シンプルスキンケアは美肌への第一歩!肌本来の力を取り戻す方法とは?

肌にも優しいお財布にも優しいシンプルスキンケア、実践してみたことはありますか?今回はシンプルスキンケアがどんなものなのか、そしてケアの方法や1日のスキンケア方法など今日から実践できる情報を盛りだくさんでご紹介します。

美肌への第一歩!シンプルスキンケアで肌の力を取り戻す方法とは

2018年03月09日更新

スキンケア

Yuiko

  • fb
  •  
  • line

[1]シンプルスキンケアって何?

美肌への第一歩!シンプルスキンケアで肌の力を取り戻す方法とは

シンプルスキンケアとは

シンプルスキンケアとは、肌をシンプルにケアをすることで、肌に優しくお財布にも優しい美容方法です。普段はどのようにスキンケアを行っていますか?洗顔料、美容液、化粧水、乳液、クリームなど自分では完璧にケアを行っているつもりでも、肌荒れがしたりブツブツができたりする方も中にはいますよね。

実は今行っているケアが肌に合っていない場合もあるのです。そんな時、シンプルスキンケアで肌を改善することをおすすめします。

シンプルスキンケアで美肌になるの?

  1. 自己治癒力の回復
  2. 肌は本来、過剰なスキンケアを行わなくても自力で肌を治していく力があります。しかし、毎日毎日しっかり化粧品を使用していると、肌が持つ自己治癒力が弱くなってしまいます。化粧品を辞めてシンプルスキンケアを行うことで、肌本来の自己治癒力を高め、自力で美しい肌になろうとしていくのです。

  3. 刺激が少ない
  4. 過剰なスキンケアは、肌に刺激を与えることにもつながります。スキンケアを行う時に、肌をこするとそれが肌への刺激になり、炎症になり、そして肌荒れやシミの原因となる可能性もあります。1つ1つのスキンケアが、肌をこすることで刺激に変わっているのです。

シンプルスキンケアは、普段のスキンケアよりも肌に触れる回数が少ないので肌に与える刺激が少なくなります。実は、普段お手入れをしていない男性の方が、肌が綺麗なんていうこともありますよね。シンプルスキンケアによって、肌の刺激を減らすことで美肌へとつながっていきます。

基礎化粧品を使いすぎるとどうなるの?

美肌への第一歩!シンプルスキンケアで肌の力を取り戻す方法とは

  • 刺激が強い
  • 私たちは肌のケアをきちんと行おうと、基礎化粧品(洗顔料、美容液、化粧水、乳液など)を使用します。肌の乾燥を防ぎ、栄養補給を行うためのものですが、実は肌にとっては大きな刺激となることがあります。

    肌のためにと思って、私たちが時間とお金をかけてスキンケアを行っていることが、実は肌の負担になり、より悪い状態へと導いていたのです。もちろん、肌に影響を与えてケアを行うことは大切ですが、必要以上に行うと逆効果になるのです。

  • 肌の水分不足
  • 肌が水分不足に陥るのは、洗顔を行う時です。洗顔は1日のメイクを落とし、汚れを落とす大切なスキンケアの1つで、洗浄能力がとても強いものです。それにより、必要以上に顔を洗い過ぎて、肌に必要な水分まで奪ってしまいます。

    肌に潤いが無くなり乾燥した状態になると、肌を刺激からまもってくれるバリア機能が低下し、刺激に敏感な肌に変化してきます。その結果、あらゆる肌トラブルを引き起こしてしまいます。

  • ターンオーバーしない
  • 私たちの肌は、正常にターンオーバーが行われていると、少しの肌荒れやブツブツなどの吹き出物を自分の力で自然に治すことができます。しかし、肌の状態が良くない場合はターンオーバーの力も衰え、肌を自力で治すことができなくなります。

その状態から解消するために基礎化粧品をしっかり使用して肌を守ろうとしますが、そのスキンケアがさらに肌を悪化させる原因となるのです。

なぜなら、肌は異常を感じると本来の力で治そうとしますが、化粧品が肌を守ってくれるので「治す」という仕事をしなくなります。これを繰り返していくうちに、肌が怠けてしまいターンオーバーが乱れてしまいます。

[2]シンプルスキンケアの方法

美肌への第一歩!シンプルスキンケアで肌の力を取り戻す方法とは

1.保湿力の高いクレンジングを選ぶ

まずは、洗顔からみていきましょう。毎日使用しているクレンジングはどのようなものですか?クレンジングオイルは、とても洗浄力が高いですが、水分を一緒に奪ってしまう点もあります。クレンジングを選ぶ際には、洗浄力の強いものを選ぶよりも保湿成分の含まれているクレンジングを選びましょう。

保湿成分とは、ヒアルロン酸、コラーゲン等の美容液成分ですね。なるべく肌を乾燥させないように気を付けましょう。バッチリメイクをしている人にとっては、洗浄力が弱いものは困りますよね。しかし、アイメイクやリップは専用のリムーバーを使用するなど、基本的に使用するクレンジングは保湿力のあるものにしましょう。

2.朝と夜で洗顔フォームを使い分ける

洗顔は、基本朝と夜の2回行います。ほとんどの人は、朝と夜の同じ洗顔フォーム、洗顔石鹸を使用していますよね。実は私たちの肌は、朝と夜で皮脂分泌量が違うのです。朝の洗顔は、寝ている間の皮脂を取り除くだけなので、強い洗浄力は必要なく肌に優しいものを使用します。

赤ちゃんでも使用できるような、低刺激のもので問題ありません。反対に夜は、1日中の分泌された皮脂や汚れ、垢などが皮膚に溜まったり、毛穴に詰まっています。そのため潤いを残しながらも汚れを取り除き、毛穴まで洗えるきめ細かい泡のたつしっかりした洗浄力のある洗顔フォームが必要になります。朝と夜、肌の状態も違うので、必要に応じて洗顔フォームを使い分けると肌の負担もなくなります。

また、洗顔に時間をかけている方もいますが、これは肌に余計な刺激を与えるだけなので、手短に済ませるようにしましょう。

3.化粧水で保湿をしっかりする

化粧水の一番の目的は「保湿」です。保湿成分が配合された化粧水を使うことによって、肌をしっかり保湿し、肌トラブルを改善して、透明感のある肌へと導きます。

≪肌を保湿する方法≫
化粧水を使用して肌を保湿する場合は、手のひらで肌に馴染ませていきます。コットンパックなどもありますが、肌が荒れている場合や弱っている状態だと、コットンも肌の刺激になってしまうこともあるので、極力手で化粧水をつけていきます。

  1. 化粧水を手のひらに500円玉の大きさの量を取り、顔を包み込むようにしてつけます。
  2. 1分程度休みます。
  3. 再度、化粧水を手のひらに取り、包み込むようにしてつけます。
  4. 1分程度休みます。
  5. 最後にもう一度、化粧水を手のひらに取り、包み込むようにしてつけます。

合計3回に分けて、化粧水を重ねづけしていきます。1分休むのは、その間に少しずつ肌に浸透しているから、再度重ねづけを行うことで、より肌を保湿することにつながります。

また、事前に「拭き取り化粧水」を使用して、毛穴汚れなどをコットンで拭きとることで、肌を浸透しやすい状態にしてもかまいません。その場合は、肌の調子がよいことを確認してから行いましょう。

4.乳液やクリームは必ず塗る

化粧水を肌に浸透させた後、化粧水が蒸発しないように乳液やクリームを塗ります。塗る時には、手のひらで肌に押し入れるように塗っていきます。シンプルスキンケアでは乳液とクリームは、必ず両方使う必要はありません。

肌が乾燥しそうな時は、クリームを使うことをおすすめしますが、それ以外の普段使いには乳液のみでも大丈夫です。

[3]シンプルスキンケアを行う1日

美肌への第一歩!シンプルスキンケアで肌の力を取り戻す方法とは

では、ここで1日のシンプルスキンケアの流れをみていきましょう。

朝のスキンケア

時間のかかる朝のスキンケアも、シンプルスキンケアをおこなうことで時間を短縮することができます。忙しい朝には嬉しいですよね。

  • ぬるま湯ですすぎ洗顔をする
    朝は寝ている間に分泌されていた皮脂がついています。この皮脂は、肌を守ってくれる皮脂で必要なものなので、優しく洗い流します。35度前後のぬるま湯で優しく洗顔を行うことにより、肌に必要な皮脂は残り、余分な皮脂は洗い流されていきます。

    この時使用する洗顔料は、赤ちゃんや敏感肌の人も使用できる、肌に優しいものにしてください。

  • 化粧水のみ使用する
    洗顔が終わった後は、化粧水を使って肌をしっかり保湿しましょう。化粧水以外の、美容液などの基礎化粧品は使用しません。すぐに乾燥してしまう、乾燥が気になるという人は、化粧水の後に乳液を使用してください。ひどい場合には、クリームを使用してもかまいませんが、乳液+クリームなど両方使う必要はありません。

    ひどい場合には、クリームを使用してもかまいませんが、乳液+クリームなど両方使う必要はありません。

  • 日焼け止め以外の帽子や日傘を上手く利用する
    季節関係なく必需品である日焼け止めですが、肌負担が強い場合は一度日焼け止めをやめてみましょう。日焼け止めを塗る代わりに、紫外線や日光を避ける帽子や日傘を使用します。そうすることで日焼け止めによる肌刺激を減らし、素肌への負担を減らします。

短時間の外出の時などは、帽子や日傘を使用してください。ただし、紫外線の強い春や夏の長時間の外出では帽子や日傘ではカバーしきれないので、日焼け止めを塗ってください。

夜のスキンケア

仕事から帰ってきて、ご飯を食べてお風呂に入ってスキンケアをして…と大変ですよね。シンプルスキンケアなら、スキンケアの時間だけでも短縮することができるので、気持ちも楽になります。

  • メイク落としは保湿力の高いものを選ぶ
    先ほど説明したように、メイク落としには保湿力の高いクレンジングを使用するようにしましょう。そこまでクレンジング力が強くないので、余分な皮脂や汚れだけ洗い流し、必要な皮脂や油分は残してくれます。しかし、濃いアイメイクやリップなどは洗浄力が弱いと洗顔後残ってしまうこともあります。

ですので、先に専用のリムーバーで濃いメイクだけ落としてから、全体をクレンジングするようにしてください。

  • 洗顔後は化粧水以外を塗らない
    お風呂から上がった後は、化粧水のみ使用して肌の保湿を行います。この時、美容液や乳液、クリームなど重ねて塗らないようにしましょう。化粧水のみで肌をしっかりケアします。化粧水だけに慣れてきたら、思い切って化粧水も辞めてみましょう。

洗顔後何もせずに、そのままの肌で寝ます。そうすると寝ている間に、自然と皮脂が分泌されるようになり、肌を守ってくれます。

[4]シンプルスキンケアにおすすめの化粧品

肌の状態が良くなく、肌トラブルや肌荒れを起こしている場合には、化粧水とクリームだけのケアで問題ありません。使用するクリームは、水分を蒸発させない役割のあるものを選びます。おすすめとして挙げられるのが、ワセリン、馬油、植物性オイルです。では、詳しくみていきましょう。

カトウリエさん(@otiek16)がシェアした投稿

ワセリン

石油を原材料とするワセリンは、乾燥を防ぐ効果があります。一般的な化粧品のクリームは、角質層に浸透しますが、ワセリンは角質層へほとんど浸透せずに肌のバリアとなります。主に「黄色ワセリン」と「白色ワセリン」がありますが、一般的なものは白色ワセリンで、黄色ワセリンに比べて精製度が高いのが特徴です。

価格もお手頃なので、財布にも優しいのは嬉しいですね。

馬油

馬油は、馬の皮下脂肪を原料とした油のことです。昔から馬油は、肌荒れを改善したり、火傷やあかぎれにも使用されてきました。強い浸透力があり、すぐに角質層に浸透してベタついていた馬油が、すぐにサラサラになります。

これは、馬油の主成分である馬セラミドが人間の皮脂に近いという理由があげられます。副作用もなく、安全に使用できるので化粧水の代わりに使用してもいいですね。

植物性オイル

ホホバオイルやオリーブオイルは、肌を保護して守ってくれる嬉しい作用のあるものです。特にホホバオイルは、肌に浸透しやすくなじみやすいオイルです。また、肌の皮脂汚れを浮かして取り除き、ニキビを治すのに必要なビタミンも含まれています。クレンジングや保湿、ニキビケア、日焼け止めとしても使用できます。

[5]肌別!シンプルスキンケアがおすすめの理由

美肌への第一歩!シンプルスキンケアで肌の力を取り戻す方法とは

敏感肌の場合

敏感肌の人は、気候の変化やちょっとした刺激も肌トラブルにつながりやすく、美容液や乳液などで肌をしっかり保護し、ケアを行います。しかし、その美容液や乳液が肌を守ってくれるということで、自己治癒力が弱ってしまうのです。

思い切って、化粧水などで肌を保湿するだけで、その他の化粧品を使用せずに数日間過ごしてみてください。肌本来に備わっている自然治癒力が回復して、自然と肌が改善されていく可能性もあります。

ニキビ肌の場合

ニキビができてしまう原因として、スキンケアをしすぎている、化粧品が肌に合っていないということが挙げられます。肌が正常にターンオーバーを行っていないため、皮脂が過剰に分泌され、毛穴に溜まっているのです。

シンプルケアを行うことで、肌のターンオーバーを正常に戻し、皮脂が過剰に分泌されるのを防ぐことで、ニキビ予防につながります。ニキビで悩んでいる方は、一度シンプルケアを試してみるのもおすすめです。

シミに悩んでいる場合

シミは、肌に紫外線があたり色素沈着が起こることでできるものです。日焼け止めを塗っている方も多いと思いますが、日焼け止めも顔への刺激が強いものもあります。日焼け止めを落とした後も、過剰にスキンケアを行うことで、肌の自己治癒力は効果を発揮する機会をなくします。

シミも肌のターンオーバーが影響しているので、まずはシンプルスキンケアを行うことで肌の自己治癒力を戻し、ターンオーバーを正常にして、シミの原因となるメラニン色素を排泄していきましょう。

[6]シンプルスキンケアを行うまでのステップ

美肌への第一歩!シンプルスキンケアで肌の力を取り戻す方法とは

急な変化は肌の負担になる

昨日までしっかり基礎化粧品を使用しており、今日からシンプルスキンケアへ!となると肌がビックリしてしまい、期待する効果が得られない場合があります。シンプルスキンケアを行う前には、少しずつ肌を慣れさせるためのステップがありますのでご紹介します。

  1. 少しずつやめていく
  2. 使用している基礎化粧品を、一気に全てやめてしまうのではなく、1つずつ辞めて肌を慣れさせていきましょう。始めに美容液をやめ、肌が慣れてきたらクリームをやめ、乳液をやめていく…という風に少しずつやめていくことで肌をシンプルスキンケアに向けていきます。

    今までしっかりスキンケアを行っていると、次の日の朝の肌が心配になりますよね。どうしても心配や不安がある人は、休日や連休に行うなど工夫してみましょう。

  3. 濃いメイクを卒業する
  4. 濃いメイクは強い洗浄力のクレンジングが一部の肌でも必要ですし、化粧品を厚く塗ることで肌への負担もかかります。特にファンデーションは、オーガニックのもの、もしくは肌に優しい刺激の少ないミネラルファンデーションもおすすめです。ファンデーションは厚く塗り過ぎると、洗顔でも落としにくく肌に残りやすくなり、肌の状態を悪くする原因にもなります。

[7]シンプルスキンケアで肌にもお財布にも優しくなろう

いかがでしたか。シンプルスキンケアについてご説明してきましたが、いざ実践してみるとなると不安もあり、怖さもありますよね。逆に肌が荒れてしまったらどうしよう…と思う方もいるかもしれません。

しかし、肌は本来自分で治す力を持っています。その力を呼び覚ますだけだと、肌を信じて実践してみてください。シンプルスキンケアを行うことで、肌の状態が改善し、お財布にも優しいとなると良いことづくめです。自分の肌を信じて、シンプルスキンケアにたどり着くまで少しずつ工夫して行ってみてくださいね。

 

関連するキーワード