恋活に疲れた時にするべき5つの対処法!自分らしく恋愛を楽しもう

新しい恋愛を始めるきっかけとして「恋活」があります。しかし、なかなかうまく行かず、楽しい恋愛をスタートさせる前に恋活に疲れてしまうことも…。恋活に疲れてしまう原因や、疲れてしまった時の対処法をご紹介します。

恋活に疲れた、そんな時は?

2018年03月15日更新

ライフスタイル

Risa

  • fb
  •  
  • line

[1] 恋活って?婚活とは違う?

就活から始まって、最近では婚活や終活などの言葉が使われるようになってきました。そして「恋活」という言葉も聞いたことがあるのではないでしょうか?20代や30代の社会人は仕事や趣味に忙しく、新しい出会いや恋愛をする機会が減っているとされています。そういった方たちが新しい恋愛を始めたり、新しい恋人を見つけたりするための活動を「恋活」と呼びます。

婚活と同じように思われる方もいるかもしれませんが、婚活は結婚を前提とした付き合いを目的としています。恋活から恋人に発展し、将来結婚することもあるかもしれませんが、あくまで恋人や恋愛関係を目的としています。

恋活は婚活ほど将来を見据えたものではないですが、新しい恋愛をするいい機会となっています。恋愛をしている人はキレイになったり、素敵に思えたりしますよね。好きな人を想うときめきや、好きな人と過ごす特別な時間は、人生をより豊かにしてくれます。恋活によって新しい恋愛を始められるきっかけとなるなら、とても良いことですよね。

[2] 恋活に疲れてしまうこともある?

新しい恋愛を始めるために恋活を始めてみても、うまくいかず、疲れてしまうこともあります。それではなぜ疲れてしまうのでしょうか?まずは疲れてしまう原因を考えてみましょう。

疲れてしまう原因は?

恋活に疲れてしまう原因は人によって様々ですが、いくつか代表的な原因をご紹介します。当てはまるものがあるかどうか、自分自身についてしっかり考えてみて下さい。

  • 恋人を作ることに焦っている
  • 恋活を始めたからといって、すぐに恋人ができるとは限りません。早く恋人を作りたくて焦ってしまうと、空回りしてうまくいかなかったりと、逆効果になってしまうこともあります。

    また、うまくいかないと自分のことを否定されているような気分にもなってしまい、余計にストレスを感じて疲れてしまう原因にもなります。

  • 良い自分を演じすぎてしまう
  • @fromparistosingaporeがシェアした投稿

     
    相手に嫌われたくない、良く思われたいと思うのは、誰にでも起こる自然な感情です。恋活でも異性に対して良く思われたいために、良い自分を演じることもあるでしょうが、必要以上に素の自分を隠していませんか?

    相手の理想に合わせて必要以上に良い自分を演じすぎてしまうのは、ストレスを溜め込んでしまいます。相手に合わせすぎて素の自分をなかなか出すことができない人は、疲れてしまいやすいのではないでしょうか?

  • 会話の主導権がほとんど相手にある
  • 実は会話の主導権のほとんどが相手にある場合も、恋活が疲れてしまう原因になります。恋活では初めて知り合う人たちばかりですから、どうしても初対面ではお互いに質問が多くなってしまいます。

    会話の主導権のほとんどが相手にあると、質問攻めにあってしまい、質問に答えていくばかりで疲れてしまいます。会話のペースが相手中心になっていると、相手の話ばかり聞くことにも繋がります。その話がお互い興味あれば良いのですが、あまり興味のない話の場合は少し辛く感じることもあり、疲れてしまうこともあります。

  • 時間をかけすぎてしまう
  •  
    仕事終わりや休日など、空いている時間を恋活のための時間に充て過ぎてしまうのも、恋活に疲れてしまう原因の一つです。恋活パーティーや合コンの参加、参加に向けての美容院やネイルサロン、知り合った男性との連絡のやり取りやデートなど、隙間なく予定を詰めていませんか?

    恋活のために励むのはもちろん素晴らしいですが、ゆっくり休む時間や自分が楽しめる趣味の時間を削ってしまうと、肉体的にも精神的にも疲れてしまいます。

  • 実際に会ってみると印象が変わった
  • 最近ではアプリやマッチングサイトなど、ネットを活用した出会いの形も多くあります。ネット上でのやり取りでは良い印象でも、実際に会ってみたら写真とは違う見た目だったり、会話が弾まなかったり、印象が変わって進展を望まなくなることもあります。こういったことがあると気持ちも沈み、疲れてしまうこともあります。

[3] 疲れた時はどうしたらいい?恋活に疲れた時の対処法

Ta_kiさん(@tantakatan36)がシェアした投稿

 
恋活に疲れてしまう原因は人によって様々ですが、疲れてしまった場合はどうしたらいいでしょうか?対処法をいくつかご紹介しますので、参考にしてみて下さい。

過去を振り返ってみる

恋活に疲れた時、まずは過去を振り返ってみましょう。今までどういう人と付き合って、結果的にどうして別れてしまったのか、少し冷静に考えてみることで、これからどういう人がいいのかなど、相手を選ぶ基準がある程度明確になります。

また、付き合った人との関係だけではなく、過去にアプローチしてくれたのに選ばなかった理由なども、自分の中での相手を選ぶ基準に関係していますので、振り返ってみましょう。

漠然とたくさんの人と出会ったりしても疲れてしまいますので、自分の中での基準を明確にすることで、自分と合いそうな人との出会いを増やすことができるのではないでしょうか?

異性に求める条件を見直してみる

 
なかなか条件にピッタリ当てはまる人に巡り合えない場合は、条件を少し見直してみましょう。条件が多すぎたり、理想が高すぎると、当てはまる人に出会える確率は低くなってしまいます。

そうなると、恋活がうまくいっていないと思ってしまい、うまくいかないストレスから疲れてしまいます。恋活は婚活ではないですから、少し条件を見直すことで出会える機会が増えていく可能性があります。

友達から恋愛関係に発展していくこともあるので、あまり肩肘張らない方が楽しく恋活を進めていけることもあるのではないでしょうか?

自分に合わないと思ったら次に行く

知り合った男性と話をしていて、なんだか自分に合わないと思ったら、その男性との関係は続けずに他の男性のところへ行きましょう。自分に合わないと感じながら、相手に合わせていてもお互いに成果のないままの恋活になってしまいます。

もちろん相手の方にも失礼ですし、自分のストレスにも繋がります。効率よく恋活を進めることで、恋活に疲れを感じることも少なくできます。

恋愛ものの映画やマンガを見てみる

@mangaelementsがシェアした投稿

 
恋活に疲れた時、恋愛がテーマの映画やマンガを見ることで恋愛に対してポジティブな気持ちを持てることもあります。「あんな恋をしてみたい」「こんな言葉を言われたい」など思うことで、また恋活も頑張ろうと思う気持ちも出てくるのではないでしょうか。

趣味にも時間を充てる

 
恋活に限ったことではありませんが、疲れた時は自分の好きなことをするのが一番のストレス解消になります。恋活を頑張っていると、合コンや恋活パーティーに参加したり、出会った男性との連絡やデートなどで忙しくなってしまい、なかなか自分のための時間を取ることが難しくなってしまいます。自分の好きなことをする時間が持てないとストレスにもなりますし、疲れてしまいます。

恋活の予定をあまり詰め過ぎずに、自分の趣味にも時間を充てて、自分に合ったペースで恋活を進めていくことをおすすめします。あまりにも疲れた場合は、思い切って恋活を一旦お休みしてしっかりリフレッシュしましょう。疲れたまま続けていても、いい結果が得られることは少ないのではないでしょうか?恋愛以外のものにも目を向けて、自分磨きや気分転換など、まずは自分を大切してみて下さい。

[4] 自分のことも大切にして、恋活を楽しもう

市川瑞貴さん(@mzk.osm)がシェアした投稿

 
恋活は新しい恋愛をスタートさせるきっかけ作りです。恋人を作ることに焦ってしまったり、恋活のために時間を使い過ぎてしまうと、恋活に疲れてしまう原因にもなります。

また、ネット上でやり取りをしている時と会った時では印象が違ったり、会話の主導権のほとんどが相手にある場合なども疲れてしまうことがあります。自分の生活スタイルに合わせて無理のない範囲で恋活をして、新しい出会いを楽しみながら活動していきましょう。

関連するキーワード