今すぐ実践したいお肌の若返り方法5選!日常に潜む肌老化の原因

お肌のきめが細かくて張りがあれば実年齢より若く見え、逆にシミやシワが目立つお肌は老けた印象を与えてしまいます。お肌には、見た目に与える印象を大きく左右させる力があります。実年齢より若く見られるために、お肌の若返りを実践してみませんか?今回は5つのアプローチ方法をご紹介いたします。

お肌に年齢を感じたら、その原因は何?老化に負けずに若返らせる方法5選!

2018年04月03日更新

スキンケア

Risa

  • fb
  •  
  • line

[1]お肌を老化させる原因とは

生まれたばかりの赤ちゃんは、キメの細かいモチモチとした誰もが憧れる理想的なお肌をしています。しかしそのお肌をキープし続けるのは難しく、年齢を重ねれば多くの人がお肌の老化を感じます。お肌を若返らせるためには、まずどうして老化してしまうのかその原因を探ってみましょう。

皮膚の乾燥

お肌に年齢を感じたら、その原因は何?老化に負けずに若返らせる方法5選!
お肌の大敵「乾燥」は、お肌の老化へと繋がります。皮膚は天然の保湿成分を生成して、お肌の潤いを保っていますが、これは年齢と共に減少していきます。20代を過ぎると皮脂腺の分泌も減っていきますので、お肌は徐々に乾燥しやすくなってしまうのです。

乾燥したお肌は弾力が奪われています。そのため古い角質が残りやすく、肌触りもガサガサとしてしまいます。それは本来なら1ヶ月程の周期で行われるターンオーバーが、正常に機能しなくなるところにあります。

 
乾燥は表皮の内側にある基底層の細胞増殖を衰えさせてしまい、皮膚が薄くなったりハリを奪ってしまいます。その状態が続いてしまうと古い角質が皮膚に留まり、分厚く硬い表皮に変化させてしまうのです。

1度硬くなってしまった表皮のせいでターンオーバーが乱れ、自発的に改善させることは時間がかかり困難です。そして皮膚のバリア機能が低下しているので、外からの刺激にも敏感になりさらなる乾燥を呼ぶ悪循環に陥ってしまいます。そしてそこから小ジワが生まれ、真皮にまで影響するとシミやたるみの原因となってしまうのです。

紫外線による光老化

お肌に年齢を感じたら、その原因は何?老化に負けずに若返らせる方法5選!
「光老化」という言葉をあまり聞きなれないかもしれませんが、紫外線を浴びることで皮膚を老化させてしまう現象のことを指します。紫外線を浴びすぎることは、お肌に悪いという情報をなんとなく理解している方も多いと思いますが、実はお肌の老化の原因の8割がこの光老化のせいだと言われています。

紫外線は全部で3種類の波長があり、その中でも「UV-A」という波長は真皮層にまで届いてしまいます。そのためコラーゲンの生成を妨げるなどして、長い時間をかけてじわじわとお肌の弾力を奪いシワやたるみを作っていきます。

UV-Aは紫外線の中でも最も光老化を招く波長です。シミやそばかすの原因になる事はもちろん、皮膚がんになる恐れもある大変恐ろしいものなのです。

細胞の酸化

お肌に年齢を感じたら、その原因は何?老化に負けずに若返らせる方法5選!
物質と酸素が結合することで「酸化」という現象が起きます。金属が錆びたり、切った野菜の表面が変色してしまうのも酸化が原因で起こります。この現象は人間の身体でも起きてしまいます。

人は呼吸をすることで酸素を取り込んでいますが、この取り込んだ酸素の2%ほどは「活性酸素」というものに変化します。活性酸素とは強力な酸化力を持ち、正常な量ですと細菌などを攻撃してくれる役割を担っていますが、増えすぎてしまうと正常な細胞を攻撃して酸化させてしまいます。

その結果皮膚も酸化してしまい、お肌の弾力が奪われたるみが生まれます。また、細胞が酸化してしまうと栄養分を取り入れる働きも弱まりますし、老廃物を排出させる働きも衰えます。そのためターンオーバーが乱れたり、修復する力がなくなったりと老化を招いてしまうのです。活性酸素は酸素を吸ってエネルギーを作る過程で簡単に発生してしまいます。他にも紫外線や喫煙、ストレスなどでも発生しやすくなります。

皮膚の菲薄化(ひはくか)

皮膚の菲薄化とは、皮膚が薄くなる現象のことです。この現象の主な原因は加齢と言われ、年齢を重ねて女性ホルモンの分泌が減少したり、新陳代謝が低下することで起こります。女性ホルモンの一つのエストロゲンは、コラーゲンなどの生成を支えていますが、女性ホルモンの減少でこれが疎かになってしまいます。そのためお肌の弾力が保てなくなり皮膚が薄くなっていきます。

薄くなってしまった肌は外部からの刺激を受けやすくなり、細菌などにも抵抗できなくなってしまい炎症を起こしやすくなります。お肌のトラブルが多くなってしまうのです。

糖化による老化

酸化はお肌を錆びさせますが、糖化はお肌を焦げさせてしまう現象です。体内で余っている糖がたんぱく質と結びつくことで、糖化反応が起こります。これは人間の体内では誰しも起こりえることです。糖化反応が起こると「AGEs」というものが作られます。

これは高い毒性を持っていて、体内に溜め込まれてしまう老廃物です。糖化されたたんぱく質というのは硬くなってしまい、本来の機能を失ってしまいます。お肌の7割を占めるコラーゲンもたんぱく質の一つですので、コラーゲンが糖化してしまうとお肌に水分がなくなり硬くなってしまうのです。さらに、糖化してしまったコラーゲンは褐色に変色しますので、これが溜まっていくとお肌もくすんでより老けて見えるようになってしまいます。

[2]お肌を若返らせる5つの方法

お肌の老化の原因が分かったら、次は若返らせる方法を見ていきましょう。具体的に5つのアプローチをご紹介いたしますので、参考にしてみてください。

洗顔を見直してみよう

 
毎日行う洗顔は、頻度が高いからこそ見直す価値があります。顔を洗うという行為だけで満足して、正しい洗顔方法を知らない方は多くいます。この洗顔を見直し正しい方法で行うだけで、肌年齢を若返らせることも可能です。

洗顔は顔の汚れを落とすことに集中しがちですが、皮脂を落としすぎない事に注意しましょう。若いお肌に潤いは欠かせません。そして乾燥は大敵です。いかに潤いを保たせるかがポイントとなります。そこで潤いを保つために必要となるのが、お肌に元からある皮脂です。

皮脂はお肌の汚れだと思って、洗顔時に念入りに洗ってしまいがちですが、実はこの行為はお肌の潤いを奪う行為なのです。洗顔自体が悪いわけではなく、洗顔の仕方に問題があるのです。正しい洗顔方法を知るだけでお肌の若返りが近づいてきます。

【正しい洗顔方法】

  1. 顔を洗う前にまずは手をきれいに洗う
  2. きれいな手で洗顔料を良く泡立てる
  3. 皮脂が多いTゾーンから優しく洗い、皮膚の薄い目元や口元は泡を乗せる程度にする
  4. ぬるま湯ですすぎ、洗顔料は絶対に残さない
  5. 清潔なタオルで水分を拭き取る
  6. 洗い終わったらすぐに化粧水などで保湿をする

 
お肌に年齢を感じたら、その原因は何?老化に負けずに若返らせる方法5選!

【洗顔のポイント】

洗顔料を使用する時はしっかりと泡立てることが重要です。キメの細かい泡を作ることで、汚れも落ちやすくお肌への負担が減ります。また、朝の洗顔は洗顔料を使わなくてもよいでしょう。過度な洗顔料の使用は皮脂を過剰に取り除いてしまいます。そして気を付けていただきたいのが、洗顔時にはぬるま湯を使用することです。水だと汚れが落ちにくいですし、お湯だとお肌の乾燥を招いてしまいます。人肌程度のぬるま湯で、しっかりとすすいでいきましょう。

そして、洗顔が終わったらすぐに保湿を行います。この瞬間が1番乾燥しているタイミングです。ここでしっかりと水分を補給してあげることでお肌への負担が減ります。洗顔はスキンケアの基本ですが、過度に行うことは逆効果です。皮脂は言わば天然のクリームですので、味方につけることで乾燥知らずのお肌を手に入れることができます。

基礎化粧品の選び方で変わる

 
お肌には元々自己再生能力がありますが、それだけに頼っていては一向に改善しないこともあります。年齢を重ねることで、バリア機能や補修機能が低下してしまっているかもしれないからです。

過度なスキンケアはお肌への負担になることもありますが、自分に必要なものを正しい方法で使用することで、お肌の若返りを助けることできます。お肌のお悩み別にどのようなものを選んだら良いか見てみましょう。

  • シミが気になる人
  • シミが気になっている方は、ビタミンC誘導体が配合されている基礎化粧品を選んでみてください。できたばかりのシミには効果を発揮してくれます。他には、アルブチン、ハイドロキノン、セラミドやヒアルロン酸などが配合されているものが良いでしょう。

    ただ、シミにも種類があり、自分で対策出来るものもあれば、クリニック等で治してもらう必要があるものもあります。まずはシミができないように心掛けることが大切です。

  • シワが気になる人
  • お肌に年齢を感じたら、その原因は何?老化に負けずに若返らせる方法5選!
    シワは大きく分けて3つの種類があり、種類ごとに配合物質を選ぶと効果的です。小ジワや、表情の癖でできてしまったシワに対しては、ヒアルロン酸やセラミド、NMFなどの高保湿成分のものが配合されているものにしましょう。

    ちりめんジワと言われる縮れたシワに対してはレチノール、ナイアシン、ビタミンC誘導体などのハリが出る成分が効果を発揮してくれます。

  • 毛穴の開きが気になる人
  • 毛穴の開きは乾燥でも皮脂の過剰な分泌でも起こる現象です。そのため余分な皮脂を落とす洗顔と、洗顔後の保湿が効果的です。ヒアルロン酸やヒト型セラミドなど、高保湿成分が配合されたものを選ぶようにしましょう。

    また、クレンジング剤は刺激が少ないマイルドなものを選ぶようにしましょう。

  • クマが気になる人
  • お肌に年齢を感じたら、その原因は何?老化に負けずに若返らせる方法5選!
    寝不足の時にクマができると思われがちですが、クマには3つのタイプがあります。寝不足の時にできる青いクマは血行不良が原因で、マッサージ効果のあるクリームを使用してみてください。また、温めることも効果的です。

    茶色くなっているクマは、色素沈着してしまっている可能性があります。ビタミンC誘導体やハイドロキノンなど、美白効果のあるものを選んでみてください。クマが黒くなってしまっている場合はたるみが原因で、ホームケアでの治癒はなかなか難しいものがあります。

    黒いクマを作らないよう、日頃からたるみ防止のクリームを使用するようにしましょう。目元には専用のアイクリームをしようするのがおすすめです。

食べ物を選ぼう

 
お肌へのアプローチ方法は、外側からはもちろん内側からも行うことができます。毎日のスキンケアに合わせて、食生活を見直してみましょう。お肌の状態は内臓を映し出していると言います。食生活が偏っていたり乱れていると、如実にお肌に現れてしまうのです。

3食きちんとバランスよく食べる事はもちろん、自分に足りないものを補える食事が大切です。若返りに効果的な栄養はどんなものがあるのか見ていきましょう。

  • 抗酸化物質を取って身体の酸化を防ぐ
  • 身体を錆びさせる酸化は老化を招きます。それを抑えるために、抗酸化物質を積極的に取るようにしましょう。抗酸化物質を多く含む食品は、「カテロイド」という色素です。ニンジンなどに含まれるβ-カロテンやトマトなどに含まれるリコピンなどが代表的で、オレンジや赤い食べ物に良く含まれています。アンチエイジングの面から特に注目されているのが、ポリフェノールです。

    ワインやチョコレートに含まれていることで有名ですよね。若返りを意識するならチョコレートを食べる時はダークを選び、ワインは赤を選ぶようにしましょう。また、小腹がすいた時にはナッツをつまむなどすると多くのポリフェノールが摂取できます。

  • 若返りにはビタミンが必要
  •  
    美肌にビタミンが効果的というのは耳にしたことがあると思いますが、ビタミンといっても全部で13種類もあります。それぞれに働きがありますが、その中でもお肌の若返りに効果的なのがビタミンA、C、Eです。優れた美肌効果と抗酸化作用を持っています。

    ■ビタミンA
    卵やウナギ、ニンジン、ホウレンソウなどの緑黄色野菜に含まれています。抗酸化作用と、乾燥やシワを防いでくれる働きがあります。

    ■ビタミンC
    ゴーヤやピーマン、イチゴ、キウイなどに多く含まれています。ビタミンCはビタミンの中でも美肌効果が高いと有名ですが、具体的には抗酸化作用やコラーゲン生成の促進、メラニンも抑制してシミを防いでくれるなど嬉しいことづくめです。

    ■ビタミンE
    魚卵や植物油、ナッツ類に多く含まれています。ビタミンEには血行を良くしてくれる働きがあるので、お肌の老化防止に役立ってくれます。

  • お肌だけじゃなく身体や脳までも若返らせるオメガ3
  • 青魚やココナッツオイル、えごま油、亜麻仁油に多く含まれています。オメガ3とは不飽和脂肪酸のことを指し、代謝や血行の促進を促しホルモンバランスを整えてくれる働きがあります。

    そのためくすみの予防や肌荒れの改善が望めます。オメガ3は体内では生成することができないので、食事から積極的に摂取しなければいけません。

サプリメントを上手に取り入れる

美姫さん(@mi.hi.me)がシェアした投稿

 
食事だけで必要な栄養を取るのはなかなか難しいことです。そんな時はサプリメントを上手に活用するのも一つの手です。最近はサプリメントを利用する人も増えたので、多くのメーカーから販売されています。

同時成分の物でも、発売元が違えば原材料も製造方法も違います。サプリメントは安全性が大切ですので、原材料の記載がしっかりとあるか、信頼できるメーカーの物かなどしっかりと確認してから購入するようにしてください。

 

  • おすすめしたい若返りサプリメント
  • 注目したい成分は、やはり美肌効果が期待できるものと抗酸化作用があるものです。1日の必要摂取量が食事からはとれそうもない時には、以下のようなサプリメントを取り入れてみましょう。

    ■ビタミンA、C、E
    ■COQ10
    ■セレン(セレニウム)
    ■亜鉛
    ■αリポ酸

  • ホルモンバランスを整えるサプリメント
  • 女性の方は特に、女性ホルモンのバランスが崩れたり、分泌量が減ることでお肌の老化を招いてしまいます。女性ホルモンの乱れを改善してくれるサプリメントも上手に取り入れてみましょう。おすすめのものは以下の2つです。

    ■プラセンタ
    ■大豆イソフラボン

若返り治療という選択もある

お肌の若返りのために様々な事を試してみても、思うように効果が出ないこともあります。老化が進んでしまっているとセルフケアでは賄いきれないこともあり、そんな時は専門家に治療してもらうという選択肢もあります。早めの治療で劇的に若返ることも可能ですし、専門家の方の正しい意見を聞くこともできます。

例えばヒアルロン酸注射などは目元のたるみやシワを取り、ハリのある若々しい肌をよみがえらせてくれます。また、ピーリング治療やレーザーなどでシミやそばかすを除去できたり、思い切って余分な脂肪を除去してリフトアップするなどの方法でお肌を若返らすこともできます。

セルフでアンチエイジングをしようとする時と比べると、かかる費用はぐんと上がってはしまいますが、短期間で効果を実感できるメリットもありますので、一度どのような治療方法があるか調べてみてもいいでしょう。

[3]いつまでも若々しい肌でいるためには、日々の努力が必要不可欠!

お肌に年齢を感じたら、その原因は何?老化に負けずに若返らせる方法5選!
お肌は年齢や外部からの刺激によって、確実に老化してしまいます。しかし、ケア次第では老化を最小限に抑えることも可能です。肌質によって行うべきスキンケアや、摂取するべき栄養素も変わってきますので、ご自身がどのようなタイプなのかを知ることも大切です。

早い段階で老化に気が付くことができれば、対処の仕方も多くありますので、洗顔時やメイク時などこまめにお肌をチェックする癖をつけましょう。日々の努力でお肌は若返らせることができますよ。

関連するキーワード