エイジングケアで健康的な肌を手に入れよう!キレイを叶えるおすすめ商品18選のご紹介

「エイジングケア」という言葉はよく耳にします。では「エイジングケア」とはどんなことか説明できるかと問われると、その意味や本質を知る人はなかなかいません。「私にはまだ早い」と思っていても、実は今すぐに始めた方が良いこともあります。今さら聞けない「エイジングケア」についてまとめてみました!

エイジングケアってそもそもどんな事?「まだ早い」はもう手遅れかも!

2017年12月16日更新

スキンケア

Risa

  • fb
  •  
  • line

[1]エイジングケアとは?

「エイジング」の意味

時間の経過に伴い、生体にさまざまな変化が現れることを指します。動物では「加齢」や「成長」、食品などで「成熟」「劣化」という意味もありますが、日本では特に「加齢」の意味で浸透しており、「老化」と同義に使われることが多いです。

「エイジングケア」と「アンチエイジング」

「エイジングケア」「アンチエイジング」という言葉はよく耳にしますが、どんな違いがあるのでしょうか?一般的な意味としてはどちらも「加齢や老化をお手入れすること」ですが、「エイジングケア」に比べて「アンチエイジング」の方が老化をより「防止」する意味合いになるので、薬機法により表記を制限される化粧品があります。

「アンチエイジング」は医薬部外品に分類される化粧品のみ謳える言葉なので、「エイジングケア」の方がより多くの化粧品に使われています。

[2]年齢より老けて見えてしまう原因

エイジングケアってそもそもどんな事?「まだ早い」はもう手遅れかも!

「エイジングケア」と言っても、一体どんなことをケアすればいいのでしょうか。まずは実際の年齢よりも老けて見えてしまう原因を知りましょう。

  • 肌のくすみ・明るさ
  • 加齢によって起こるターンオーバーの低下により、古い角質が肌表面にたまり、肌は厚く色が暗くなります。これ一般的に言う「くすみ」ですが、この「くすみ」によって肌の色や明るさは暗くなりどんよりした雰囲気になります。

    目のまわりや口のまわりの色素沈着も、目のくぼみや乾燥を想像させ、老けて見える原因となります。

  • シミ・肝斑
  • 長い間、紫外線を浴びた肌の深部では、少しづつ「光老化」が始まっていきます。光老化とは、紫外線の浴び過ぎによりメラノサイトというメラニンを生成する色素細胞が増やしたり、皮膚の再生能力を低下させてしまう現象のことです。

    光老化により、シミの原因であるメラニンが過剰に生成され、生成されたメラニンを排出するターンオーバーも乱してしまうため、肌表面にメラニンが溜まりシミ・肝斑となって現れてしまいます。

    また、煙草やストレスもメラノサイトを刺激するので、日常的に煙草を吸っていたり、ストレスを感じやすい人は注意が必要です。

  • シワ・たるみ
  • 頬やまぶたのたるみは、顔の筋肉の減少やこわばりによって起こります。表情筋のトレーニングによって、顔のたるみはある程度予防することができます。一方で目元・口元などのシワは、主に真皮に存在する「コラーゲン」の減少により現れます。

    コラーゲンの減少は、肌の乾燥により起こります。コラーゲンは肌のハリを保つのに必要不可欠なのですが、コラーゲンの生成能力が加齢により低下していきます。更に、紫外線にあたることでそのコラーゲンを作り出す「線維芽細胞」にダメージを与えるため、紫外線もシワの原因として関係しています。

[3]エイジングケアしてみよう!

エイジングケアってそもそもどんな事?「まだ早い」はもう手遅れかも!

何歳から始める?

若い頃は「エイジングケア」って、自分にとってはまだまだ先の話だと感じていましたよね。皆さん、今はどう感じますか?「エイジングケアは○歳から始める」という決まりはありません。20代、30代、40代、50代、どんな世代の女性も肌の状態や悩みは人それぞれです。

「エイジングケアってどんなことすればいいんだろう?」「エイジングケアってまだ早いかな?」こんな風に「エイジングケア」に関心を持ち始めた時が、始め時です。「60代だからもう遅い」なんてことはありません。今の肌の状態からの「エイジング」をケアすることが、「エイジングケア」なのです。

始め時がいまいち分からず、何かきっかけが欲しい人は、肌の状態をよく観察してみましょう。目元・口元の小じわが目立ってきた、化粧ノリが悪くなってきた、口角が下がってきた、笑った後ほうれい線が消えない、スキンケア後にカサつくなど、少しづつ肌からもサインが出ています。見逃さないようにしましょう。

同時に生活習慣の見直し

エイジングケアとは、化粧品によるスキンケアだけではありません。生活習慣の見直しも、エイジングケアにつながる大切な要因です。

  • 紫外線(UV)
  • まず前述のように、肌の老化の原因の一つ「紫外線(UV)」をなるべく避けましょう。地球上で生きていく上で、当たり前に浴びている紫外線ですが、紫外線は「電離放射線」に分類される放射線の一つです。

    こう聞くと一気に恐ろしい存在になりますが、紫外線は波長が長いため体内深部までは届かないため、放射線ほどの影響はありません。しかし肌の老化の原因の80%を占める光老化を引き起こす、肌にとっては大きな敵です。

    Risa

    紫外線は波長によってUV-A波、UV-B波、UV-C波の3つに分かれます。そのうち、光老化の原因となるのが波長の長いUV-A波で、全紫外線の約95%がこれに当たります。残りの5%が、日焼けやシミの原因となるUV-B波です。よく日焼けをすると、皮膚がヒリヒリ赤くなるのは、UV-B波が肌表面で吸収されるためです。

     
    日焼け止めや大き目の帽子・日傘で、なるべく紫外線にあたらないように過ごしましょう。快晴の日に比べて、うす曇りの日は約80~90%、曇りの日は約60%の紫外線量になるので、曇っている方が紫外線が多いこともあります。「今日は曇りだから大丈夫」と思っても、注意が必要です。

  • 食べ物
  • 私たちの身体を作るのは主に食べ物です。もちろん食べた物によって、肌の調子も大きく変わります。「お肌に良い!」と謳っている食品ばかりを食べるのではなく、さまざまな栄養素をバランス良く摂るようにしましょう。

    角質層の半分以上はケラチン、天然保湿因子(NMF)の半分はアミノ酸、ハリツヤを生むエラスチン、コラーゲンは全てたんぱく質です。また、角層内部のうるおいを保つのに必要なセラミドは脂質、真皮細胞形成しているヒアルロン酸はムコ多糖類で、たんぱく質と脂質、糖分で肌はできています。この他にも食べる物についての知識をつけることも重要になります。

  • 睡眠
  • 夜の睡眠をとることはとても大事で、よく眠れた朝は肌ツヤが良かったり、化粧ノリも良かったりしますよね。睡眠をしっかりとると、成長ホルモンが分泌され身体の免疫力、回復力を上げます。この成長ホルモンによって、肌は回復し肌のターンオーバーも正常に働きます。

    質の良い睡眠をとるため、睡眠前にはカフェイン・アルコールの摂取を控えたり、スマホやパソコンの操作をやめましょう。また、リラックスした環境を作ることも大切なので、アロマや音楽などのリラクゼーションを活用してみるのも良いでしょう。肌のターンオーバーを正常に機能させることができると、肌の健康や若々しさを保つことができます。

  • 適度な運動
  • 肌のエイジングケアには、新陳代謝も大きく関わっています。運動によって代謝が上がると、汗をかいたり血行が良くなったりして肌をいきいきと見せてくれます。

    運動でも、睡眠と同じように成長ホルモンが分泌されるため、肌のターンオーバーを促進させます。適度な運動は、老化の原因である「身体の酸化」につながる活性酸素の発生を抑えるので、エイジングケアにつながります。

エイジングケアってそもそもどんな事?「まだ早い」はもう手遅れかも!

表情筋トレーニング

表情筋トレーニングはテレビでも取り上げられたことも多いので、実際にやってみたことがある方も多いのではないでしょうか。その反面、簡単で続けやすいはずなのに続けられない人も多いのが現状です。

それは、回数やセット数、メニューが決まっているからではないでしょうか。回数やメニューにとらわれず、覚えている動きを気付いた時に数回やるだけでいいのです。

全くトレーニングしないよりは少しでも動かした方が血行も良くなり、普段使わない筋肉を刺激できるので、筋肉痛になって効いているのを実感できます。気づいた時に、色んな顔の動きを試してみてください。

    【口元のたるみメニュー例】

  • 「あ」「い」「う」「え」「お」の口の動きを大げさに動かします。声を出してもOKです。
  • 口をひょっとこのように左右に移動させましょう。
  • 舌を思い切り「ベー」と出し、上下左右に動かします。
    【目元のたるみメニュー例】

  • 目を大きく見開いて、上下左右目線を動かしましょう。

これらを続けようと頑張るのも良いですが、無理に続けるのはいつの間にかストレスになっているなんてこともあります。暮らしていく上で負担にならない程度にチャレンジしてみましょう。

エイジングケア成分を知ろう

  • コラーゲン
  • コラーゲンは肌にハリ・弾力性・なめらかさを保つ「肌の土台」とも言える重要な成分です。ですが、30歳を過ぎるとそのコラーゲンを合成するチカラが衰えていきます。コラーゲンと言えば美肌に欠かせないものというイメージですが、骨・血管・髪の毛・爪などにも含まれているので、積極的にコラーゲンを摂り入れましょう。

    食べ物でコラーゲンを摂取する場合、鶏の軟骨や魚の皮などニオイや食感にクセのある物が多いため、苦手な人は摂取するのが大変です。

    そんな時は美容ドリンクもおすすめです。美容ドリンクは飲みやすいよう味付けもされていて、さらに分子が大きいコラーゲンを吸収しやすいよう小さい分子に変えて作られています。そして、コラーゲンと一緒にビタミンCが配合されているドリンクを選ぶことで、ビタミンCがコラーゲンの合成をサポートするので効率良くコラーゲンを取り入れることができます。

    スキンケアにもコラーゲンの配合されたものを選ぶことで、肌の乾燥の改善やハリツヤを取り戻す作用をもたらします。

  • ヒートショックプロテイン
  • 最近耳にすることの多いヒートショックプロテインとは、「肌の土台」とも言われるコラーゲンを作り出す「線維芽細胞」を守り、加齢により低下する体内でのコラーゲンの生産を維持する作用があることが分かりました。

    さらに、美肌を保つコラーゲン・エラスチンなどを分解する酵素の発生も抑えるため、ヒートショックプロテインはコラーゲンの生産をサポートし、分解も抑えるバランスのとれたエイジングケア成分です。

    ヒートショックプロテインは、「HSP70」「自己回復タンパク」「熱ショックタンパク」とも呼ばれており、熱を加えると増えるということも判っています。毎日のお風呂や、蒸しタオルを顔に乗せるのも、立派なエイジングケアになります。

  • ヒアルロン酸
  • ヒアルロン酸とは、生後間もない赤ちゃんには豊富にある成分ですが、40歳を過ぎると半分まで減少してしまいます。ヒアルロン酸は、角層内のスポンジのようなもので、たっぷりの水分を保持してくれる成分です。

    わずか1gのヒアルロン酸に、およそ6リットルもの水分を保持するため、少しでも多くのヒアルロン酸を摂り入れたいものです。肌や髪の毛のうるおいを守るだけでなく、関節間のクッション材の役目や、ドライアイをうるおす役目、傷を治す際にも必要な成分です。

    ヒアルロン酸の性質として、体内から排出しやすい成分のため、一度にたくさん摂るよりも、こまめにサプリメントやスキンケアなどで少しづつ摂り入れることが望ましいです。

  • ビタミンA
  • ビタミンAは、老化の原因である「身体の酸化」を進める活性酸素の発生を抑える作用があります。他にも抗炎症作用や皮膚を整える作用もあるため、ニキビ・肌荒れの改善や肌のキメを整えてくれます。

    「レチノール」とも呼ばれ、ビタミンAの代謝物質である「レチノイン酸」は、美肌効果を高め、ニキビ跡・シミ・シワ・毛穴の開きを改善することができます。

    レチノイン酸は効果が出やすい一方、刺激が強いため敏感肌の人はつけるとピリピリした刺激を感じたり、顔に赤み・かゆみなどが出てしまったりすることがありますので注意しましょう。食べ物では、緑黄色野菜にβカロチンとして含まれていて、オイルと調理することでビタミンAとして摂取することができます。

    エイジングケアってそもそもどんな事?「まだ早い」はもう手遅れかも!

  • エラスチン
  • エラスチンとは角層内の土台であるやわらかいコラーゲンの繊維にグルグルと絡みついているゴムのようなもので、コラーゲンを結合し固定して支えることで伸縮性を生み、肌に弾むようなハリを与えます。

    エラスチンもコラーゲン同様、30歳を過ぎる頃に体内で生成するチカラが低下していき、肌のたるみやシワの原因となります。エラスチンは食べ物からの摂取も可能で、特に鶏の手羽先にはエラスチンとコラーゲンが含まれているのでおすすめです。スキンケアでも、エラスチンが配合されている化粧品を積極的に選びましょう。

  • セラミド
  • セラミドは、角層にある細胞間脂質の一つで、細胞と細胞の間にある潤滑油のようなものです。セラミドは主に肌のうるおいを保つ役割があり、他にもシワやたるみを改善したり、肌表面の細菌感染を防ぐ作用もあるので肌荒れなどの予防にも必要な成分です。

    セラミドも加齢とともに減少してしまう成分で、細胞間脂質であるセラミドが減少してしまうと綺麗に並んでいた細胞が歪み、それによって肌表面に凹凸が生まれシワやたるみの原因になります。保湿とバリア機能の維持、シワ・たるみの改善に必要不可欠なセラミドは、エイジングケアに必須です。

    食べ物とスキンケア、両方で摂取することをおすすめします。セラミドを含んでいたり、セラミドを増やす作用のある食べ物は、こんにゃく・黒ゴマ・ひじき・米(米ぬか)・小麦胚芽・牛乳などがあります。

  • ビタミンC
  • ビタミンCは、抗酸化作用を持っているため「身体の酸化」させる活性酸素を取り除くチカラを持っています。さらに、シミの原因であるメラニンの生成を抑制したり、皮脂バランスを整えたり、ニキビなどの肌トラブルを抑える作用もあるので、積極的に摂って欲しい成分です。

    しかし、ビタミンCは非常に不安定な成分で、肌に浸透しづらく、酸化しやすい性質があるので肌に塗っても浸透しきらなかったものが酸化してしまい、肌に刺激を与えることがあります。そこで、肌への浸透率を高め、酸化しづらくつくられたものが「ビタミンC誘導体」です。

    ビタミンC誘導体は、酸化しづらい構造をしていますが、人によっては肌に塗るとピリピリ感を感じることがあるので注意してください。また、ビタミンCは、肌の健康だけでなく、口内炎や風邪にも有効です。食べ物やサプリメントでも摂取しやすいので、気にして摂り入れるようにしましょう。

[4]アイテム別おすすめエイジングケア化粧品のご紹介

クレンジング

DUO/ザ・クレンジングバーム

■内容量:90ml
■アマゾン価格:3,888円

クレンジングと言えば、よく落ちるクレンジングオイルやクレンジングリキッドが支持されがちですが、エイジング世代になると、オイルタイプやリキッドタイプでは刺激が強すぎて乾燥を招きやすいです。かといって刺激の少ないクレンジングミルクやクレンジングクリームでは、ベタつきが残ったりメイクが落ち切らない傾向があります。

ザ・クレンジングバームはそんな「メイク落ち」と「低刺激」の両立を叶えた理想的なクレンジングバームです。「ナノマトリクス」という独自の特殊カプセル構造が採用されたバームに、洗浄成分、エイジングケア成分がたっぷり入っています。

粒子の細かい「ナノマトリクス」が毛穴の汚れをしっかり落とし、美容成分がスーッと肌に染み込み、クレンジングの度にお肌へ若々しさを与えます。

最初はかためのクリームのようなテクスチャーですが、手に取りメイクとなじませていくと、とろとろのエマルジョンのようになります。このクレンジングバーム1つで「クレンジング」「洗顔」「角質ケア」「マッサージケア」「トリートメント」と5役をこなす万能エイジングケアアイテムです。

この商品の詳細を見る

リ・ダーマラボ/モイストゲルクレンジング

■内容量:150g
■アマゾン価格:3,700円

毛穴の加齢による「毛穴の目立ち」「皮脂バランスの乱れ」「くすみ」「ごわつき」などのトラブルをケアするモイストゲルクレンジングは、濃厚な美容液のような新感触ぷるぷるゲルクレンジングです。ぷるぷるのゲルの中には、「極小こんにゃくスクラブ」が配合されています。このスクラブが小さな毛穴にも入り込み、毛穴汚れをしっかりと吸着し肌のくすみをケアします。

エイジングケア成分が含まれる保湿成分で汚れを包み込んで落とすため、美容液でクレンジングしているような気持ちよさです。またそのメイク落ちは抜群で、クレンジングオイルではないと落ちないようなウォータープルーフのマスカラや、口紅も綺麗に落とし、W洗顔はいりません。ゲル状なのでまつげエクステにも対応しています。洗うほど透明感のアップするクレンジングゲルです。

この商品の詳細を見る

アテニア/スキンクリア クレンズオイル

■内容量:175ml
■アマゾン価格:2,070円

年を重ねるごとに乾燥が気になりオイルクレンジングをやめた人は多いですが、オイルクレンジングのようなすっきりとしたメイク落ちが好きという人も多いのが事実です。乾燥しないオイルクレンジングはないのかという理想が叶うのが、アテニアのスキンクリアクレンズオイルです。

メイクの他にも、大人の肌の悩みである「肌くすみ」「肌ステイン」を優しく除去しながらも、高級美容液のような保湿成分、美容成分が配合されているので、洗いながらエイジングケアができる理想のクレンジングオイルです。

この商品の詳細を見る

洗顔料

ソフィーナボーテ/美容液洗顔料

■内容量:200ml
■アマゾン価格:1,500円

こちらの洗顔料は、泡立てずに洗うタイプの洗顔料です。洗顔料なのに63%が美容液成分(ショウキョウエキス、ユズエキス、ユーカリエキスなど)でできていて、うるおいを与えながら洗うことが実現した洗顔料であり、洗う前よりもうるおいしっとりなめらかに仕上がります。

「うるおい誘導処方」により、洗顔の後に使う化粧水などを肌の角層深くまで染み込ませます。洗うと乾燥してしまいやすいエイジング世代の肌が、洗う度にうるおう洗顔料です。

この商品の詳細を見る

プリオール/オールクリア石鹸

■内容量:100g
■アマゾン価格:1,944円

泡立てネットいらずでもちもちの「密着こく泡」で、微粒子シルクが小じわに入り込み溜まるメイクもするする落とします。W洗顔いらずなので乾燥を防ぎ、磨いたようなつるつるな陶器肌に仕上げます。

この商品の詳細を見る

ファンケル/エイジングケア洗顔クリーム

■内容量:90ml
■アマゾン価格:1,512円

無添加化粧品のファンケルのエイジング洗顔クリームは、セイヨウナシエキス、プルーン酵素エキスが肌に溜まるくすみを優しく洗い流す「くすみケア」を実現しました。もっちりとしたふわふわの泡が、古い角質や毛穴汚れをすっきり除去し、なめらかなすっぴん美肌へ導きます。毎日の洗顔で、ごわつく肌もやわらかく若々しい肌へ生まれ変わります。

この商品の詳細を見る

化粧水

オルビスユー/モイストアップローション

■内容量:180ml
■アマゾン価格:3,024円

オルビスからエイジングケアが気になり始めたファーストエイジング世代のためにつくられた「オルビスユー」シリーズの化粧水です。乾燥やくすみ、毛穴が気になり始めたら、それはエイジングケアを始めるべき「隠れエイジングサイン」です。

普通肌、混合肌、脂性肌、乾燥肌、敏感肌、インナードライ肌など、たくさんの肌タイプがある中で、このモイストアップローションは、それぞれの肌に合わせてケアする最先端アプローチ処方です。エイジングケア成分として新たに発見された「ヒートショックプロテイン」がハリやくすみなどの原因にアプローチします。また、濃密ウォータージェリーが高浸透処方で、シートパックや重ね付けしなくても奥までしっとしなモチモチ肌へ導きます。

この商品の詳細を見る

ディセンシア/アヤナス ローション コンセントレート

■内容量:125ml
■アマゾン価格:6,980円

肌のセラミドと同じ構造をしている「ヒト型セラミド」をナノサイズまで小さくしてカプセルに詰め込んでいるため、通常のセラミドの4倍の浸透力があります。肌に触れた瞬間にカプセルが弾け、セラミドの足りない所を補うように浸透していきます。

また、「高浸透グリセリン」を配合したことで、水と混ざりにくい皮脂と馴染みやすくなっています。スキンケア製品にはない「ストレス敏感肌」のケアもできるよう、「ストレスバリアコンプレックス」という処方を採用しています。

「ストレスバリアコンプレックス」とは、血行促進・皮膚温上昇を促すジンセンX、リラックス成分を増やす酵素をつくったり、コラーゲン生成に重要な線維芽細胞を強化するビルベリーエキスなどがバランス良く配合され、ストレスにも負けないエイジングケアができます。

この商品の詳細を見る

ドモホルンリンクル/保湿液

■内容量:60日分
■アマゾン価格:5,400円

「30代からの基礎化粧品」というキャッチコピーのドモホルンリンクルの保湿液は、大きいヒアルロン酸と小さいヒアルロン酸をブレンドすることで、肌の外からも内側からもうるおすというドモホルンリンクル独自の処方になっています。

他にも、うるおい処方や整肌作用をサポートするために、泉州水茄子エキス、イチゴ花エキスなどが配合されています。ドモホルンリンクルは、ライン使いすることでより効果を得ることができ、理想の「うるもち肌」に近づくことができます。

この商品の詳細を見る

美容液

アスタリフト/ジェリー アクアリスタ

■内容量:40g
■アマゾン価格:8,180円

スキンケア「アスタリフト」シリーズは、カメラのデジタル化が進みフィルムの需要が低下していく中で、フィルム時代に携わったコラーゲンやナノ化技術などの技術を使い、化粧品事業に参入しました。研究の末、美容パワーが詰まった赤い「アスタキサンチン」や「ヒト型セラミド」「リコピン」のナノ化に次々と成功していきます。洗顔後、最初につけるタイプの「先行美容液」で、その後の化粧水、乳液の浸透率を大幅にアップします。

うるおいを「かかえる」ヒト型ナノセラミドと、うるおいを「とどめる」ヒト型ナノアシルセラミドのWヒト型ナノセラミド処方で、うるおいを逃がしません。さらに、成分が不安定で化粧品への配合が困難とされていたうるおい成分のリコピンですが、富士フィルム独自のナノテクノロジーによって安定配合が成功しました。アスタキサンチンとリコピンにより、加齢による肌の悩みを解決します。

この商品の詳細を見る

ソフィーナ/iP 美活パワームース

■内容量:90g
■アマゾン価格:5,450円

ふわふわの泡でスキンケアの「土台」をつくる、土台美容液です。洗顔後、化粧水の前になじませるタイプの美容液で、その後のスキンケアの浸透をサポートします。毛穴より小さなマイクロ炭酸泡はわずか1/100mmで、クリームのように濃密でパックのように肌に密着します。

乾燥によるごわつき、かたく感じる肌をおよそ2000万個(1回の使用量による)の高濃度マイクロ炭酸泡が肌に吸い込まれるように浸透していき、若々しくハリのあるなめらかな肌へ導きます。

この商品の詳細を見る

オバジ/ステムリフト セラム

■内容量:50ml
■アマゾン価格:6,600円

肌のハリや、乾燥による小じわが気になってきたという人につくられたオバジのスペシャルエイジングケアシリーズです。「ステムリフトコンプレックス」を採用したことにより、もっちりとしたハリ肌へ導くと共に、コラーゲンとエラスチンのコンビネーションに注目し独自の「ダーマシリーズ共通成分」がさらに肌へハリを与えます。

高浸透技術による「ディープターゲットデリバリー」で、たくさんの美容成分を角層深くまで行き渡らせ、肌の奥から弾むような弾力のあるハリ肌へと導きます。

この商品の詳細を見る

クリーム

小林製薬/ヒフミド エッセンスクリーム

■内容量:22g
■アマゾン価格:5,830円

ヒフミドは、保湿成分に身体のセラミドの構造と同じ「ヒト型セラミド」を採用しており、肌なじみがよく、保水率も合成セラミドに比べ3倍もあります。なにをしても荒れてしまう乾燥性敏感肌に優しくなじみ、スーッと浸透して足りなくなったセラミドを補って保湿します。

加齢によりセラミドは減少していくばかりです。エッセンスクリームでセラミドの補給をしていくことで、乾燥によるシワやゴワつきを防ぎ、角層の機能を正常に戻し、肌本来のバリア機能を取り戻しましょう。

この商品の詳細を見る

無印良品/エイジングケア高保湿クリーム

■内容量:150ml
■アマゾン価格:1,900円

無印良品のスキンケア製品は全て、岩手県・釜石の天然水を使用しています。ザクロ、アルニカ、ローズ、杏、キイチゴ、レモン、カミツレなど、10種類の天然美肌成分によって、うるおいや整肌、ハリツヤを与えるなどのエイジングケアを叶えます。

天然エキスの他に、うるおい成分としてリピジュア、ヒアルロン酸Na、アセチルヒアルロン酸Na、加水分解コラーゲン、水溶性コラーゲンが配合されています。無香料、無着色、無鉱物で敏感な肌にも優しい高保湿クリームです。

この商品の詳細を見る

資生堂/エリクシール エンリッチド アイクリーム

■内容量:15g
■アマゾン価格:6,280円

エリクシールから、究極のエイジングケアシリーズとして2016年秋に発表された「エンリッチド」シリーズは、どの商品も今までの製品と比べ高機能になっています。年齢の出やすい目元のケアには、こちらのアイクリームをおすすめします。

高濃度の美容成分が詰まったクリームが、肌についた瞬間とろけて浸透していきます。密着度も高く、目元に塗ったらピタッとフィットし、集中的にケアします。エリクシールエンリッチドシリーズのブーケドフルールの香りで、心地よく最高のスキンケアができます。

この商品の詳細を見る

美容ドリンク

資生堂/ザ・コラーゲン

■内容量:50ml×30本
■アマゾン価格:5,495円

コラーゲンは、肌のハリを保つためエイジングケアに必須の成分でありながら、血管や筋膜、骨など、人体にも必要なタンパク質の1つです。ザ・コラーゲンは、エイジング世代にはもちろん、身体をつくることが仕事であるアスリートにも注目されているドリンクです。

コラーゲンの他にも、ヒアルロン酸、セラミド、オルニチン、ローヤルゼリー、ビタミン類がたっぷり配合されています。味もほんのり甘く飲みやすいため、毎日ストレスなく飲み続けることができます。

この商品の詳細を見る

ドモホルンリンクル/飲むドモホルンリンクル

■内容量:50ml×14本
■アマゾン価格:5,940円

エイジングスキンケアといえば「ドモホルンリンクル」ですが、ドリンクも展開しています。肌の修復・回復に欠かせない成長ホルモンの分泌を促すため、睡眠の質を上げるような処方になっています。

さらに、アマニ、月桃葉、パイナップル、ヒアルロン酸、ゆず種子など、睡眠の質を上げるだけでなく相乗効果が出るようにたくさんの美容成分を配合しています。1本35キロカロリーと低カロリーで、人工香料、人工甘味料不使用で安心して取り入れることができます。

この商品の詳細を見る

ソフィーナ/クロロゲン酸飲料

■内容量:100ml×10本
■アマゾン価格:4,104円

「自ら美しくなろうとするチカラ」を持つ「クロロゲン酸」というポリフェノールを配合したソフィーナの美容ドリンクです。他にもコラーゲンやビタミンがたっぷり入っていて、飲むほどに肌が美しく変わっていくことを実感できます。

まずは10日間続けてみましょう。家族や友人に「スキンケア変えた?」と言われるくらい、変化が現れます!今でこそ飲みやすい美容ドリンクは多いですが、美味しくゴクゴク飲める美容ドリンクはあまりありませんでした。

しかし、こちらのクロロゲン酸飲料は、フルーツブレンド味でジュースのような甘い味わいで、何本も飲んでしまいたくなるような美容ドリンクです。

この商品の詳細を見る

[5]「まだ早い」なんてない!エイジングケアの始め時はあなた次第

お話したように、エイジングケアの始めるタイミングは自分次第です。「エイジングケア」という言葉が気になったり、乾燥、くすみ、毛穴、シワなどが気になりだした時が始め時なのです。

「まだ私には早いから」となんとなく逃げていると、あっという間に年を重ねてしまいます。20代から将来を見据えてケアしていくことも、立派なエイジングケアです。エイジングケアは、決して恥ずかしいことではありません。

日々のケアの積み重ねで、将来の肌が決まります。化粧ノリが悪かったり、ニキビが治らなかったり、毛穴が気になるのは、実はケアが足りていないのかもしれません。丁寧にケアしてあげることで、肌は見違えるように変わっていきます。まだまだ大丈夫と思っているあなたも、エイジングケアしてみましょう。今までと違う自分の肌に出会えますよ!

関連するキーワード