リンパドレナージュの効果とセルフケアのやり方!老廃物を排出してむくみ知らずの身体へ

リンパの流れを良くする1つの施術方法として「リンパドレナージュ」があります。リンパ液をスムーズに流すことで、身体には良いメリットがたくさんあります。今回は、リンパドレナージュの効果やリンパマッサージとの違い、自宅で簡単にできるリンパドレナージュの方法などご紹介します。

リンパドレナージュでダイエット!?リンパドレナージュの効果と自宅でできる方法

2018年04月17日更新

ボディケア

山口実可

  • fb
  •  
  • line

[1]リンパドレナージュって何?

リンパドレナージュでダイエット!?リンパドレナージュの効果と自宅でできる方法

リンパドレナージュとは

リンパドレナージュは、手技によってリンパの流れを活性化し、体内に溜まった老廃物や不要な異物を集め、排出を促すというものです。

リンパとは、人間の健康維持には欠かせないものであり、血管から染み出てきた栄養素を再び血管に戻す働きをしたり、血管の中に老廃物や異物が入らないように防いでくれたりと、血液のサポート役を担っている存在です。

しかし、大切なリンパも疲労やストレスなどでリンパの流れが滞ってしまうと、健康面や美容面にも悪影響を及ぼします。そのようなリンパの状態を改善するために行うのが、リンパドレナージュです。

リンパドレナージュは痛いの?

“老廃物を排出する”“手技でリンパの流れを活性化する”と聞くと、グリグリ押して痛みを感じるのではないか?と思ってしまいますよね。しかし、リンパドレナージュは優しく皮膚をなでるようにして施術を行いますので、痛みはほとんどありません。

リンパドレナージュは、力を加えることで改善するものではなく、リンパの流れる方向に沿って行うものなので「そんな弱い力で本当に効果があるの?」と疑問に感じてしまうほどでしょう。

リンパ液の流れるリンパ管は、とても繊細なものなので優しくなでるだけで十分に効果が得られるのです。

リンパドレナージュの歴史

フランス語で“排出”を意味する「ドレナージュ」は、そのまま訳すると「リンパ排出法」となります。

1930年代に、リンパ節の治療目的に行われたのがはじまりと言われており、1956年にむくみ改善、セルライトの改善など美容面や健康面の手技として広く知れ渡るようになりました。日本では2000年に入ってから、医療面だけでなく美容業界でも幅広く認知されるようになりました。

リンパドレナージュとリンパマッサージの違い

リンパに関連する施術方法として、リンパドレナージュとリンパマッサージがあります。どこが違うの?と疑問もあるでしょうが、リンパドレナージュは「リンパの流れを邪魔している原因を取り除きながらリンパの流れを良くする」というものです。それに対しリンパマッサージは「リンパの流れに合わせてマッサージを行い、リンパの働きを活性化する」ものです。

どちらも“リンパの流れを改善して、体内の老廃物を排出する”という目的は同じものなのです。違いは、痛みを感じる点でしょう。

先ほど説明したように、リンパドレナージュは優しい手技で行うので痛みを感じませんが、リンパマッサージは痛みを感じることが多いと言えます。しかし、痛みを感じるマッサージもセルライトをほぐしたり、筋肉をほぐすなどの身体を整えるのに効果の高いものなのです。

[2]リンパドレナージュの効果

セルライトの解消

リンパドレナージュでダイエット!?リンパドレナージュの効果と自宅でできる方法

セルライトは、脂肪細胞が変化して塊となってしまうもので、主に太ももに見られます。セルライトの原因として冷えやむくみ、血行不良が挙げられます。

リンパドレナージュを行うことによって、リンパの流れを改善し血行促進を行います。その結果、脂肪細胞の塊も一緒に流されて、セルライトの解消に効果があるのです。

たるみの改善

リンパの流れが停滞してしまうと、顔のたるみや身体のたるみを引き起こします。リンパが詰まっていると、体内で排出作業がスムーズに行われず、身体のあちこちに溜まってしまいます。

リンパドレナージュによって、リンパの流れを改善することで老廃物や異物がスムーズに流れ、たるみの改善へとつながります。

むくみや肩コリ、冷えの緩和

冷えやむくみ、肩コリといった症状もリンパの流れが停滞することで引き起こされます。リンパドレナージュでリンパの流れを改善することで症状を緩和することができます。

リラックス効果

リンパドレナージュでダイエット!?リンパドレナージュの効果と自宅でできる方法

体内の老廃物や異物を排出するだけでなく、リンパドレナージュにはリラックス効果もあります。リンパの流れを改善することで、自律神経にも良い影響を及ぼし、心身ともにリラックスできる状態となるのです。

疲労回復

リンパドレナージュによってリンパ管に溜まった老廃物などの疲労物質を排出することで、疲労回復にもつながります。

免疫力アップ

リンパがスムーズに流れるようになると、リンパ液の中に含まれる免疫細胞が身体のすみずみにまで行き渡りわたり、免疫力を高めることができます。リンパの流れを整えることで、老廃物だけでなく細菌やウイルスなどが入り込むことを防ぎ、排出することができるためです。

新陳代謝を上げる

リンパドレナージュを行うことで、リンパの流れがスムーズになり、活性化します。そうすると血流も改善されて、細胞の働きも活発になり、新陳代謝を上げることにつながります。

新陳代謝が上がることでカロリーも燃焼しやすくなり、肌の新陳代謝も高まり、美肌効果につながります。

[3]サロンでリンパドレナージュを受けてみよう

最近では、多くのエステサロンでリンパドレナージュをメニューに加えています。サロンによっても異なりますが、施術時間は40~90分程、費用は10分で1,000円が相場と言われています。

エステサロンでも施術を受けることができますし、整体サロンやリラクゼーションサロンでも受けることができます。ぜひ一度、リンパドレナージュの効果を実感してみてくださいね。

[4]自宅でできる!リンパドレナージュのやり方

自宅でも気軽にできるリンパドレナージュです。リンパ管は体中に張り巡らされており、リンパ節に老廃物を流し込むイメージで行いましょう。

強くもむのではなく、皮膚をゆっくり優しくなでるように行いましょう。ゆっくりと呼吸を行いながら、1回約1秒程度で、円を描くようにしながら行いましょう。

リンパドレナージュでダイエット!?リンパドレナージュの効果と自宅でできる方法

身体にあるリンパ節の場所

  • 鎖骨(鎖骨の胸よりも首側にあるクボミ)
  • 鎖骨から上にあるリンパは、鎖骨のデコルテ部分にあるリンパ節に流します。首筋や肩のリンパは、なでながらデコルテのリンパ節に流すようにしましょう。

  • ワキの下(左右のワキの下にあるクボミ)
  • ワキからへその部分まであるリンパはワキの付け根の部分にあるリンパ節に流します。お腹周りや背中、また二の腕も全てワキの下に流します。

    また、ひじから下のリンパに関しては、一度ひじのリンパ節に流しておきます。その後で、ワキのリンパ節にまでなでるように流してください。

  • 足の付け根(左右の脚の付け根にある部分で、血管がトクトク動くのを感じる部分)

へそから膝までのリンパは、太ももの付け根部分の鼠径部(そけいぶ)のリンパ節に流します。膝から足先までのリンパは、腕と同様に一度膝裏にあるリンパ節に流してから、鼠径部のリンパ節に流してくださいね。

[5]リンパドレナージュの注意点

リンパドレナージュは、マッサージと比べても痛みがなく、優しいタッチで行われるものなので、リスクは低いと言われています。

しかし、現在病院で治療を行っている人や血液中に血栓が多いと診断されている人に対しては、施術を行うことで症状を悪化させる危険もあるため控えた方がいいでしょう。

[6]リンパドレナージュの資格を取得しよう

最近では女性を中心に、リンパドレナージュの資格を取得してセラピストとして活躍する女性も多くいます。美容系や癒し系の資格の中でも人気が高く、知識を持っていることで家族の健康維持にも生かすことができます。

リンパドレナージュの資格が人気の理由

1.受講しやすさ
リンパドレナージュの資格を取得するために、通学して学ぶか、通信で学ぶか選ぶことができます。自分のスケジュールや都合に合わせて学ぶことができるので、敷居は低いといえるでしょう。また、認定試験も自宅で受講することができることも人気の1つです。

2.資格を活かせる職場が多い


リンパドレナージュの資格を取得した後は、自宅でプチサロンを開業することもできますし、エステサロンやリラクゼーションサロン、また医療施設や介護施設でも活躍することができます。

3.ニーズがある
リンパドレナージュは、まだまだニーズに対して供給が追いついていません。リンパドレナージュを取り入れたい企業や経営者は多いのですが、知識のある人や資格を持った人が足りない状況なのです。

また、今後は介護施設なのでのニーズも多くありますし、仕事で疲れている人を癒す手段としても重要視されています。

資格取得後の就職先

リンパドレナージュの資格は、民間資格しか取得できないものであり、医師や看護師などの国家資格ではないため、医療目的とした場合の法整備や、リンパドレナージュとしての認識も低いのが現状です。

そのため、多くの場合は美容目的や健康目的のサロンが就職先となります。エステサロンやリラクゼーションサロン、スパ施設、整体サロンといったリラクゼーションを提供する場所が主な就職先となるでしょう。

現在では、「リンパドレナージュ」といった言葉が幅広く認知されるようになり、施術を求めている人も多くなりました。そのため、正しい知識や技術をもった人の採用も積極的に行っているサロンも多いのです。

[7]優しいリンパドレナージュで心も身体もほぐそう

リンパドレナージュでダイエット!?リンパドレナージュの効果と自宅でできる方法

マッサージやセルライトケアなど、施術を伴う美容法は、痛さも感じることがありましたよね。しかし、リンパドレナージュは優しくなでるだけでリンパの流れを改善することができ、心にも身体にも良い影響を与えるものです。

皮膚をなでるだけなので、自宅でも簡単にできるところがいいですよね。リンパドレナージュは道具も必要なく、すぐにでも始めることができますし、慣れてくると1分程でできるようになります。できるなら、1日1回行うようにしましょう。

それだけで、むくみやたるみが改善したり美肌効果もアップします。ぜひお風呂上がりなど時間を見つけて、リンパドレナージュを行ってみてくださいね。

関連するキーワード