「肌断食」は何もしないというスキンケア!そのメリットや注意点・正しいやり方

最近ネットや雑誌でよく耳にする「肌断食」をご存知でしょうか。女性は特にお肌の美容に関しては敏感で、スキンケアに力を入れている方は多いと思います。高級な基礎化粧品を使用してみたり、新しいマッサージを取り入れたりなど様々なスキンケアが溢れている今、何もしないという原点に返る美容法として、肌断食は大変注目を集めています。今回はそんな肌断食が一体どんなものなのかを詳しく掘り下げ、基本的なやり方や注意点をご紹介いたします。

「肌断食」は何もしないというスキンケア!そのメリットや注意点・正しいやり方

2018年01月09日更新

スキンケア

Yuiko

  • fb
  •  
  • line

[1]肌断食って何?

ぺてぃさん(@kuma_usg)がシェアした投稿

何もしないことが美肌への近道

最近ではダイエットなどでも「断食」が行われるようになったので、短期間の断食を行ったことがある方もいるかもしれません。どのようなものかと言うと、一定の期間食物を口にしないことを指し、元は宗教的行為で精神を高めるなどの修行の一環でした。

その断食に「肌」がつくことで、肌の食を断つという意味になりますが、肌にとっての食とはスキンケア用品やメイク用品にあたります。美しい肌を手に入れるためには、お肌のお手入れは必要不可欠という考え方が当たり前になっていましたが、実際は過度なお手入れがお肌を弱くしている可能性があるのです。

スキンケア商品をお肌に使用しても、表皮にはリンパ管や血管がないので直接体内に取り込むことは出来ません。しかも、お肌には雑菌などからお肌を守るために表皮と真皮の間にバリア層が存在していて、栄養成分をお肌から吸収させることはなかなか難しいのです。

Yuiko

スキンケアによって外部からの乾燥等の刺激からお肌を守ることはできますが、過度なクレンジングや洗顔をし、それをスキンケアで補うということを当たり前に繰り返すことで肌本来が持つ天然の保湿因子の分泌力が衰えてしまうかもしれません。

 
美しいお肌とは、自然に正しいペースでターンオーバーが行われ、古い角質が落ちたサラサラの状態のお肌です。肌断食ではそのお肌を作るために、スキンケア商品に頼ってお肌に負担をかけながら再生させていくのではなく、自分のお肌が持っている本来のパワーで再生させていくことが、長い目で見ると美肌への近道となると考えられています。

肌断食をする目的は?

いつも行っていたスキンケアやメイクを全てやめ、お肌を自然な状態で休ませる肌断食。その目的は、過度なケアをやめることで自分のお肌が本来持っている力を引き出し、本来の美しさに戻すことです。私たちは乾燥や皮脂などの影響で起こる肌トラブルには、すぐに基礎化粧品やメイクでカバーしようとしてしまいます。

「肌断食」は何もしないというスキンケア!そのメリットや注意点・正しいやり方

しかし、お肌には元々バリア機能や修復機能が備わっています。本来何もしなくても、本来持っている力で守ったり治したりできるのです。お肌のためを思っておこなっているスキンケアが、実はお肌を弱らせ、あるはずだったバリア機能や修復力を失う原因になっている可能性があるのです。肌断食はお肌を休ませる期間から始まり、リセットされたら自分で修復する力を呼び戻す期間となります。

いつもは塗っていた化粧水やクリームが無くなることで、確かに最初はお肌が荒れることもあります。しかし、補修してくれるものがないと分かったお肌は、自らの力を発揮しなければならないと、眠っていたパワーを使うようになるのです。

[2]肌断食で期待できる嬉しい効果

肌断食の根本的な目的は肌を休ませ本来の力を引き出すことですが、そうなることで得られる嬉しい効果がたくさんありますのでご紹介します。

「肌断食」は何もしないというスキンケア!そのメリットや注意点・正しいやり方

毛穴の引き締めや角栓の除去

化粧水に始まり、乳液、クリーム、美容液と入念にスキンケアをしていた方は、お肌に過度に栄養を与え続けていた可能性があります。そうするとお肌には不要になった垢や皮脂がどんどん溜まってしまい、外に排出するタイミングがなくなってしまいます。

すると角栓ができやすくなってしまいます。お肌は塗り込むことではなく、排出することもとても重要なのです。いらないものが無くなることで、お肌は滑らかになり、角栓などもできにくくなります。角栓のないお肌は毛穴が目立たないので、キュッと引き締まったお肌となるのです。

ニキビができにくくなり肌荒れが改善される

角栓が減るとニキビにも嬉しい効果となります。角栓は菌の増殖を促してしまいますので、ニキビを増やす原因の一つです。ターンオーバーが正常に行われるようになることでも、ニキビの原因がぐんと減ります。

YOUさん(@morinoyuri0728)がシェアした投稿

また、私たちの皮膚には約20種類、数百億個の常在菌が生息しているのですが、これらすべてが雑菌であるわけではありません。過度なクレンジング・洗顔ですべてを洗い流してしまうことで、お肌を助けてくれる菌まで失っているかもしれません。しかし、肌断食を行うことで、良い働きをする菌を育てることができ、ニキビ予防につながります。

シミにも働きかけてくれる

紫外線を浴びることで、シミの元になるメラニンが生成されてしまいます。正常なターンオーバーができているお肌なら、このメラニンも垢となって剥がれ落ちていくのですが、何らかの原因でお肌に滞留すると色素沈着してシミになってしまうのです。そうならないために、正常なターンオーバーの周期が保てれば、シミができにくいお肌を手に入れることが出来ます。

潤いを保持できる肌を手に入れられる

洗顔時に使用するクレンジングや、殺菌作用が強い洗顔料などはお肌を乾燥させる原因となります。そのような洗顔方法をやめることで、お肌に必要な成分を守り、乾燥する原因を減らせます。また、肌断食することで肌本来の力を引き出します。

そのため一度肌断食に成功すると、何もしなくても常に潤いを保持したお肌を手に入れることが出来ます。過保護にし過ぎたせいで軟弱になってしまったお肌を、力強く自分で守れるようにしてくれるのです。

[3]肌断食ってどうやるの?基本的な方法

それでは基本的な肌断食の方法を見ていきましょう。本腰を入れてガッツリ行う方法や、お試しでやってみる方法がありますので、自分のライフスタイルに合わせて行ってみてくださいね。

「肌断食」は何もしないというスキンケア!そのメリットや注意点・正しいやり方

基本は水洗顔のみ!

肌断食の基本は水洗顔のみ行う事。これだけです。原則としてクレンジングも洗顔料も使用してはいけません。本来、肌に付いたもので洗い流すのは角質や皮脂だけで、それらは水溶性の汚れなので水だけで洗い流せるのです。

そのため、メイクも基本的にはしないことを徹底し、行う場合は、水で落とせるような種類の化粧品で、なるべくポイントメイクだけにするようにします。そして、どうしてもがっつりメイクをしてしまった日には、純石けんは使用してよいとされています。水だけでは落とせないメイクをした夜だけ、純石けんを使用して洗顔しましょう。

そして洗顔後が一番厳しく、基礎化粧品は何も使用してはいけません。初めの頃は乾燥が気になって、カサカサのお肌できついものかもしれません。どうしてもひどい時は、白色ワセリンを乾燥した部分にのみ塗るようにしてください。乾燥時に使用していいのは白色ワセリンだけです。徹底してやる肌断食は、かなりストイックなものとなります。やり始めは辛いことの連続かもしれませんが、これを乗り越えると、スキンケアいらずの美肌が手に入ります。

まっきーさん(@makigai1025)がシェアした投稿

初心者さんは「週末肌断食」がおすすめ

外で働かれている方などは、一切メイクをしない生活などはなかなか難しいですよね。そんな時はプチ肌断食として、「週末肌断食」から始めてみるのもおすすめです。要はお休みの前日の夜から出勤する前日の夜までの間、肌断食を行うのです。

お仕事から帰ってきた日の夜は、がっつりメイクの場合は純石けんで洗顔し、そこから一切スキンケアを断ちましょう。お水で洗顔をするだけの休日を過ごし、出勤の朝にはまたいつも通りのメイクを始めてください。長時間かけて、ゆっくりとお肌を回復させることが出来ます。週に2~3日は出来そうという方は、このペースで始めてみてください。

「夜だけ肌断食」から始めてみるのもあり!

休日もメイクは欠かせないというような方には、「夜だけ肌断食」でも効果はあります。この場合、メイクはウォータープルーフなどは避け、水か純石けんで落とせる程度のものを使用するようにしてください。朝いつも通りにメイクをして、帰宅後水、または純石けんで洗顔後、スキンケア商品は一切使用せずに眠るだけの方法です。

お肌のターンオーバーは夜の睡眠時に行われますので、この時にお肌に何も塗られていないことが効果を発揮します。こちらも時間はかかりますが、日に日にスキンケアなしでもしっかりとお肌を守れる強いお肌へと変わっていきます。

[4]肌断食の注意点

最後に、肌断食の注意点を確認しておきましょう。すべて良いことだけと言うわけではなく、気を付けなければならない点や、知っておくべきことがあります。それを踏まえた上で、肌断食にチャレンジしてみるか考えてみてください。

「肌断食」は何もしないというスキンケア!そのメリットや注意点・正しいやり方

絶対に何も塗らないわけではない

スキンケアを一切やめるという肌断食ですが、絶対に何も塗ってはいけないというわけではありません。お肌の状態は人それぞれです。今まで規則正しくしっかりとスキンケアをしていた人は、突然すべてをやめると最初はそれなりのダメージが出てしまいます。

先ほどご紹介したやり方を参考に、初めは徐々に化粧品を減らしていくようにする方法でも大丈夫です。また、肌断食に慣れてきてからでも、必要に応じて白色ワセリンは使用しても可とされています。ワセリンは、乾燥肌の方に皮膚科で処方されることもあるものです。石油から作られているイメージが先行してしまっていますが、実際はとても安全なものなのです。

それでもたっぷりと使用することはおすすめできませんので、乾燥が酷い時にはごく少量で、乾燥した部分にのみ使用してみてください。時にはお肌を助けてあげることも重要なのです。

紫外線対策は忘れずに

基本的にメイクをしないのが肌断食ですので、日焼け止めはおすすめできません。しかし、紫外線からはお肌を守る必要がありますので、外出時はいつも以上に日焼け対策をしなければなりません。

紫外線を浴びるとシミやしわ、たるみの原因になり、お肌の老化を早めてしまいます。帽子や日傘などでしっかりと対策をして、どうしてもそれができない時や長時間屋外にいることになる場合には、日焼け止めで対処しましょう。お肌には紫外線が大敵なのです。

すぐに効果は出にくく、逆に肌荒れすることもある

肌断食の効果は、早いと3日ほどで感じることが出来る人もいれば、年単位かかる人もいます。その人のお肌が今どのような状態で、どれくらいパワーがあるのかなど個人差があります。

しかし基本的には、すぐにお肌の改善は出来ないということを覚えておいてください。そして、始めたばかりの頃は肌荒れを起こしてしまう人が多いようです。

一度すべての毒素を出し切り新しいお肌に変えていくので、その期間を乗り越えるとだんだん落ち着き、美しいお肌に近づいていきます。しかし、その肌荒れした状態がいつまで続くのかというのも人それぞれです。もしかしたら、今までなったことがないほどの肌荒れになってしまうかもしれません。

「肌断食」は何もしないというスキンケア!そのメリットや注意点・正しいやり方

そこで諦めてまたスキンケアを始めてしまうと、単にスキンケアを怠っただけの期間になってしまいます。この辛い期間を乗り越えて初めて美肌を手に入れられますので、強い気持ちで肌断食を始めないといけません。

お肌の状態がどんどん右肩上がりで良くなるのではなく、一度落ち込む期間があるということをしっかりと把握しておいてください。

肌断食が合わない体質の人もいる

肌断食開始直後はお肌の状態が悪化する可能性があることが分かりました。そこから立ち直りどんどん良くなるのが成功のパターンですが、もしかするとそのまま良くならないこともあるかもしれません。

肌が良くなるための肌荒れなのか、ただ単にお肌が悲鳴を上げているだけの肌荒れなのかを見極めることは、大変難しいのです。肌断食で注意しなければならないのは、スキンケアをやめれば誰でもお肌の状態が良くなる訳ではないということです。

肌断食は自分が本来持っているお肌の力を引き出すことです。もし元々お肌の力が弱い方などは、それ以上になることはありません。自分ではこれ以上修復できないとお肌が叫んでいるのに、気付かずに肌断食を続けていると取り返しのつかないことになる場合もあります。

自己判断が難しいので、可能なら皮膚科の先生などに相談してみてもいいでしょう。現代では昔と食生活も変わり、エアコンなどの家電の影響でお肌が置かれる環境も変わりました。そのため元々お肌のバリア機能や修復機能が弱く、自分だけではケアしきれない人も多くいます。人より肌が弱いと感じている方は、肌断食を始めるには注意が必要です。

[5]素肌力を高めるのが肌断食!注意点を理解して、無理なく美肌を目指そう

赤ちゃんのお肌はモチモチしていてつるつるですよね。人のお肌は、本来はあれほど美しいのです。しかし、年齢を重ね、様々な刺激に触れていくことで、お肌はどんどん劣化していってしまいます。その原因がスキンケアのし過ぎにもあるということを受けとめる必要があります。肌断食は生まれたての肌を目指し、何もしないことでそのありのままの姿に戻すという美容法です。誰でも必ず成功するというわけではないので、注意点を理解し、決して無理はせずにチャレンジしてみてくださいね。

関連するキーワード