今話題のグルテンフリーの食生活とは?ダイエット方法や実践ポイントをチェック

海外の有名アスリートやモデルが取り入れたことで話題となった食事法に、「グルテンフリー」があります。そもそも「グルテンフリー」とはどういったものなのか。「グルテンフリー」を行うことによる効果や実践ポイントをお伝えします。

今話題のグルテンフリーとは?グルテンフリーの効果と実践ポイント

2018年01月10日更新

ダイエット

服部 仁実

  • fb
  •  
  • line

[1]グルテンフリーについて

そもそもグルテンとは

グルテンとは、小麦や大麦などの穀物の表皮にある胚芽と胚乳から作られるタンパク質の一種のことを言います。穀物のタンパク質「グリアジン」と「グルテニン」が水を加えることによって結びつき、グルテンになります。パンなどに用いるとモチモチと弾力のある食感になります。

グルテンフリーって何?

グルテンフリーは、グルテンを含まない食品や、グルテンを摂らない食事法のことです。もともとは、小麦などのグルテンを含んだ食品アレルギーを持つ人への体質改善のための食事療法でしたが、海外でグルテンフリーの食生活によって健康になり、痩せたと話題になったことから、マスコミなどにも取り上げられるようになりました。

グルテンを含む食品

今話題のグルテンフリーとは?グルテンフリーの効果と実践ポイント
・小麦製品
パン、うどん、パスタ、ラーメン、餃子、たこ焼き、お好み焼き、ピザ、十割そばでないお蕎麦、ケーキやクッキーなどのお菓子類

・シリアル製品

・ルウ
市販のカレーやシチューのルウ

・お酒
ビール、麦焼酎、発泡酒、ウィスキー

・醤油(たまり醤油はグルテンフリーの醤油です)

・麦味噌(米味噌や豆味噌はグルテンフリーです)

グルテンフリーの効果

  • ダイエットに効果がある
  • 肌の乾燥が改善される
  • むくみがとれる
  • 質の良い睡眠がとれ、寝起きがよくなる
  • 集中力がアップする

しかし現在では、グルテンフリーの食生活による健康への影響は医学的には証明されていません。

[2]グルテンフリー食は「和食」

今話題のグルテンフリーとは?グルテンフリーの効果と実践ポイント
私たちのもっとも身近にある和食、これはグルテンフリー食と言えます。主食の白米や味噌、醤油、納豆、豆腐など麦を使用していない食品が多く、これらは全てグルテンフリー食なのです。

また、2013年にユネスコ無形文化遺産にも登録された「和食」には、味噌や醤油、納豆などの発酵食品が多く使われ、発酵食品に含まれる酵素や乳酸菌が腸内細菌のバランスを整えて、免疫力をアップさせる効果があります。

[3]グルテンフリー生活をしてみよう

グルテンフリーダイエットに挑戦!

グルテンフリーダイエットとは、グルテンを食べないで行うダイエット方法です。アメリカなどで健康志向の人から支持されているものであり、日本でも少しずつ話題になってきています。

服部仁実

グルテンフリーの食事をしたからといって必ず痩せるというわけではありません。グルテンを含まないことによってその分食感や形成するにあたって、油を多く利用していたりすることもありますので、注意は必要です。ですが、昨今の食生活は欧米化に伴ってグルテンを多く含む傾向にあり、見直すことによって、体型の変化も期待できます。では、グルテンフリー生活を実践するにあたって、ポイントを3つご紹介します。

 
1.米粉を使う
小麦粉の代わりとして、米粉を使用します。たこ焼きやお好み焼きなどの粉ものは、米粉を利用することでストレスなく食べることができます。

ケーキなどのお菓子類もこれで作ることができますし、ハンバーグを作る際のつなぎとして使うパン粉の代わりにも米粉は使用できます。米粉以外にも、そば粉、玄米粉、タピオカ粉などもグルテンフリーです。

2.成分表をチェックする
基本的に味噌は小麦を含んでいませんが、麦みそには小麦が含まれています。また,たまり醤油や十割そばは小麦を使用していないものがほとんどです。商品によっては小麦が含まれているものもあるので、表示されている成分表をチェックして、小麦の表示がないか確認しましょう。

3.グルテンフリーの食品を準備しておく
小麦を全て米粉に変えると言っても、ラーメンやパスタなどの麺類は難しいですよね。最近では、そういった麺類もグルテンフリーのものは既製品でありますので、用意しておきましょう。

外食でもグルテンフリーメニューをチョイス
グルテンフリー生活を始めると、気になるのは外食での食事ですよね。小麦を使っていないメニューなんて少ないんじゃ…と思いがちですが、決してそんなことはありません。今ではファストフードやファミレスでもグルテンフリーのメニューがあるので、少しご紹介します。

・MOS BURGER(モスバーガー)
日本生まれのハンバーガーチェーン店である、モスバーガーもグルテンフリーのメニューがあります。小麦不使用の「お子様向け」と表示はありますが、大人も注文することができます。

・松屋
牛丼のイメージが強い松屋ですが、定食には小麦を含んでいないグルテンフリーメニューも多くあります。近くにあると便利ですよね。

・COCO’S(ココス)
全国展開しているファミレスチェーンのCOCO’Sは、グルテンフリーメニューを数多くそろえており、米粉パンもあります。パンが食べられるのも嬉しいですよね。

[4]グルテンフリーで体質改善をしよう

今話題のグルテンフリーとは?グルテンフリーの効果と実践ポイント
いかがでしたか。私たちの食生活はいかにグルテンと密接していたか、おわかりいただけたと思います。しかし、『グルテンフリー』という言葉だけが、取り上げられ、何か特別な食事方法のような気がしてしまいがちですが、昔ながらの日本の和食で自然とグルテンフリーになるのも驚きですよね。

食事をグルテンフリーにすることで、身体にもさまざまな良い変化が期待できるかもしれません。今はブームもあってか、グルテンフリーの食品数も増え、外食時でも取り入れることができるようになってきていますので、無理をせず、一度グルテンフリー生活を試してみてください。

関連するキーワード