美肌はターンオーバーで決まる!その仕組みや周期の改善方法についてご紹介

美肌には欠かせない「肌のターンオーバー」。肌が乾燥している、ニキビができているなどのトラブルがある場合、真っ先に改善したいのが肌のターンオーバーなのです。今回は、肌のターンオーバーの仕組みや効果、正常に戻す改善方法や食べ物などをご紹介します。

肌はターンオーバーで決まる!ターンオーバーの仕組みや改善方法とは

2018年04月02日更新

スキンケア

Yuiko

  • fb
  •  
  • line

[1]肌のターンオーバーについて

肌のターンオーバーとは

肌のターンオーバーとは、表皮の新陳代謝のことで肌の生まれ変わりのことをいいます。表皮とは、肌の一番外側にある層のことをいい、外の刺激から身を守る役割のある部分です。ターンオーバーが正常に行われていると、肌にハリ・ツヤ、潤いがあり、透明感があります。では、ターンオーバーはどのようにして行われているのか、その仕組みからみていきます。

肌のターンオーバーの仕組み

では、肌のターンオーバーの仕組みとは、どのようなものなのでしょうか。私たちの肌は、いくつかの層に分かれており、外側から表皮、真皮、皮下組織となっています。表皮は外の刺激から身体を守る役割で、真皮が表皮を支えています。

そして、皮下組織が外から加わる力から身体を守るのです。この3つの層の中でターンオーバーは表皮で行われます。表皮の最下層で新しく作られた細胞が、新陳代謝を繰り返しながら姿を変えて、最後には垢となって剥がれ落ちます。

このターンオーバーは、およそ28日周期のサイクルで行われます。つまり、1ヶ月間隔で新しい細胞が生れて剥がれ落ちるということを繰り返しています。

肌はターンオーバーで決まる!ターンオーバーの仕組みや改善方法とは

肌のターンオーバーの速度や周期は年齢や部位によって違うの?

まず、ターンオーバーの速度は身体の部位で違ってきます。健康な肌状態の顔であればだいたい28日前後ですが、手や足などの末梢部分は比較的ターンオーバーの速度が遅く、顔の倍の期間とも言われています他の部位だと、唇で7日前後、頭皮で30~45日ほどです。

また、健康な肌の場合、ターンオーバーのサイクルは28日周期とお伝えしましたが、これは20歳前後の場合で、30代になると約45日かかり、40代になると約60日必要になってきます。

肌のターンオーバーの効果

  • 乾燥肌、敏感肌の場合
  • ターンオーバーが正常に行われている肌は、保湿が十分に行われるので肌に潤いがでてきます。乾燥肌は改善され、そしてバリア機能もうまれるので敏感肌は改善されていきます。肌本来の力で、乾燥や刺激から肌を守ってくれます。

  • ニキビの場合
  • ニキビができる原因の1つとして考えられるのが、角質が厚くなり、毛穴を防いでししまうことです。毛穴を塞いでしまった状態だと皮脂が上手に排出できなくなり、ニキビとなるのです。

    肌のターンオーバーが正常に行われていると角質がスムーズに剥がれ落ちるので、毛穴を防ぐ心配もありません。気になるニキビ跡も、ターンオーバーが正常に行われることで新しい細胞に入れ替わり、少しずつ改善していきます。

  • シミの場合
  • 肌にできたシミや黒ずみもターンオーバーが正常に行われることで、新しい細胞が押し上げられて肌の黒くなった部分が角質と一緒に剥がれ落ち、改善することができます。

  • シワの場合
  • 肌の表面にできるシワは肌が乾燥することによってできるシワなので、ターンオーバーが正常に行われていると乾燥肌が改善し、自然とシワの改善にもつながります。

[2]肌トラブルはターンオーバー周期が関係するの?

ターンオーバーが早い場合と遅い場合、どちらも肌トラブルの原因となることがあります。その理由をみていきましょう。

肌はターンオーバーで決まる!ターンオーバーの仕組みや改善方法とは

ターンオーバーが早い

ターンオーバーが乱れることによって肌トラブルを起こしている場合は、ターンオーバーが早い場合がほとんどです。ターンオーバーが早い場合、細胞が栄養不足のまま新陳代謝をおこない、未熟な状態の細胞が働くことになるので本来の働きができなくなります。

また、細胞間皮質やセラミドなどの肌の保湿に欠かせない物質が十分に作られず、乾いたもろい角質となり、乾燥肌を引き起こします。十分な保湿力がない肌は、外からの刺激やダメージでさらに硬くなってしまい、なかなか剥がれ落ちることができません。

それなのに、ターンオーバーのサイクルは早くなっているので、どんどん未成熟な細胞が産まれ続けると言う悪循環になります。乾燥肌や敏感肌で悩んでいる人は、肌のターンオーバーのサイクルが早い可能性が考えられます。

ターンオーバーが遅い

ターンオーバーが遅い場合にも、肌トラブルの原因となります。ターンオーバーが遅いと、新しい肌に変わるペースが遅くなり、古い角質がいつまでも肌についている状態となります。

ターンオーバーが遅くなる原因として挙げられるのは、加齢による細胞の老化や、細胞の働きが弱くなっていることなどですが、実は現代の女性はスキンケアのし過ぎや生活環境の影響で、ターンオーバーが遅いという人は少ないかもしれません。

 

[3]肌のターンオーバーが乱れる原因

肌のターンオーバーが乱れてしまう原因とは何でしょうか。身近なところからみていきましょう。

肌はターンオーバーで決まる!ターンオーバーの仕組みや改善方法とは

肌を洗いすぎている

洗顔を行う際に、手でゴシゴシ洗っていませんか?必要以上に洗ったり、肌をゴシゴシこすると肌の角質を無理やり剥がすことになります。まだ肌で働いている角質を無理やり剥がしてしまうと、次の角質を急いで作らなければならず、細胞が未熟なままターンオーバーを繰り返すことになります。また、洗浄力の強いクレンジングなどの洗顔料は、肌に必要な皮脂も一緒に洗い流してしまうことがあります。

皮脂とは、肌にとって天然の保湿クリームであり、肌を乾燥から守ってくれるものです。角質も皮脂も一緒に落としてしまうと、肌が乾燥などの外の刺激から肌を守るために急いで細胞を新たに作るので、肌のターンオーバーを早める原因となります。

ピーリング

薬局などで販売されているピーリング剤、使用したことがある人もいると思います。ピーリングを使用した後の肌のすっきり感が好きという人もいると思いますが、中には肌のターンオーバーを正常に戻す方法として使用する場合もあるでしょう。

しかし、このピーリング剤はターンオーバーを早める原因となる場合もあります。もともと、ターンオーバーが早い状態の肌の場合、ピーリングを行うことでまだまだ未熟な角質を無理やり剥がして、次の細胞の新陳代謝をせかすことになります。そして、成熟していない細胞のまま働き、ターンオーバーが早くなる一方なのです。

スキンケア用品

肌を健康に保つために、クレンジング、洗顔料、化粧水などさまざまなスキンケア用品がありますよね。その中でも、クレンジングや洗顔料などの強い成分を含んでいるスキンケア用品は、肌にダメージを与えるため、見直しが必要です。

クレンジングの中には、合成界面活性剤などの落ちにくいメイクでも落とせるような強い成分が含まれています。これらはメイクを落とすとともに、角質を除去する効果もあり、皮脂も落としてしまいます。これにより、肌にダメージを受け、新しい細胞を早く作ろうとターンオーバーを早める原因ともなります。

紫外線

紫外線も、肌のターンオーバーを早める原因となります。紫外線にあたりすぎることで、肌はダメージを受け、ダメージを受けた肌は回復を急ぐので自然とターンオーバーを早めることにつながるのです。

そのようなことが続くと、紫外線から肌を守るために角質をため込み、角質が厚くなります。そして厚くなった角質が皮脂腺を塞いでニキビの原因ともなります。他にも、色素沈着が起こってシミの原因になったりと、さまざまな肌トラブルを引き起こすこととなります。

肌はターンオーバーで決まる!ターンオーバーの仕組みや改善方法とは

睡眠不足

よく「寝る時間が少ないと肌の調子が悪い」といいますよね。これは、寝ている時間に成長ホルモンの分泌が起こり、肌のターンオーバーが行われるからで、睡眠時間が短いと十分にターンオーバーができなくなります。寝不足が続いている状態だと、いつまでたっても肌のターンオーバーが行われないのです。

ホルモンバランスの乱れ

女性の場合、生理前になると肌の調子が悪かったりしますよね。これは女性ホルモンが乱れることによって起こります。女性ホルモンの“卵胞ホルモン”は別名美肌ホルモンとも呼ばれており、ターンオーバーを促進し、正常化するホルモンなのです。

生理前はこの卵胞ホルモンが減少し、妊娠の準備をするために黄体ホルモンが多く分泌されるようになります。卵胞ホルモンが減少することで、ターンオーバーが正常に行われにくくなり、シミなどの肌のダメージともなります。

加齢

年齢を重ねるとともに、肌細胞も衰えて、ターンオーバーに時間がかかることもあります。そして、細胞が衰えてしまうと十分に栄養が行き渡らず成長しなくなり、肌への刺激やダメージにも弱くなってしまいます。

[4]肌のターンオーバーを正常に戻す改善方法

肌のターンオーバーを正常に戻すだけで、さまざまな肌の悩みが解決されます。では、正常に戻すための方法をご紹介しましょう。

肌はターンオーバーで決まる!ターンオーバーの仕組みや改善方法とは

洗顔方法を見直す

まずは、洗顔方法を見直しましょう。強い成分を含んだ洗顔料を使用しているのなら、無添加の固形石鹸がおすすめです。洗顔とは、顔の肌についている汚れや余分な皮脂を落とすことを目的としているので、合成界面活性剤などの肌の刺激が強いものは避けたほうがいいでしょう。

また洗顔の際には、洗顔料をしっかり泡立てて泡で汚れを落とし、ぬるま湯で泡を洗い流しましょう。そしてタオルで拭くときにゴシゴシこするのではなく、肌に抑えるようにして水分を吸い取るようにして、肌に負担をかけないように注意してください。

睡眠時間を確保する

肌の調子を整えるのには、睡眠が大切です。睡眠によってターンオーバーを活性化させるなら、睡眠時間を6時間~8時間確保しましょう。肌のターンオーバーのカギとなる成長ホルモンは、眠りについて3時間の間に多く分泌されます。ですので、質の良い睡眠をとることで、肌のターンオーバーを正常化することができます。

運動をする

適度な運動をすることによって、血液の流れを促進し、肌のターンオーバーも改善します。普段全く運動しないという人こそ、空いた時間にストレッチやウォーキング、フェイスマッサージなどを行ってみてください。

まずは、エスカレーターやエレベーターを使用しているのを階段に変えてみたり、一駅分歩いたりと、すぐに始められることから実践していきましょう。

[5]肌のターンオーバーを整える食べ物

乱れてしまったターンオーバーは、日々の食事から改善することができます。食事は1日3食体内に取り入れるものなので、とても重要になってきます。身体の内側からターンオーバーを整えて改善することで、肌にもよりよい影響となるのです。

肌はターンオーバーで決まる!ターンオーバーの仕組みや改善方法とは

バランスのとれた食事をしよう

バランスのとれた食事とは、炭水化物やたんぱく質や脂質、ビタミン類などをバランスよく取り入れた食事の事です。詳しくみていきましょう。

  • 炭水化物
  • 身体や脳のエネルギーの源となる炭水化物は、不足すると顔がやつれ、老けたイメージとなります。
    【食べ物】米、うどん、餅、パスタ、イモ

  • たんぱく質
  • 美肌に大切な栄養素の1つで、肌を作る基となります。
    【食べ物】豚肉、鶏肉、牛肉、たまご、あじ、かつおぶし、いわし

  • 脂質
  • 脂質は女性ホルモンの原料にもなる大切な栄養素で、不足すると肌が乾燥したりツヤが失われます。
    【食べ物】オリーブ油、バター、アーモンド、ゴマ油

  • ビタミンA
  • 肌荒れや老化を予防してくれます。また、皮膚や粘膜を強くする効果が期待できます。
    【食べ物】、牛乳、レバー、チーズ

  • ビタミンC
  • 肌を作るのに大切な栄養素の1つで保湿に効果があり、抗酸化作用に優れています。
    【食べ物】赤パプリカ、黄パプリカ、パセリ、ブロッコリー、キウイ

  • ビタミンB群
  • エネルギーを作るのに欠かせない栄養素で、肌の新陳代謝を促します。
    【食べ物】レバー、うなぎ、納豆、キャビア、うずらの卵、さんま、カツオ

  • 食物繊維
  • 肌の老化の原因である「糖化」を予防し、免疫機能を高める効果があります。また、排便を促すので、便秘の改善にもつながります。
    【食べ物】納豆、野菜、果物、海藻、ごぼう、大豆、きのこ

[6]肌のターンオーバーを整えて、スベスベした肌になろう

肌はターンオーバーで決まる!ターンオーバーの仕組みや改善方法とは

いかがでしたか。ターンオーバーが正常に行われていると、肌にとって嬉しいことばかりですよね。普段のスキンケアが必要ないと思うほどに、肌本来の力でスベスベした美肌になることができます。

ターンオーバーを整える方法は、肌だけでなく身体全体にとっても、メリットの多いものばかりですので、ぜひ取り入れてください。ただ、自分の肌はターンオーバーが正常に行われているのかどうかは判断しづらいですよね。

肌の周期は化粧品カウンターやエステサロンなどにある「角質チェッカー」で知ることができるので、気になる方はサロンなどで一度調べてみてくださいね。

関連するキーワード