角質チェッカーでターンオーバーの状態がわかる!簡単に使えて便利な優れモノ

「自分の肌が正常にターンオーバー行われているかどうかわからない!」という時に頼りになるのが角質チェッカーです。手軽に肌の状態を診断できるもので、ターンオーバーの状態から水分量や肌荒れの状態まで分かります。今回は角質チェッカーの種類や使い方をご紹介します。

自分の肌を知ることができる角質チェッカーって何?どうやって使うの?

2018年04月03日更新

スキンケア

Risa

  • fb
  •  
  • line

[1]角質チェッカーって何?

角質チェッカーとは

角質チェッカーとは、肌のターンオーバーが正常に行われているかどうかを調べるものです。肌のターンオーバーってよく聞きますけど、実際に自分の肌が正常なのか異常なのか、見た目での判断は難しいです。

角質チェッカーは、キットを肌に押しつけるだけでターンオーバーの状態を知ることができます。

角質チェッカーの種類

角質チェッカーは医療品級(メディカルグレード)製品で、粘着性を持つフィルムを皮膚に貼り付け、そこれ採取した角質の大きさや量で肌の状態や乾燥度、荒れ具合を診断します。

それでは、PROタイプ、ディスクタイプ、テープタイプと3つの種類の角質チェッカーをご紹介します。

  • PROタイプ
  • プラスチックプレートタイプの角質チェッカーです。プレートになっているので、顕微鏡で検査をすることができます。肌から採取した角質や角片を顕微鏡で拡大して調べたり、染色することも可能です。メラニンチェッカーとしても使用できます。ほかにもR&Dやマーケティングなど幅広い肌診断に使用できます。

  • ディスクタイプ
  • 角質を判定する部分が大きいので、診断がしやすくなっています。目視確認するためには、黒い光沢紙を準備してください。

  • テープタイプ
  • 角質チェッカーの中でも一番手軽に判定できるタイプで、化粧品売り場の店頭などでも利用できるものです。測定部が黒くなっているので、角質を採取した後すぐに結果が分かります。

[2]角質チェッカーの使い方

角質チェッカーは、洗顔をした後の乾いた肌に使用します。また、ファンデーションや日焼け止めなどのメイク残りが肌についていないように、念入りにクレンジングと洗顔を行ってください。肌に残っている状態だと、正しく測定ができなくなります。
自分の肌を知ることができる角質チェッカーって何?どうやって使うの?

  1. 角質チェッカーのツマミ部分を持って、台紙から剥がします。
  2. 剥がした角質チェッカーを頬の中央部に数秒間押しあてるようにし、ゆっくり剥がします。鏡を見ながらおこなうと、より正しい測定位置の角質をとることができます。
  3. 肌から剥がした角質チェッカーを黒い面に乗せてパターン表と照らし合わせ、自分の肌の状態を確認してください。

[3]角質チェッカーで分かること

自分の肌を知ることができる角質チェッカーって何?どうやって使うの?
角質チェッカーで調べた角片が均一な状態であれば、正常にターンオーバーが行われており、均一ではない状態ならターンオーバーが乱れているということになります。

また、肌のターンオーバーだけでなくニキビの状態や毛穴の皮脂量、肌の水分量、肌荒れなどの肌の状態まで細かく知ることができるのです。

エステサロンでも角質チェッカーを使い肌の状態を調べてくれますし、デパートなどの化粧品売り場でも対応してくれるところもあるでしょう。気になる肌の状態については、皮膚科など診察を受けることでより正確に診断してくれます。

[4]角質チェッカーで肌の状態をチェックしよう


角質チェッカーは化粧品売り場の店頭でも診断できますし、個人用のものが化粧品の付録としてセットとなっているものもあります。簡単に肌の状態をすることができますし、今後の肌対策にもなります。気になった方はぜひ角質チェッカーで肌の状態を診断してみてくださいね。

関連するキーワード