おすすめクレンジングミルク15選!選び方や使用方法もご紹介

最近のメイクは崩れにくいものが多く、そしてそういった需要が高いのも事実です。ということは必然的にクレンジングも性能の良いものが求められます。しかし、洗浄力の強いクレンジング選びは慎重にしないと肌の潤いも奪ってしまいます。そこでおすすめなのが肌に優しいクレンジングミルク。今回はクレンジングミルクの選び方や使用方法、おすすめのクレンジングミルクをご紹介します。

おすすめクレンジングミルク15選!選び方や使用方法もご紹介

2017年12月20日更新

スキンケア

服部 仁実

  • fb
  •  
  • line

記事の目次

[1]クレンジングミルクの特徴

水分量が多い

クレンジングミルクとは、クレンジングクリームよりさらに乳化させたもので、水分量が多いのが特徴です。クリームタイプよりも軽いミルクタイプはべたつきも少なくなめらかにクレンジングすることができます。
クレンジングミルクは乳液のようにトロミがあり、なめらかな肌触りで潤いを逃しません。しかし潤いが多いためにメイクを浮き上がらせるには時間がかかります。よって素早くメイクを落としたい時などはオイルやバームタイプが良いでしょう。

保湿力が高い

乾燥と言えば「冬」というイメージですが、最近はどこでも冷暖房が完備され私たちが快適に過ごせるようになっています。ですが空調によってで肌は乾燥しがち。肌の調子が悪いな、表面のざらつきやごわつき、テカりを感じた時には「保湿」を重要視するといいですよ。クレンジングミルクは水分量が多く肌をしっかり潤わせてくれながら汚れも落としてくれます。洗い上がりはしっとりし潤いを感じることができます。しかしさっぱり仕上がるのが好きな方やオイリー肌の方にはしっとりではなくぬめりが肌に残るように感じる方もいるため、洗い上がりに好みが分かれます。例えば、『ぬめり』であった場合はクレンジング料が肌に残っているのできちんと洗い流す、もしくは使用法を見直し、きちんと乳化させることも必要ですね。

肌への負担が少ない

クレンジングは通常、油分、水分、界面活性剤でできています。この油分と界面活性剤はメイクや皮脂を落としてくれる重要な成分ですが、肌に必要な分まで過剰に落してしまうというデメリットもあります。メイクの落ちがいいと人気のオイルクレンジングは台所用洗剤同等の界面活性剤が使用されているといわれています。

最近肌の調子が悪い、乾燥が気になるという方はオイルクレンジングが潤いを摂り過ぎているか、オイルクレンジングが肌に残り油膜のようになることで、次のスキンケアの邪魔をしている場合があります。クレンジングミルクは油分と水分とのバランスが良く、界面活性剤はあまり使用されていないことから肌への負担が少なく、乾燥肌や敏感肌などの方に向いている肌にやさしいクレンジングです。化粧品だけを乳化させてお肌に必要な皮脂成分は落とさず汚れのみ浮かせて落とします。

さらに洗顔中もミルクタイプはサラッとしているので肌との摩擦が起こりにくく、肌に与える刺激が少ないので肌となじみやすく作られています。
しかし油分や界面活性剤があまり含まれていないということはメイクが落ちにくいというデメリットもあります。普段からしっかりメイクの方やウォータープルーフのマスカラなどは落ちにくい傾向がありますので専用のリムーバーとの併用が望ましいでしょう。

[2]クレンジングミルク選び方のポイント

汚れがよく落ちるもの

クレンジングミルクはオイルなどに比べると洗浄力は弱めです。お肌にやさしいのはいいのですが洗浄力が弱いことでメイクが落としきれずに肌荒れを引き起こすことも。またなかなか落ちないのでゴシゴシ擦ってしまい肌に負担をかけてしまうこともあります。

クレンジングという名前がついているのですから、ある程度の洗浄力は必要です。ミルクタイプであってもメイクが落ちやすいものも販売されています。口コミなどチェックしてメイクや汚れが良く落ちるものを選びましょう。肌にのせて馴染ませた時肌のキメに入り込んだファンデーションまで浮いてくるのかが重要なポイント。試せるのであれば手の甲などで試してみましょう。さらに水でさっと洗い流せてぬるぬるするなど不快感が残らないものが良いでしょう。何度も洗顔をするのはお肌に負担がかかります。

基本的には乾いた手や顔で使用するクレンジングミルクですがバスルームで使用できるものもあります。バスルームでクレンジングはしないという方なら問題はないですが、バスルームで使用できるクレンジングは忙しい方にはとても便利です。バスルームの方が落ち着いてゆっくりメイクや汚れを落とせるという方もいるでしょうからご自身の生活スタイルに合わせて選ぶようにしましょう。

保湿力やスキンケア効果が高いもの

クレンジングは基本的にメイク料や余分な皮脂を落とすという役割を持つ反面、肌の乾燥につながりやすいです。ですからクレンジング剤に保湿やスキンケア効果があるものを選ぶとよいでしょう。保湿成分が含まれていることで洗い心地や洗い上がりもしっとりします。ミルククレンジングを使用する際にはどんな保湿成分が含まれているのかしっかり確認するようにしましょう。皆さんもよく目にするセラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸、植物由来成分などは肌馴染みも良くお肌を優しくケアしてくれます。またオリーブオイル配合もおすすめ。オリーブオイルには保湿成分ではないのですがメイクなどの油汚れに効果があり、保湿効果もあるという優れものです。

刺激が少ないもの

クレンジングミルクは拭き取りタイプと洗い流すタイプがあります。拭き取りタイプはいつでもメイクを落とすことができ手軽で便利なのですが、拭き取る時に余分な力も加わって肌に負担をかけてしまうことも。メイク汚れは肌にとどまる時間はなるべく少なくし、優しく洗い流す方が良いので、肌のことを考えると洗い流すタイプを使用する方がおすすめです。

また洗浄力の効果がある界面活性剤も植物性由来のものや科学的な成分のないオーガニックのものや無添加、無香料、パラベンフリー、パッチテスト済のものを選ぶとよいでしょう。さらには乳化剤にもこだわって作られているものもあり、食品に使われている成分や、私たちの体中に存在する成分しか使っていないクレンジングミルクもあります。クレンジングミルクは他のクレンジング剤に比べて元々刺激は少なめですが、より刺激の少ないものを選べば肌への負担も少なくなりお肌の調子も良くなりますよ。

[3]クレンジングミルクの効果的な使用方法

ポイントメイクは専用リムーバーで

アイメイクなどのポイントメイクは専用のリムーバーで落とすようにしましょう。コットンにリムーバーをしっかり染み込ませ目元などにのせます。5秒程時間をおいたらすべらせるように拭き取ります。メイクがとれないからと強くこするのはNG。多少残ってしまってもクレンジングミルクで落とせば問題はないのでやさしくクレンジングしてください。目元はデリケートで皮膚も薄くなっています。クレンジングミルクで目元を洗う時は顔全体が洗えてから最後に洗うようにします。クレンジングミルクが粘膜に入らないようやさしくクレンジングしてください。

▼Bifesta (ビフェスタ) うる落ち水クレンジング アイメイクアップリムーバー

この商品の詳細を見る

▼ソフティモ スーパーポイントメイクアップリムーバー

この商品の詳細を見る

手のひらでクレンジングミルクを温める

油分が含まれているミルクは油が水に包まれていて、ミルクが温まることで水分が蒸発し今度は油が水分を包んでいる状態になります。油分がメイクや汚れを落としてくれるため、乾いた手でクレンジングミルクを温めてから使用するとクレンジング効果は高くなります。

再乳化させる

手のひらでクレンジングミルクが温まったら顔全体にまんべんなく広げましょう。顔の内側から外側に向かって、くるくると円を描くように顔全体に2、3回繰り返し馴染ませていきます。特に小鼻や額などの皮脂が溜まりやすいところはしっかり馴染ませていきましょう。最後に目もとになじませていきます。

クレンジングミルクの一回の目安は、ポンプであれば4~5プッシュ、手のひらにのせると500円玉程度ですが足りないようならその都度足していきましょう。量を節約してしまうと摩擦による肌ダメージが起こることも。適量を使うようにしましょう。顔全体に馴染ませたら32℃程度のぬるま湯で少しずつ洗い流してください。もし、メイクが濃い場合は、ぬるま湯で手を濡らした状態でもう一度優しくお顔全体をクルクルとクレンジングをするように乳化するのもオススメです。

じゃぶじゃぶ洗い流してしまいがちですがぬるま湯で少しずつ洗い流すことで油に水が包まれた状態のミルクを、水が油を包んだ状態に戻す「再乳化」させることができ再乳化することで汚れなどをしっかり洗うことができます。バスルームで使えないタイプのクレンジングミルクは顔の水分や浴槽の湿気などでミルクとメイクが馴染みにくくなることがあります。基本的にはまずは乾いた手や顔、乾いた場所でクレンジングを行うことをおすすめします。

[4]人気のおすすめクレンジングミルク15選

カバーマークトリートメントクレンジングミルク


クレンジングミルクと言えばカバーマークというほど人気の高い商品です。89%が美容液成分でできておりホホバ油やグリセリンを使用するなど肌へのやさしさはもちろんのこと、アクアクレンジングゲル構造を採用し肌につけた瞬間からメイクが浮き上がってくるのでメイク落ちも定評があり肌の負担も少なくクレンジングすることができます。さらに洗い流した後の肌表面には、ヒアルロン酸の約2倍以上の保湿力を持っているMCキトサンにより水のヴェールが形成され、洗い上がりは化粧水を忘れるほどのしっとり感に包まれます。バスルームで使用できるのも嬉しいポイント。オレンジやアトラスシーダーなど9種のエッセンシャルオイルをブレンドした柑橘系のリラックス感あふれる香りがバスルームに広がります。テクスチャーはミルクですがとけるとジェルのようになり、ミルクタイプなのにメイクも良く落ちると評価の高い商品ですよ。
Amazon価格:3240円
この商品の詳細を見る

テラクオーレ ダマスクローズクレンジングミルク


ミルククレンジング部門の口コミ1位でリピート率も高いテラクオーレのクレンジングミルク。オーガニック原料95.98%のお肌に優しくもちろん鉱物油、合成着色料、合成香料は無添加です。肌にうるおいとハリを与えるローズエキスやアロエベラ葉エキス、カモミールエキスなど19種類の植物成分が配合されています。ポンプ式でぷるぷるとしたテクスチャーのミルクがやさしくメイクや汚れを浮かせて洗い流すため擦らなくてもメイクがしっかり落ちます。W洗顔不要だからノーメイクのときの洗顔料としても忙しい時の時間短縮にもなります。最も香りが凝縮されているといわれる夜明け前に、丁寧に手摘みさたダマスクローズをなんと900輪使用したという贅沢なクレンジングミルク。高貴な香りが広がります。お試しサイズもありますからそちらで効果を試してみるのもいいですね。
Amazon価格:3335円/125ml
この商品の詳細を見る

ママバタークレンジングミルク


ホホバ種子油・ラベンダー花エキス・ラベンダーオイル・コケモモ種子油・タチジャコウソウ花・ヨーロッパキイチゴ種子油・カニナバラ果実・ローズマリー葉エキス・キイチゴエキス・キイチゴ果汁といった10種のエコサートオーガニック認定原料を配合。シリコンやパラベン、鉱物油、合成香料、合成着色料不使用で天然の保湿成分であるシアバターやホホバオイルといった肌に優しい成分にこだわりました。潤いを与えながら透明感のある健康な肌を手に入れることができます。手で温めてから優しく馴染ませると、メイクや汚れはすっきりと落ちるのにしっかり潤います。洗い上がりはふっくらモチモチになります。万人に好まれるラベンダーの香りでリラックス効果抜群。こちらもW洗顔不要。子育てや仕事に忙しいママの強い味方です。チューブタイプで持ち運びも便利。公式オンラインショップではラージサイズも購入可能です。
Amazon価格:1472円/130g
この商品の詳細を見る

無印良品 マイルドクレンジングミルク


200mlのポンプ式無印のクレンジングミルクは大容量なのにコストパフォーマンスも良いことから毎日安心して使用することができると若い女性を中心に人気の商品です。無香料、無着色、無鉱物油、アルコールもフリーなど低刺激で肌にやさしく、天然のうるおい成分、アンズ果汁や桃の葉エキスも配合しています。洗い上がりはつっぱらず乾燥も気になりません。シンプルなクレンジングミルクなので肌が敏感になっている方には特におすすめ。無香料タイプですがほのかな柑橘系の香りに癒されます。家の近くに無印がない場合でもコンビニ受け取りも可能なのもうれしいですね。
Amazon価格:1599円/200ml
この商品の詳細を見る

デクレオール エッセンシャルクレンジングミルク


とろける様なやわらかい乳液のようなテクスチャーで潤いをしっかりキープ。ネロリエッセンシャルオイルやスイートアーモンドオイル、グリーンティーエッセンシャルウォーターを配合し肌への負担が少ないため使用し続けると肌が赤ちゃんのように柔らかくてしっとり。ほのかに香る上品な香りはファンも多く大容量で少量で肌馴染みも良いのでコストパフォーマンスも◎。トラブル肌の方にもおすすめです。
Amazon価格:2230円/200ml
この商品の詳細を見る

エステダム モイスチャー クレンジング ミルク


保湿効果のある珍しい杏仁オイルを配合。甘い女性らしい香りに虜になるファンも多くリラックスさせてくれます。ミルクとジェルの中間のようなテクスチャーで軽い付け心地。特許を取得したオーセリュレール水が細胞を元気にしてくれる効果もあります。洗い上がりはつっぱらずとてもなめらかなので乾燥肌の方に向いている商品です。肌にとって良いものは残し、いらないものだけを取り去ってくれる優れもの。Tゾーンもテカりにくくなり毛穴も洗顔後目立たなくなります。化粧ノリもよくなりますよ。
Amazon価格:4000円/200ml
この商品の詳細を見る

エステダム センシ クレンジング ミルク


こちらもエステダム。エステティシャンも薦める無香料無着色、デリケート肌の人のためのクレンジングです。保湿効果のある杏仁オイル配合しデリケートな肌の方でも負担をかけずに、やさしく汚れやメイクを落とします。W洗顔不要のため忙しい女性の味方です。特にニキビ肌の方におすすめ。使用してからニキビができなくなったという方も多いですよ。多めにミルクを出せばメイクもしっかり落ちますよ。
Amazon価格:4777円/200ml
この商品の詳細を見る

アルビオン エクサージュ コンディショ二ング クレンジング ミルク


なめらかでやわらかいミルクがやさしく肌になじみ、メイクを浮き上がらせ取り除いてくれます。ミルク特有のもたつきがなく軽いミルクが好評です。洗った後のつっぱり感もなく拭き取り、洗い流し両用対応タイプで便利ですよ。
Amazon価格:3240円/200g
この商品の詳細を見る

カウブランド 無添加メイク落としミルク


牛乳石鹸で有名なカウブランドのクレンジングミルクは肌にできる限りの負担を取り除いた低刺激性の無添加処方。鉱物油は使っておらず、パーム油などからできた植物性オイルを配合。洗浄成分も私たちの皮膚に含まれているアミノ酸を使用しているため、肌への負担なく洗い流すことが出来ます。敏感肌の人はもちろん今まで色んなクレンジングを使用して肌に合わなかった方にも安心しておすすめできる商品です。濡れた手でも使用できるのでバスルームでの使用もOK。ウォータープルーフのマスカラもじっくりマッサージすればきれいに落ちますよ。コストパフォーマンスも良いので気軽に試すことができるのもいいですね。
Amazon価格:503円/150ml
この商品の詳細を見る

ランコム ガラテ コンフォート


ランコムは日本を代表するメイクアップブランドです。信頼度の高いランコムのミルククレンジングはミルクプロテインやハチミツ配合で肌を乾燥から守ってくれ、ふっくらと柔らか、なめらかな肌を手に入れることができます。肌に乗せてマッサージしているとオイル状のテクスチャーに。乾燥が辛い時期にはしっとりすべすべの極上の肌を手に入れることができますよ。
Amazon価格:3960円/400ml
この商品の詳細を見る

ダヴ モイスチャーミルククレンジング


シャンプーやボディソープなどダヴはお手頃価格でドラッグストアを中心に手に入りやすい商品です。こちらのミルククレンジングもダヴの人気商品。肌に優しいタイプで洗浄成分にはヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリルやトリイソステアリン酸PEG-20グリセリルを使用。保湿成分にはステアリン酸やグリセリン、肌に油性の膜を張ってくれるイソノナン酸イソトリデシルが配合されているので、潤いをしっかりキープしながらすっきりクレンジングもしてくれます。さらに濡れた手でも使用でき便利。詰め替え用もあるのでお金をかけずに肌に優しいものを使用したい人にはぴったりのミルククレンジングです。
Amazon価格:495円/195ml
この商品の詳細を見る

パラドゥ スキンケアクレンジング ミルク状メイク落とし クレンジングミルク


コンビニのセブンイレブンが取り扱っているスキンケアブランドです。美容液成分89%で潤いをキープ、コンビニで手軽に買えてマツエクOK、さらに濡れた手でも使えメイクの落ちも良いと若い女性を中心に口コミで評判の商品です。クレンジングミルクの弱点でもあるクレンジング力もアクアカプセル処方を採用し、軽く馴染ませるだけでメイクがするんと落ちます。ヒアルロン酸やMCキトサンなど、保湿効果もばっちりで乾燥肌やトラブル肌の方にもおすすめです。ホホバオイルやエチルヘキサン酸セチルなど、肌に膜を張る成分もバランスよく加わっているので洗い流してもしっとりしてつっぱりません。W洗顔も不要ですよ。ネット購入だと品切れの多い人気商品です。
Amazon価格:1300円/120g
この商品の詳細を見る

ロゼットクレンジングミルク


日本人はクレンジングをしてから洗顔をするというW洗顔が主流。しかし実際には洗い過ぎが原因で乾燥肌になっているというケースもあります。そんな弱ったお肌にぴったりなのが、洗わない洗顔といわれているフランス式の洗顔法です。ロゼットはクレンジング剤で汚れを浮かせて、化粧水で拭き取って完了させるというフランス式に注目し採用。洗い流さないことで肌のうるおいとしっとり感をキープし肌への負担が極力少ないクレンジングミルクを販売しています。手のひらでクレンジングミルクを温めたら顔全体になじませていきます。目元は最後に行います。ティッシュをやさしくあてるか湿らせたコットンで目元から顔全体にそっと拭います。疲れて帰ってきて入浴できない時や忙しい時にも便利なクレンジングです。もちろんさっぱり仕上げたいなら洗い流すのもOKです。洗い流した後は、通常通りのスキンケアを行ってください。
Amazon価格:1345円/180ml
この商品の詳細を見る

毛穴撫子 重曹クレンジングミルク


毛穴汚れは気になるもののなかなか頑固。こちらの重層を配合したクレンジングミルクは鼻やアゴのイチゴ毛穴や頬のオレンジ毛穴もしっかり溶かしてくれます。重層が皮脂や毛穴に詰まった角栓をしっかり浮かせて、温泉水が潤いを与えながらカチカチに固まった角質をゆるめてくれます。もちろん毛穴だけでなく頑固なアイメイクもしっかり落ちます。洗い上がりもすっきりで濡れた手で使用できるのも嬉しいポイント。使用を続けると肌が明るくなったという口コミも多い商品です。
Amazon価格:1620円/150ml
この商品の詳細を見る

DHC クレンジングミルク


とろりとした乳液のようなテクスチャーのクレンジングミルクは、クレンジングオイルなど洗浄力が強いクレンジングとは違い、取り除く必要のない肌に必要な水分や皮脂はしっかり残してメイクや汚れだけを浮かして取り除いてくれます。オリーブバージンオイルや、メドウフォーム油を配合し肌の潤いを保ち、保湿効果も抜群。洗い上がりはしっとりもっちりです。無香料でやさしく、しっとりとした保湿感にリピーターも多い商品です。
Amazon価格:1944円/200ml
この商品の詳細を見る

[5]肌のうるおいをキープしたいならクレンジングミルク

クレンジングミルクの最大の特徴は肌に優しいこと。肌の調子が悪い方や敏感肌の方にはぜひおすすめです。ミルクタイプは他のクレンジングに比べると洗浄力が弱いイメージですが、正しい使用方法を試せばメイクもしっかり落とすことができます。クレンジングはスキンケアの基本です。クレンジングが正しくできていてこそ、その後の洗顔や美容液、化粧水、クリームの良さを最大限に発揮できるのです。毎日使用するクレンジングだからこそ、お肌の健康を保つことができるやさしいクレンジングミルクは幅広い世代の方におすすめです。

関連するキーワード