ダイエット

チョコレートダイエットは痩せる!?カカオの効果と正しいやり方を徹底検証

女性にとってチョコレートは、おやつはもちろんご褒美やリラックスタイムには欠かせない大人気のスウィーツですが、食べ過ぎると太ってしまうので食べるのを我慢しているという人も多いのではないでしょうか?そんな人におすすめしたいのが「チョコレートダイエット」です。「本当に痩せるの?」と思いがちですが、正しい方法やチョコレートの選び方を知っていればダイエット効果を得られるのです。今回は、美味しく食べながらキレイに痩せられる「チョコレートダイエット」についてご紹介します!

チョコレートダイエットは痩せる!?カカオ効果と正しいやり方を徹底検証!

2018年05月21日更新

Risa

  • fb
  •  
  • line

[1]チョコレートダイエットを始めよう

藤田 麻由さん(@mayu_nyc)がシェアした投稿


女性にとってダイエットは永遠のテーマですが、ダイエットを始める際1番最初に節制するのが「甘いもの」という人がほとんどではないでしょうか?中でも1番手軽でパクパク食べられるチョコレートが大好きという人は多く、食べる量を少なくしたり我慢しているという人が多いようです。

しかし、もしチョコレートを食べるだけで痩せられるとしたら…?ここでは、チョコレートダイエットの特徴や効果的な成分について紹介していきます。

チョコレートダイエットとは?

「チョコレート」というと、糖質や脂質が多く含まれており「太りやすい食品」や「食べすぎるとニキビができる」などと認識されている人が多いですがが、実は「チョコレートの種類」や「食べ方」によってダイエットの効果が期待でき、そのチョコレートによる効果を利用して行うのが「チョコレートダイエット」です。

甘いものを制限することの多いダイエットですが、チョコレートダイエットでは毎日チョコレートを食べることができるので、ストレスを感じずに継続することができます。

カカオの成分とその効果

チョコレートダイエットは痩せる!?カカオ効果と正しいやり方を徹底検証!
チョコレートに含まれる「カカオ」。一体どんな成分が含まれていて、どのような効果を与えてくれるのでしょうか?効果が期待できるものを6つにまとめてみましたので、成分と合わせて確認していきましょう。

  • 代謝が良くなる
  • チョコレートにはダイエットに役立つ「カカオポリフェノール」という成分が豊富に含まれています。ポリフェノールにはさまざまな種類がありますが、チョコレートの苦味成分がカカオポリフェノールです。

    このカカオの苦味は血行を改善し、血液をサラサラにする働きがあるので、ダイエットに効果を発揮する代表的な成分なのです。血行が良くなると冷え性が改善できたり、身体を温め代謝を良くする効果が期待できます。

    代謝が良くなるということは、消費エネルギーが増えるということになり、ダイエットに効果を発揮するのです。

  • 食欲を抑える
  • カカオには「リグニン」や「ヘミセルロース」などの不溶性食物繊維が豊富に含まれています。不溶性植物繊維は水に溶けず、水分を吸収して胃の中で膨張します。そのため、チョコレートを食前や空腹時に食べることで、満腹感を得やすくなり、食欲を押さえることができます。

  • 便秘解消を促す
  • カカオに含まれている不溶性食物繊維は、水に溶けず腸まで消化されずに行き届くので、腸内環境を整える効果も期待できます。

    それに付け加えて、腸の「蠕動(ぜんどう)運動」を活発にしてくれる働きもあるので、余分な老廃物や、たまっている便を排出しやすくなり、お腹の中からキレイにしてくれます。

  • 血糖値が上がりにくくなる
  • カカオに含まれる食物繊維やカカオポリフェノールには、血糖値を押さえる働きがあります。
    血糖値が上昇すると、「インスリン」という糖をエネルギーに代えてくれるホルモンが分泌されます。

    同時に、インスリンは余った糖分を蓄えて脂肪に変えてしまう働きもあり、糖尿病や肥満になりやすい身体作りを促進してしまいます。

    ダイエットを成功させるためには「血糖値を上げないことが重要」で、そのためにはチョコレートの食物繊維とカカオポリフェノールの働きが効果的だということです。

  • コレストロール値を改善する
  • カカオにはコレステロール値を正常に戻す働きもあります。カカオポリフェノールは悪玉コレステロールを減らしてくれるため、肥満の予防に効果が期待できます。

    脂っこい物や味の濃い物が好きな人は、食べる頻度や量を調整するなどして、コレステロール値が高くなりすぎないないように気をつけましょう。

  • ストレスを和らげる
  • ダイエットをすると、食事制限など食べたいものを我慢をしなくてはならず、ストレスが溜まりやすい状態になります。カカオには「テオブロミン」というカフェインの一種である成分が含まれており、ストレスを緩和してリラックスさせる効果があります。

    ストレスを軽減することができれば、ダイエットが苦にはならず継続させることができるため、チョコレートによるリラックス効果はとても効果的と言えます。

[2]チョコレートダイエットの正しい方法

では、実際にはどんなチョコレートをどのくらい食べたら良いのでしょうか?ダイエットの効果を高める食べ方や量など確認していきましょう。

チョコレートの選び方

miyukiさん(@kyumiyu)がシェアした投稿


チョコレートダイエットのポイントは「カカオ豆」をたっぷり摂取することです。そのため、通常の砂糖がたっぷり含まれた甘いチョコレートでは効果はありません。大切なのはカカオの含有率で、少なくとも「カカオ70%以上」のものを選ぶようにしましょう。

カカオ含有率が高い方がダイエットには効果的なので、それ以上のものでも構いません。市販されているスーパーなどで簡単に手に入る物の中では、カカオ70%〜80%程度のものが甘みもありチョコレートダイエットのスタートにはおすすめです。

カカオ100%も慣れてしまえば独特の苦味がクセになりますし、ダイエット効果も期待ができるので慣れてきた頃にチャレンジしてみるのも良いかもしれません。

一日で摂取するべきチョコレートの量

1日に摂取すべき量はさまざまな意見があるようですが、ダイエットをする上で適した量とすると30g〜50g程度の摂取で効果が見られるとされています。この量は「板チョコ 1/4〜1/2」程度ですから、なかなかの量と言えます。

それぞれの体重や体質によって効果が発揮される適量は変わってきますし、最初は少なめにして様子を見ながら、慣れてきたら徐々にチョコレートの量を増やしていくのも良いですね。

チョコレートを食べるタイミング

チョコレートを食べるタイミングは「食前」と「食間」が1番効果的です。1度にまとめて食べるのではなく、こまめに分けて食べた方が効果が高いのです。

例えば、食欲を抑えたい場合は食事の20〜30分前に食べたり、小腹が空いた時のおやつとして食べたりするなど、食欲をコントロールするイメージでこまめに食べる方法がおすすめです。

だからといって毎日必ず50g食べなければならないという訳ではありません。満腹感を得られたり、お腹の調子が整ってきたなどの実感が持てれば、少ない量の摂取でも良いのです。

少量をゆっくりと時間をかけて食べることで満足感が得られますし、食べ過ぎ防止にもなるのでおすすめです。

[3]チョコレートダイエットの注意すべきポイントは?

食べるだけでダイエット効果が期待できるチョコレートダイエットですが、決して良いことばかりではありません。

これはマズイ!?間違ったチョコレートダイエット

1日少しのチョコレートを食べるだけのチョコレートダイエットですが、間違った方法だと太ってしまいます。注意すべきポイントを確認しておきましょう。

  • 食べすぎは太る
  • カカオチョコレートは、普通のチョコレートに比べて糖分は少ないのですが、カカオの脂質が多く含まれています。

    カカオバターの脂肪分はそれほど吸収率が良くないので、体脂肪は付きにくいとされていますが、普通のチョコレートと比較しても特別カロリーが低いと言う訳ではないので、食べ過ぎてしまえば当然太ります。

    「チョコレート1枚=ケーキ1個」と同じくらいのカロリーがありますので、食べ過ぎには注意しましょう。

  • 甘いチョコレートは太る
  • Chocolate Treeさん(@choctreescotland)がシェアした投稿


    普通に売っている甘いミルクチョコレートなどはダイエットには適していません。カカオの栄養成分よりも糖分がたっぷりなので、ダイエット効果はないといえます。

    高級なチョコレートも糖質が高いので同じことが言えますので、砂糖が少なくカカオの割合が多いものを選ぶようにしましょう。

  • 食事はきちんと食べる
  • ダイエットの成功のためにはバランスの取れた食事を摂ることが大切です。ご飯の代わりにチョコレートを食べるなどというやり方はやめましょう。

    チョコレートだけでは栄養が不足してしまいますし、キレイに痩せることはできません。チョコレートダイエットは、あくまでもダイエットをサポートするものだということを忘れないようにしましょう。

  • 間食をしない人には逆効果
  • 普段から間食をする習慣のない人にとって、チョコレートダイエットは不向きと言えます。なぜなら、当然のことながらチョコレートを食べた分だけ摂取カロリーが増えるので、体重の増加につながってしまうからです。

    日頃から小腹が空くと何かを食べてしまう人や、毎日のようにチョコレートを食べないと気が済まない人などに効果を発揮するダイエット方法だと言えるのです。

    [4]チョコレートダイエットの口コミを紹介!

    では実際にチョコレートダイエットにチャレンジした人の口コミをご紹介します。ぜひ参考にしてみて下さいね!

    72%のでは、甘みを舌が感じるので、苦みを欲するときは86%のチョコを口にしています。これからも体によいとされるポリフェノールを積極的に摂取するためにも、美味しく食べて、健康に役立てていきたい、と考えております。

    ●出典:@cosme/ちえこ☆さんの口コミ

    元々どちらかというと甘いチョコレートが好きだったのですが、健康にはビターやブラックチョコレートがいいとのことなので、72%を最初に購入し、思ったよりも食べやすかったので、こちらの86%も購入しました!

    もはや甘さはないですね笑 

    相当ビターなチョコレートがお好きな方じゃないと食べれないかも!

    でも食べていくと不思議なくらいやみつきになります。チョコレートを食べているという感覚はありますが、ちょっとで満足できます!

    ●出典:@cosme/ゆちゃぽんさんの口コミ

    体調がいい時とか、食べ過ぎた翌日にプチ断食する際にチョコレート効果86%を温かいお茶と一緒に食べてます。1日でちっちゃい個装5枚くらいかな?

    チョコレート効果86%のおかげで空腹に負けることが少ないので、いきなり断食はちょっと…って人にオススメします(^^)

    ●出典:DietClub/マリアさんの口コミ

    ハイカカオのチョコレートは苦味があるから、甘いチョコよりパクパクと過食しなくて済む。1日2粒を目安に、どうしても空腹な時やイライラしたときに食べると◎。ポリフェノール効果でお通じがすっごく良くなります!

    ●出典:DietClub/かめこさんの口コミ

    1日一欠片(2.4g位)を目安に夕方お腹がどうしてもすいた時に食べてます。 カカオ99%なので美味しくないけど良薬と思って食べてるのと、感覚的にチョコを食べてる気分になれるのでオヤツ我慢してるストレスが緩和されます。

    食欲は全く減りません。 これで痩せるとは思わないけどサプリだと思って食べてます。

    ●出典:DietClub/レイミさんの口コミ

    [5]チョコレートダイエットで健康的にキレイに痩せよう!

    チョコレートダイエットは痩せる!?カカオ効果と正しいやり方を徹底検証!
    チョコレートダイエットは、チョコレート好きには最高のダイエット方法だということはお分かりいただけましたでしょうか?チョコレートダイエットを成功させるために大切なことは、「チョコレートの選び方」と「チョコレートを食べる量」です。

    最初は甘いチョコレートから、カカオの苦味を感じるビターな味に慣れるまでは少し抵抗があるかもしれません。ですが、程よい苦味の中で感じる甘みのバランスと、「ダイエット効果が期待できる」ということから、それほど苦にならずに続けられるようになります。

    すぐに急激な変化は望めないかもしれませんが、身体の中から少しずつ改善していき、数ヶ月後には見た目にも分かるほどの体重の変化を実感できるはずです。チョコレートが好きな人、無理なくダイエットをしたい人、身体の中から健康的に痩せられるチョコレートダイエットをぜひお試しください!

関連するキーワード