勘違いも多いセルライトの潰し方!正しいマッサージ方法と予防対策で凹凸レスのなめらか肌へ

美ボディの天敵でもあるセルライト。お風呂上りに鏡でボディラインチェックしていたら肌にボコボコとしたものが…。なんていうことありませんか?セルライトをみつけたら潰したい!と思っても正しい方法で行わないと内出血などを伴います。「前はなかったのに何でセルライトが突然現れたの?」と疑問に思う方もいるでしょう。セルライトはなぜできてしまうのでしょうか?また、正しい方法で潰すことはできるのでしょうか?日々のケアはどんなものが必要なのでしょうか?

セルライトの正しい潰し方って?

2018年05月10日更新

ボディケア

Risa

  • fb
  •  
  • line

[1]セルライトって何?

セルライトの正しい潰し方って?
セルライトとは、脂肪細胞が凸凹と皮膚に出ている状態です。セルライトはただの脂肪ではありません。脂肪と同じように構成されているものですが、そこに老廃物を巻き込んでいるものです。

老廃物と脂肪の塊

ただ脂肪をため込んでいるだけではセルライトにはなりません。血流の流れやリンパの流れがf滞り、老廃物と脂肪の塊がセルライトになります。特に血流の流れやリンパの流れが大きく左右される、お腹周りや太ももなどの下半身に現れやすいのです。硬くなっている脂肪なので無理に潰そうとすると脂肪細胞や毛細血管を傷つけてしまうのです。

[2]4種類もある?種類別セルライト

セルライトの正しい潰し方って?
セルライトと言っても実はいくつか種類があります。種類によっても原因が異なっていたり、また人によっては複数の原因が重なって発生していたりします。

脂肪型セルライト

運動不足や栄養バランスの乱れなどが原因で発生する脂肪により、血流の流れやリンパの流れが滞り老廃物が脂肪細胞の中で蓄積されてしまい発生するセルライトです。「今まで行っていた定期的な運動をしなくなったことで太ってしまった」などの理由で発生するのもこの脂肪型セルライトです。

セルライトの中でも全体の50%を占めると言われています。身体の脂肪量を減らすことで解消することができるため、定期的な運動や生活改善で撃退することのできるセルライトです。

むくみ型セルライト

むくみやすい体質や冷え性などを抱えている人に多く起こりやすいむくみ型セルライトは、女性に多くみられます。脂肪の周りに水分が溜まってしまうことで、皮膚にボコボコとしたセルライトとして現れます。

全体の約35~40%を占めるセルライトで、むくみとともに発生することが多いため、代謝を高めてリンパの流れを活性化することで、老廃物と一緒にセルライトを流すことができます。マッサージなどがとても効果的です。

筋肉型セルライト

身体を鍛えていたが突然鍛えるのをやめたりすることで、急激に筋力が低下してしまうことで発生するセルライトです。セルライトの中でも稀で、できてしまうと除去するのがとても難しく自宅でのケア平行してにエステサロンなどでのケアを併用して長い時間をかけ解消していくことで、目立ちにくくできます。

線維化型セルライト

脂肪間の周りのコラーゲン繊維が沈着してしまい、ボコボコと現れるセルライトのことです。強く固まっているのが特徴で他のセルライトに比べて、ボコボコとした感じが強く出ています。マッサージや生活習慣の改善では解消が難しく、エステサロンや美容クリニックでの専門機器で解消する必要があります。

[3]セルライトができる大きな原因はむくみ?

セルライトの正しい潰し方って?
セルライトは主にむくみが原因で発生します。セルライトが下半身に発生しやすいのは、心臓から遠い場所にあり、身体を支えるためむくみやすく老廃物も溜まりやすいためです。むくみを引き起こす原因でもある血流が悪くなることもセルライトの原因です。

血流が悪くなる

むくみが発生すると、余分な水分が身体の中に溜まり血流を妨げてしまいます。血行が悪くなることで体内の血流循環が悪くなり、脂肪細胞のまわりに老廃物が溜まりセルライトが発生してしまうのです。

老廃物が溜まる

老廃物とむくみは大きな関りがあります。老廃物を体内へ除去する役割を持つリンパに、老廃物が溜まってしまうことで血液の循環を妨げてむくんでしまいます。

汗をかきにくくなったり、同じ体勢でいることでリンパの流れが滞ってしまうため定期的な運動で身体を動かすことが大切です。また、むくみ対策のためにリンパマッサージを行い、リンパの流れを活発化させることも予防の一つにつながります。

[4]セルライトの潰し方って?

セルライトは無理に潰そうとすると肌を傷めたり内出血を起こしてしまったりしてしまいます。無理に潰すのではなくマッサージするようなイメージで、セルライトを潰していくことが大切です。

潰すのではなく老廃物を流すマッサージ

セルライトの正しい潰し方って?
セルライトを潰すことを意識するのではなく、老廃物を流すようにマッサージを行うことでがセルライト除去に効果的です。

特にむくみ型セルライトは、老廃物の流れを促すマッサージを行うことでセルライトだけではなく、滞ってしまった不要な水分も一緒に流すことができます。リンパの流れを意識しながら、老廃物を流すように手を使いマッサージを定期的に行うことでセルライトを除去するだけでなく、予防を行うことができます。

オイルやクリームを付けて滑りを良くして行う

セルライトを潰すマッサージを行う時には、ボディオイルやボディクリームを使うことで肌への摩擦を弱め負担を減らします。そのまま何もつけずに行うと摩擦や引っ張られる力で、毛細血管を傷めて内出血を引き起こす原因になります。十分に滑りをよくしてから適度な力でマッサージを行いましょう。

お風呂でマッサージ

白井ゆかりさん(@yukarishirai)がシェアした投稿


 
ボディクリームやボディオイルでお風呂上りにマッサージを行うことでも、充分効果を得ることができますが。お風呂に入って血行が良くなり身体が温まった状態でマッサージを行うとより効果を発揮します。

特に、脂肪型セルライト・むくみ型セルライトには効果的で、ボディクリームなどで滑りをよくした状態で行うとよいでしょう。お風呂でのマッサージは同時にむくみ予防効果もあるため、むくみやすかったり冷え性などがある方にはおすすめです。

どのマッサージにも共通していえることは、リンパの流れにそって心臓に向かってマッサージを行うことです。むくみの大きな原因は、リンパの流れが滞ってしまうことです。自分が痛くないなと思う程度の力で行わないと、翌朝あざになってしまったりするため力加減は十分注意してセルライトを潰すマッサージを行いましょう。

[5]セルライトは習慣で予防できる!

セルライトの正しい潰し方って?
セルライトを予防することは、日常生活を気を付けることが大切です。「セルライトができてしまった!」と焦って無理に潰してしまっては、肌を傷めてしまいます。自分のセルライトのタイプを知って、原因を見つけることでセルライトを解消する一つの糸口になります。自分のセルライトをタイプを知って、セルライトのない綺麗なボディに近づきましょう。

関連するキーワード