間がない時はマグカップ1杯分を500wで1分ほど温める方法もあります。

白湯の歴史

約3000年以上もの歴史があると言われている白湯は、インドの伝統医学であるアーユルヴェーダでは、古くから健康法として馴染みのある飲み物でした。現代では、美容効果やデトックス効果、温活などに用いられて幅広い層から愛されています。

少しずつ時間をかけて飲むことで、胃腸に負担をかけず内臓を温めてくれる白湯は血行をよくしてくれるためダイエット効果も望めるのです。 

白湯でデトックスが出来る?知らなかった白湯のパワー

水道水とミネラルウォーターどっちがいいの?

白湯を作る際に、水道水とミネラルウォーターどちらがいい効果が出るなど決まりは有りません。ただし、水道水はミネラルウォーターに比べて、少し匂いが気になる場合があります。

白湯を水道水で作る場合は、ケトルや電子レンジで簡単に作らず鍋でしっかり煮立てて作ることをおすすめします。毎日お湯を沸かして作る手間がかかると感じる方は、ウォーターサーバーで出たお湯を冷ましてから飲むことをおすすめします。

飲みたい時に瞬時に飲むことができるウォーターサーバーは、ミネラルウォーターの購入費や湯を煮立てるためのガス代を気にする必要もありません。ウォーターサーバーから出るお湯の温度は80~90度と少し熱めのお湯のため、冷ましながら飲むことで白湯とほぼ同じ効果を得ることができます。

[2]白湯の効果と好転反応って?

白湯を飲むことを続けることで体質改善効果を期待することができます。特に内臓機能を高めて、身体の中の毒素を排出し血流の流れもよくなるため、身体全体のバランスを整えることにつながります。

冷え性や腸内環境の改善、身体の温度を上げる効果もあることから生理痛緩和などの効果も期待することができるのです。

白湯でデトックスが出来る?知らなかった白湯のパワー

温活に向いている

体温よりも温かい白湯をゆっくり冷ましながら飲むことで胃腸が温まり、弱っていた内臓機能の活発化し、消化機能や吸収機能がスムーズに働きます。基礎代謝が上がり、より脂肪を燃焼しやすく痩せやすい身体に改善されていくため、白湯を飲むことでダイエット効果も期待することができるのです。

内臓の温度は1℃下がると、約12%の基礎代謝が下がってしまうと言われており基礎代謝と内臓の温度はとても密接な関係を持っています。白湯は飲むだけで体質改善効果を持っているため、身体全体の温度を高めてより健康的な身体に導いてくれるのです。体温が高まることで、免疫力アップも期待することができるため、人間本来の自然治癒力も高まります。

デトックス効果がある

基礎代謝が活発に働くことで、身体の老廃物の排出を促してくれます。老廃物の排出を促すことでリンパのつまりを改善し、デトックス効果を望むことができます。

肩こりや肌荒れなどの肌トラブルも、体内の老廃物やリンパの滞りが原因である場合もあります。これらを運動以外で効率よく改善するには、白湯を飲み体内の温度を上げることが効果的です。

便秘・むくみ改善効果

内臓が冷えてしまうことで、本来持つ機能は低下してしまいます。そうなることで便通が悪くなり、本来排出されなければならない水分もため込んでしまうことで、むくみや便秘などのトラブルが発生してしまいがちです。

しかし白湯を飲むことで、基礎代謝が高まり体温が上昇し余分な水分を体外へ排出します。そして、内臓機能も活発になるため便秘の改善につながるのです。冷ましながら少しずつ飲むことのできる白湯は、一度に飲む量も沢山摂取することもないため身体が必要とする分だけをこまめに分けて飲むことができるのです。

白湯でデトックスが出来る?知らなかった白湯のパワー

白湯の間違った飲み方

基本的に白湯は、朝起きた時に飲むことをおすすめです。朝起きた時胃の中に何も入ってない状態で飲むことで、腸内をきれいにしてくれますしデトックス効果が高まります。

しかし、食後は胃の中にものが入っている状態のため余分に水分を摂取してしまうことになります。そうなると消化が遅れてしまい、過剰に水分を摂取してしまうことで体重が増えてしまう恐れがあります。

デトックス効果を得たい場合は、朝起きた時に飲むようにしましょう。日中も白湯を摂取したい場合は、食後すぐは避けて食事が終わって30分以上経ってから飲むと、胃腸にも優しくが身体が温まります。

デメリット

白湯のデメリットは、体温がもともと高い人は効果が出にくいということです。基礎代謝量は人によって異なりますが、基礎代謝がもともと多い人は白湯を飲んだからと言って効果を実感しにくいのです。

また、もともと胃腸が弱い人は白湯を飲むことで胃腸を刺激してしまいお腹が緩くなってしまったりする恐れがあります。白湯を飲む場合は、自分の体調や体質に合わせて白湯を試してみてください。

[3]飽きないための工夫って?

日課として飲み続けるにも、「ただ温めたお湯を飲むのには飽きてしまうかも…」と心配な方は飽きないための工夫をすることが大切です。

レモン白湯

普通の白湯に飽きてしまった方におすすめは、レモン白湯です。レモンにはビタミンCが含めれており抗酸化作用があるため、レモンを加えることでより高いデトックス効果を得ることができます。特に美肌効果や疲労回復効果を望むことができます。

レモン白湯はとてもさっぱりとしているため、白湯だと味気ないと感じる方も飲みやすいのが特徴です。レモン白湯を飲む場合普通の白湯より少し高めの温度60度前後の温かさで、ゆっくりとすすりながら飲みましょう。

【レモン白湯作り方】

  1. 普通の白湯を作る時と同じようにグツグツと煮立ったら15分くらい沸騰させます。
  2. コップに白湯を注ぎます。
  3. そこにレモンの輪切りなら1㎝程度のものを1枚、レモン果汁なら大さじ1杯を入れます。

レモン白湯は朝に1杯飲むことをおすすめします。日中も飲みたい場合はレモン白湯ではなく、普通の白湯を飲みましょう。レモン白湯はデトックス効果が高いため、日中も飲んでしまうと身体に必要な栄養素も排出してしまう恐れがあるため注意が必要です。

[4]白湯デトックスで健康的になろう!

白湯は飲み始めてすぐに効果が表れるわけではありません。最低でも1週間続けてみましょう。個人差はありますがコツコツ続けることで効果を実感することができます。いつも飲んでる水の1杯を白湯に変えることから始めてみて下さい。高額なダイエット費用をかけずに、簡単に体質改善に役立つ白湯を是非試してみて下さいね

関連するキーワード