豆乳は美肌に良いってほんと?その注目すべき成分や女性に嬉しい美容効果についてのご紹介

以前から「女性にとってうれしい効果が沢山詰まっている!」と話題の豆乳ですが、美肌効果も注目されています。「豆乳はちょっと苦手…」「今まであんまり飲む機会がなかったな…」そう感じる方も、豆乳を手にするきっかけになるはずです。そんな豆乳の効果を最大限に引き出すには、どのような摂取の仕方がいいのでしょうか?豆乳の種類や注目すべき効果とはどのような成分なのでしょうか?豆乳の効果を正しく理解して、美容・健康効果を高めませんか?

女性の味方!美肌効果など満載の豆乳って?

2018年04月02日更新

スキンケア

Yuiko

  • fb
  •  
  • line

[1]豆乳の種類や注目すべき成分

豆乳はダイエットやバストアップ等“イソフラボン”の働きによって、女性らしさをアップすることができると近年話題です。その他にも、美肌効果・便秘改善効果・生理痛緩和効果・更年期対策などたくさんの効果があります。

そんなうれしい効果をたくさん含む豆乳には、様々な種類があります。それぞれ種類によって効果は異なりますが基本的な効果は一緒です。近年では飲みやすく改良されたフレーバー豆乳なども見かけますね。

一般的に販売されている豆乳とはどのような種類があるのでしょうか?

女性の味方!美肌効果など満載の豆乳って?

豆乳の種類について

スーパーなどの量販店でも気軽に購入することのできる豆乳ですが、豆乳には種類があるのはご存知ですか?一般的に市販されている豆乳は、無調整豆乳・調整豆乳・豆乳飲料の3種類に分けられています。

この3つの違いは、味付けと大豆固形の量で分けられているのです。大豆の成分量なども違いがあるため、豆乳の種類を知ることは自分に合った豆乳を見つけるきっかけにもつながりますね。

  • 無調整豆乳
  • 大豆固形分8%以上で作られており、大豆と水のみを使っています。大豆特有の味と風味が濃いのが特徴的な無調整豆乳です。大豆由来の栄養素も一番多く含まれている、大豆の絞り汁のような濃厚な豆乳です。

    豆乳のなかでも、無調整豆乳は大豆独特の風味も強いため、初心者にはあまりおすすめではありません。

  • 調整豆乳
  • 無調整豆乳より飲みやすく、大豆固形分6%以上で大豆と水以外にカルシウムや砂糖も加えられて作られているのが調整豆乳です。無調整豆乳よりも大豆成分は少ないため、大豆独特の風味が抑えられて飲みやすいのが特徴です。無調整豆乳に比べて少し甘みを感じることができます。

  • 豆乳飲料
  • 一般的に、フレーバー豆乳と呼ばれているのが豆乳飲料です。大豆固形分4%以上で果汁が入っていない物・大豆固形分2%以上で果汁が入っているものなどを指します。

    大豆独特の臭みが抑えられており、果汁やフレーバーなどが加えられていることで豆乳が苦手な方でも飲みやすくなっているのです。豆乳の中でも最も飲みやすいものです。豆乳初心者や、大豆の風味が苦手な方におすすめの豆乳です。

女性の味方!美肌効果など満載の豆乳って?

豆乳に含まれる成分

豆乳は大豆から出来ているため、大豆の成分に由来しています。大豆は“畑の肉”と呼ばれるほど沢山の栄養素を含んでおり、植物性タンパク質が非常に豊富で優秀です。特に、体内で合成することが出来ない必須アミノ酸も沢山含んでいます。

その他にも、美容や健康維持に必要な栄養素を含んでいるのが豆乳なのです。

  • 大豆イソフラボン
  • ポリフェノールの一種である“イソフラボン”は、女性ホルモンと似た働きをすることでも有名です。

    女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをしてくれるイソフラボンは、女性らしい身体を作る手助けをしたり、更年期障害・月経前症候群の緩和・バストアップ効果・骨粗しょう症予防効果など沢山の効果が期待できると言われています。

    また、美肌効果があることが知られており、肌の弾力やコラーゲンの生成を促して潤いのある美肌を生み出してくれるのです。

  • ビタミンB
  • 肌の新陳代謝を促してくれるビタミンBは、疲労改善効果・皮膚や粘膜の健康維持などに働きかける栄養素です。ビタミンBは、ハリのある肌へ導いてくれるため美肌を目指す方には欠かすことのできない栄養素なのです。

  • ビタミンE
  • 血行を促進し、肌のくすみを改善してくれるビタミンEは肌トラブルを改善する働きもあります。年齢を重ねるごとに肌トラブルに悩むことが多くなると思いますが、そんな肌トラブルを解消してくれる一つの栄養素がビタミンEなのです。

  • サポニン
  • 保湿効果を高めて、シミ・しわ・ニキビなどの肌トラブルを解消してくれる働きを持つサポニンは肥満予防・糖尿病予防などの健康維持効果も高いのが特徴です。

    これらの栄養素をバランスよく含む豆乳を摂取することは、美肌や健康維持効果に大きく作用します。特に、女性特有の悩みも解消に導いてくれるため美を維持したい女性にはおすすめの飲み物ですね。

[2]豆乳を飲むメリットって?

豆乳には美容効果・健康維持効果の他にもたくさんのメリットがあります。料理などでも幅広く使うことのできる豆乳は、加熱することで独特の風味を感じずに食すことができるため、豆乳スープや豆乳鍋などで美味しく豆乳を摂取することもできますね。

その他にも、豆乳にはたくさんのメリットがあります。

牛乳アレルギーでも飲むことができる

豆乳は大豆から作られているため、牛乳アレルギーをお持ちの方でも飲むことができます。また牛乳が苦手と感じる方も、豆乳なら飲める方もいるかもしれませんね。

お腹が弱い方にも豆乳はおすすめです。牛乳に含まれる乳糖を分解する必要がないため、豆乳は、牛乳に比べて吸収面でも優れており「牛乳を飲むとお腹が緩くなる」と感じる方にもおすすめです。

料理に入れれば食べやすい

ちょっと豆乳だけだと大豆の風味が気になって、食べにくいな…。そう感じる方におすすめなのが「豆乳鍋」「豆乳スープ」など料理として豆乳を使うことで、そのまま飲むよりも食べやすくなります。

加熱しても栄養素はさほど大きく変わらないため、飲み物としての豆乳に抵抗がある方は、コンソメなどと混ぜてスープにしたりだし汁を加えることで飲みやすくなります。

レパートリーがたくさんある

豆乳は、飲み物としてそのまま飲むことも出来ますが料理に取り入れたり牛乳の代わりにコーヒーに入れて“ソイラテ”などとして飲むことも出来ます。「そのままじゃ少し飲みにくいな」と感じる方には、紅茶やコーヒーに入れて飲むこともおすすめです。

意外と幅広く使えることが出来る豆乳は、ドリンクとしても料理としてもおすすめです。市販で販売されている豆乳もバラエティー豊富なため、毎日違うフレーバーを楽しむことができますよ。

[3]豆乳は美肌作りにおすすめ

豆乳には大豆イソフラボン・ビタミン・サポニンなどの沢山の栄養素が含まれています。これらの栄養素は美肌作りにとてもいい影響を与えてくれます。カロリーも少なく、ダイエット中でも飲みやすいのが魅力的です。

潤いやハリを与えてくれる豆乳ですが、どのように美肌作りに効果を発揮してくれるのでしょうか?

女性の味方!美肌効果など満載の豆乳って?

大豆イソフラボンが働き美肌に導く

大豆イソフラボンは、美肌に導く働きを持ちますが、それは大豆イソフラボンが女性ホルモン(エストロゲン)と同じような働きをするからなのです。大豆イソフラボンは、ホルモンバランスを整えてうるおいやハリを与えてくれます。

大豆イソフラボンの働きとして、コラーゲンの生成をサポートする効果があり、加齢とともに乾燥しがちな肌に潤いを与えてくれるため、エイジングケアとして取り入れることもおすすめです。

その他にも、過剰な皮脂の分泌も抑える効果があります。過剰な皮脂の分泌を抑えることで、肌環境も整えることが出来ますね。

美白効果

豆乳に含まれるサポニンは、免疫力を高める効果や高い抗酸化作用を持ちます。大豆に含まれるサポニンの抗酸化作用はとても強く、外部から刺激を受けた時などに生じる活性酸素の働きを抑えてくれる働きを持っています。

そのため肌表面の皮脂の酸化を防ぎ、メラニンの過脂化を抑える効果も持つため、美白効果が期待できます。メラニンが生成されると肌はシミやそばかすができやすくなります。サポニンはシミやそばかすの深い色素沈着を抑えて美肌を維持する効果が期待できます。

鉄分が豊富

豆乳には牛乳には含まれていない鉄分も豊富に含まれています。鉄分不足は貧血を招いたり、肌がくすんだりと美容にも大きく影響します。貧血とは血液中のヘモグロビンが減少した状態のことを指しますが、鉄分はヘモグロビンを作る一つの大事な栄養素です。

鉄分を補うことは、美肌を保つ上でもとても大切なのです。

[4]その他にもある!女性に嬉しい豆乳の効果

「便通が悪い…」「生理痛が重くて毎回辛い…」女性ならではの悩みも解消に導いてくれるのが豆乳です。様々な嬉しい効果をもたらしてくれる豆乳のその他の効果とはどのようなものなのでしょうか?

女性の味方!美肌効果など満載の豆乳って?

便秘改善効果

豆乳に含まれるオリゴ糖が腸内環境を整える手助けをしてくれます。腸内の環境を整えるビフィズス菌のエサとなるのがオリゴ糖です。

ビフィズス菌には、腸内環境を整えて排便を促す働きがあり、オリゴ糖を含む豆乳を摂取するということは、腸内のビフィズス菌を増やす手助けをすることになるため、便秘改善効果を期待することができるのです。

腸内環境を整えることは、身体の毒素を外に排出しやすくし、美肌を作ることにもつながりますよ。

生理痛の緩和

豆乳に含まれる大豆イソフラボンには女性ホルモン(エストロゲン)と似た働きをするため生理痛を緩和する効果を持ちます。生理痛を引き起こす原因は、ホルモンバランスが崩れることです。そのため、生理痛が重くなってしまったりするのです。

生理痛を緩和するには、排卵後に急激に減少するエストロゲンの分泌を補うことが必要になってきますが、豆乳を摂取することで大豆イソフラボンを摂取でき、エストロゲンの働きを手助けすることで生理痛を緩和させることができるのです。

バストアップ効果

女性らしくハリのあるバストを保つには、女性ホルモンの働きが必要です。女性ホルモンであるエストロゲンには、胸のハリを保ち美しいバストラインを形成する働きがあります。

大豆イソフラボンはエストロゲンと似た働きをしてくれること、豆乳を摂取することでバストアップ効果が期待できるのです。 バストアップ効果のほかにも、新陳代謝を促して女性らしい体つきと若々しさを保つことも期待できます。

[5]豆乳を飲む際に注意すべきこと

女性にとって嬉しい効果が沢山詰まっている豆乳ですが、摂取中で注意しなければならないところもあります。大豆イソフラボンは女性ホルモン(エストロゲン)のような働きがありますが、過剰に摂取することで乳がんや子宮がんのリスクを高めてしまう恐れがあります。

過剰摂取は、ホルモンバランスを崩したり更年期障害のような症状を引き起こしてしまう恐れがあります。適度に摂取するにはどのくらいを目安に摂取するとよいのでしょうか?

女性の味方!美肌効果など満載の豆乳って?

豆乳の摂取量って?

成人女性の1日に摂取してよいイソフラボンの量の目安は70~75mgです。200mlのものを1~2本又は、200~400ml位程度を目安とすると良いでしょう。摂取量の目安は豆乳の量ではなく、イソフラボンの量で決まります。

無調整豆乳・調整豆乳・豆乳飲料などの種類によっても変わってくるため、飲む前には成分表を必ず確認することをおすすめします。妊娠中の方に対してのイソフラボンの摂取量は明らかになっていないため、ホルモンバランスが変わっている妊娠中は特に注意が必要ですね。

即効性は望めない

豆乳の効果を実感するには、毎日かかさず継続して飲むことがとても大切です。豆乳には嬉しい効果が沢山ありますが、薬とは違うため飲み始めてすぐに効果を実感することはできません。

「豆乳の効果を早く実感したい!」と感じても結果はすぐに出ませんが、毎日摂取することで確実に身体へ働きかけてくれます。豆乳の効果を最大限に引き出すには、毎日地道に摂取することがとても大切です。

[6]豆乳を飲んで女性らしさをアップ!

豆乳は毎日継続的に飲むことが大切です。過剰摂取には充分に気を付けて、豆乳の効果を最大限に引き出し美肌・健康維持を目指したいですね。豆乳は料理の幅も広いため、飲みやすいものを見つけたり料理に工夫して入れることでおいしく摂取できます。豆乳を飲んで、今よりもっと女性らしさをアップしてみてはいかがでしょうか?

関連するキーワード