目立つ毛穴の開きをどうにかしたい!その原因と7つの改善方法

鏡に映った自分の顔を見て「毛穴の開き」にハッとしたことはありませんか?最近、「皮脂が多い」「乾燥が気になる」「化粧ノリが悪い」など肌トラブルを抱えている場合は、毛穴の開きの影響によるものかもしれません。今回は、正しく効果的な毛穴のケア方法や、美肌に近づけるための生活習慣や予防方法をご紹介します。自分のお肌の状態を知って、毛穴の開きや肌トラブルを改善しましょう!

まだ間に合う!?「毛穴の開き」を無かったことに!原因と対策、治療法と正しいスキンケア

2018年04月17日更新

スキンケア

Risa

  • fb
  •  
  • line

[1]毛穴の開きはなぜ起こる?原因と解決法

まだ間に合う!?「毛穴の開き」を無かったことに!原因と対策、治療法と正しいスキンケア
「しっかりスキンケアしてきたつもりなのに、毛穴が開いてしまった…どうして?」と悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか?

「そもそも毛穴は何のためにあるの?」「毛穴はどんな役割があるの?」という方のために、ここでは毛穴の基本と、毛穴が開いてしまう原因やそれぞれの特徴についてご紹介します。

毛穴の働き

顔にある毛穴の数は約20万個と言われていて、生まれたばかりの赤ちゃんも、成人した大人も同じだけの毛穴を持っています。
毛穴の数が生まれた時からほとんど変化しないということは、それだけ毛穴が必要だということがわかりますね。では、毛穴はどのような働きをするのでしょうか?では、毛穴の役割を確認していきましょう。

  • 毛穴から汗や皮脂、老廃物を排出する
  • 毛穴から出る皮脂が皮膚のpHバランスを保ち雑菌の繁殖を防ぐ
  • 毛穴から出る皮脂が肌に膜を作り空気中の化学物質やホコリなどの外的刺激から肌を守る
  • 毛穴から出る皮脂により皮膚の乾燥を防ぎ潤いを保つ

上記のとおり毛穴は、潤い・抗菌・デトックス・保護と、美肌と健康には欠かせない役目を持っています。上手にケアしていくことができれば、より良い肌の状態をキープできます。

毛穴が開く種類と原因

自分の顔を鏡で見て、毛穴の開きに驚いたり、ショックを受けた経験はありませんか?一定の年齢を超えると「お肌の曲がり角」などといって、ある日突然いつの間にか毛穴が開いてしまっていて、原因が分からないという人が多いのではないでしょうか。
毛穴が開いてしまう原因と種類をご紹介します。

毛穴の開きの原因

まだ間に合う!?「毛穴の開き」を無かったことに!原因と対策、治療法と正しいスキンケア

  • たるみ
  • たるみは、毛穴がある角質層の奥にある「真皮(しんぴ)」という部分が、加齢などによってコラーゲンやエラスチンが減少して肌の土台が崩れ、肌の表面のハリが失われることで顔全体がたるんでくることで起こります。
    毛穴がたるむと、皮脂や汚れによって更に拡がり楕円の形状になってしまいます。

  • ニキビあと
  • ニキビを潰してしまうと、外傷が治癒したあと皮膚に残る変性部分は毛穴が開いたままの状態になってしまいます。
    また、ニキビを気にして洗顔をしすぎたり、保湿ケアを怠ってしまったりして、間違った処理をしてしまうことで肌が乾燥し、必要以上の皮脂分泌が起こってしまい、毛穴が詰まり開いてしまいます。

  • 皮脂の過剰分泌
  • 乾燥などにより、過剰分泌された皮脂によって毛穴が拡がります。その上、毛穴や皮膚表面に溜まっている汗やホコリなどの汚れや、古い角質などが皮脂と混ざって酸化してしまい、毛穴が黒ずんで見える原因にもなるのです。

毛穴開きの種類

  • 肌の乾燥タイプ
  • 水分が不足して肌が乾燥していることも頬の毛穴が広がる原因の1つです。潤いが足りていない状態の肌は、キメが乱れてしまい毛穴が目立つようになります。

  • 肌のたるみタイプ
  • たるみによって広がってしまった毛穴は、しずくのような形をしているのが特徴です。もともと毛穴は丸い形ですが、肌のハリが失われてしまうと重力には逆らえず、下に引っ張られるような状態となり、しずく形になってしまいます。

  • 毛穴詰まりタイプ(毛穴に角栓や汚れが溜まっている)
  • 毛穴開きの最初のステップとして、毛穴に角栓や汚れなどが詰まって毛穴が開いている状態になるのが「毛穴詰まりタイプ」です。
    角質と皮脂が混ざった状態の角栓が、毛穴に詰まってしまうのですが、この状態で放置してしまうと毛穴が形状記憶をしてしまい、角栓を取り除いても毛穴が開いた状態のままになってしまう可能性があります。

  • 毛穴開きタイプ
  • 上記のように毛穴が詰まり、そのせいで毛穴が開いている段階の毛穴開きタイプの人は、まず角栓のケアをしましょう。毛穴に詰まっている角栓の主成分のほとんどはタンパク質です。

通常の皮脂汚れであれば、普通の洗顔料でキレイになりますが、角栓のように頑固なタンパク質のかたまりの場合はそうはいきません。そのため、タンパク質を分解・除去してくれる効果のある酵素洗顔が、おすすめです。

酵素洗顔は乾燥が気になるという声も多くありますが、最近は敏感肌の人でも安心して使える肌に優しいものも販売されています。酵素洗顔は、毛穴詰まりが原因の毛穴開きの肌に効果的なのです。

[2]生活習慣の改善で毛穴開きを徹底的に予防しよう!

毛穴の開きを少しでも改善し防ぐためには、どのようなことをするのが効果的なのでしょうか。自分で「これならできる!」とチャレンジできる予防法を探してみましょう。

毛穴の開きを改善できる生活習慣

毛穴が開いてしまう原因は肌トラブルだけではありません。普段の生活を少し見返してみて、生活習慣を改善することで、お肌の状態は大きく変わります。すぐに取り入れられるものばかりですから、ぜひ参考にしてみましょう!

紫外線・活性酸素対策

まだ間に合う!?「毛穴の開き」を無かったことに!原因と対策、治療法と正しいスキンケア
先にお伝えしたとおり、毛穴の開きの原因の1つに肌の「たるみ」があります。たるみを予防するために大切なのが「紫外線対策」と「活性酸素対策」があります。

  • 紫外線
  • 紫外線のUVA(A波)は、波長が長いので肌の源である真皮層まで届き、ハリや弾力を作るコラーゲンやエラスチン繊維を傷つけけるため、シワやたるみが目立つようになります。

  • 活性酸素
  • 活性酸素は、細胞を酸化させて、コラーゲンやエラスチンを作る「繊維芽細胞」にダメージを与えます。

30代を以降になると、体内に備わっている抗酸化力が低下しますので、抗酸化作用のある「ビタミンA・ビタミンC・ビタミンE・ポリフェノール・カテキン・リコピン」などの栄養素を積極的に摂取するように心掛けましょう。

正しい洗顔


洗顔の正しいタイミングをご存知ですか?間違ったタイミングで洗顔をしていると、毛穴の汚れを落としきれていなかったり、乾燥がひどくなったりして毛穴の開きやたるみの原因になってしまいます。

多くの女性は、帰宅して入浴中にメイクを落とすと思いますが、理想的な順番通りに洗えている人は少なく、より乾燥しやすい状態を引き起こしているケースが多くあるのです。

何となく最初に顔を洗ってしまいがちですが、正しい順番は「髪を洗う→身体を洗う→湯船に浸かる→洗顔をする」というふうに、洗顔は最後にすることが理想的なのです。

お風呂の中はポカポカと温かく、蒸気がこもっているので肌が潤いで満たされていると思いがちですが、実際にはその逆で、保湿成分は流れ出てしまっていて入浴前より入浴後の方が肌は乾燥しやすい状態になっているのです。

大切なことは「洗顔後はすぐに化粧水などでケアしてあげること」なのです。ですから、お風呂を上がる直前に洗顔を済ませて、お風呂を上がったら素早くスキンケアをして肌の潤いを逃がさないようにしましょう。

クレンジング剤・洗顔料を選ぶ時のポイント

Mizukiさん(@mtmt.3000)がシェアした投稿


クレンジングや洗顔は、肌の潤いをキープする上ではとても大切なアイテムです。年齢と共に肌の状態が変化するのと同じように、お手入れ方法や使うアイテムも変える必要があります。

  • 濃いメイクも簡単に洗い流せるクレンジングや洗顔料
  • 拭くだけで簡単にメイクが落とせるクレンジングシート
  • 毛穴の汚れや角栓が落ちるクレンジングや洗顔料
  • 濡れた手もOKなクレンジング

肌を乾燥させたり、毛穴を目立たせたりするような強すぎるものは使用を避け、肌に優しい成分が使われている商品を選ぶようにしましょう。

しっかりとした保湿

まだ間に合う!?「毛穴の開き」を無かったことに!原因と対策、治療法と正しいスキンケア
先にお伝えしたとおり、毛穴が詰まったり開いてしまう最大の原因は、乾燥によって必要以上の皮脂が汚れや角質などと混ざって角栓となり、毛穴にたるみができることによるものでした。

つまり、角質層が潤い不足になり毛穴周りの皮膚がヨレヨレになって弱ってしまっている状態ということです。

こういった毛穴にダメージを抱えている肌は敏感肌も同時に発祥している可能性が高く、化粧水によっては顔がピリピリする場合がありますので「敏感肌用」や「天然由来」のもの、事前に口コミなどの情報を確認してから商品を選ぶようにしましょう。

睡眠時間の確保

まだ間に合う!?「毛穴の開き」を無かったことに!原因と対策、治療法と正しいスキンケア
肌トラブルを防ぐために、何よりも大切なのが睡眠時間です。私たちは眠っている間に、日中の紫外線や乾燥、外的刺激などによって受けたダメージを修復し皮膚細胞の再生を行っています。

この皮脂細胞の再生をするために必要な、成長ホルモンの分泌量が急増するのが「入眠して3〜4時間経った熟睡しているとき」で、この時間のことを「肌のゴールデンタイム」などと呼び、美肌を作る上で重要な時間と言えます。

レム睡眠(浅い眠り)とノンレム睡眠(深い眠り)をを繰り返すことで成長ホルモンの分泌が活発になり、肌のターンオーバーが正常に行われて健康な状態な肌を維持することができるのです。

食生活の改善

@asu.0401がシェアした投稿


睡眠を睡眠時間と同じように気をつけたいのが食事の内容です。毛穴の開きに直結している「皮脂の分泌量」には、「揚げ物、アルコール、炭水化物、甘いもの」などは、皮脂分泌を活発にするので、食べ過ぎ、飲み過ぎには注意が必要なのです。

毛穴の開きに効果的と言われているのは「ビタミンB群」で、皮脂をコントロールする働きがあります。

  • ビタミンB群
  • 豚肉、レバー、にんにく、まぐろ、かつお、うなぎ、たらこ、ナッツ、バナナ、牛乳など

  • ビタミンC(抗酸化作用)
  • レモン、ゆず、ケール、ピーマン、パプリカ、芽キャベツ、にがうり、パセリ、アセロラなど

  • ポリフェノール(むくみ解消)
  • ブルーベリー、ぶどう、カシス、玉ねぎ、なす、明日葉など

[3]しっかりケアして毛穴が気にならないツルツル・スベスベ美肌を手に入れよう!

まだ間に合う!?「毛穴の開き」を無かったことに!原因と対策、治療法と正しいスキンケア
毛穴が開いてしまうにはさまざまな原因がありますが、普段の生活習慣を少し見直すだけで肌の状態を大きく改善できることが分かりました。丁寧なスキンケアと良質な睡眠、脂質を意識したバランスの良い食事摂取を心掛けるだけでも、毛穴開きを防いでくれますし、美肌へ効果が期待できそうですね。まずはできることからスタートして、健康的でヘルシーな生活習慣で毛穴レスのツルスベ美肌を手に入れましょう!

関連するキーワード