シミ対策用人気化粧品ランキング12選!セルフケアで美肌を手に入れよう

しっかりケアしていたつもりなのに…出来てしまった「シミ」。「シミに効く化粧品は色々あるけど、どれが私に合ってるの?」と迷ってしまいますよね。シミには種類があり、対策や改善方法が違うということを知っていましたか?今回は「本気でシミ対策をしたい!」という方に、改善方法や化粧品を選ぶ時のポイント、効果的で口コミ評価の高い化粧品をご紹介します!

シミ対策用人気化粧品ランキング12選!セルフケアで美肌を手に入れよう

2017年12月05日更新

スキンケア

Risa

  • fb
  •  
  • line

[1]実は間違ってた!?シミ対策の基本

しっかりケアしていたはずなのに、気付けばいつの間にか増えてしまった「シミ・そばかす」。ここでは、シミが出来る原因や正しいシミ対策、シミに効く化粧品の成分について詳しく紹介していきますね。

シミ対策用人気化粧品ランキング12選!セルフケアで美肌を手に入れよう

どうしてシミが出来るの?

本気でシミを予防するなら、まずは「どうしてシミが出来るのか」を理解することが大切です。シミが出来るメカニズムを知って、予防対策が出来ていればシミに悩まずに済むかもしれません。まずは、シミを作らないお肌の環境を整えるために、何が大切なのか知っておきましょう。

  • 紫外線
  • シミが出来る原因の8割位は紫外線と言われています。私たちの肌は、紫外線を浴びるとメラニンを生成します。お肌が正常な状態であっても、メラニンが過剰分泌されるとシミが出来てしまうのです。誰でも紫外線を浴び続けています。

    シミが出来るのは「海に行って日焼けした!」という1〜2日の話ではなく、長年に渡る日々の蓄積が原因なのです。ですから、以前浴びて蓄積された紫外線の対策を今になって防ぐということは出来ないのです。まずは、直射日光を避け、外出時は日焼け止めを塗る等して紫外線からお肌を守るように心掛けましょう。

  • 加齢
  • シミは30代までは出てこないとされています。シミが出てくるのには色々な原因がありますが、「加齢」もその1つと言われています。理由は、年齢と共に「新陳代謝」が衰えてくるためです。新陳代謝の働きが鈍くなると、ターンオーバーが遅れてしまい、メラニン排出が上手くできずに、メラニン色素の生成が優先されてしまうのです。

    加齢によるシミ対策はとても難しいと言われますが、大切なことはシミを取るスキンケアだけではなく、お肌の潤いや若々しさを保つためのスキンケアが大切になっています。そのためにも、生活習慣を見直し、「しっかりとした睡眠」を取り「肌に負担のかからない基礎化粧品を使う」ことが理想的といえます。

  • ストレス
  • お肌に良くないとされるストレスですが、ストレスによってシミが出来てしまう人が意外と多いということをご存知でしょうか?ストレスが溜まるとホルモンのバランスが崩れたり、お肌のターンオーバー乱してしまうのです。

    お肌の異常に敏感なのが、蓄積されたシミです。ストレスを溜めた状態のお肌は、シミや吹き出物が目立った状態になりがちです。疲れやストレスは知らず知らずに溜まっていますので、意識して発散・解消するようにしましょう。

  • 自律神経の乱れ
  • 先にお伝えした通り、シミが出来る原因の1つにストレスがあります。そして、ストレスは自律神経に乱れを与えます。身体の中で自律神経はとても繊細で大切な部分です。ですから、自律神経が乱れると、お肌のコンディションにも影響を及ぼします。落ち込むことがあったり、夜に眠れない時は自律神経の状態に異常をきたしている可能性があります。

    もし、自立神経の乱れによってシミが出てきていたとしたら、頑張ってケアをしていてもシミを直すことは出来ません。自律神経は自分で元の状態に戻すことは出来ませんので、病院で医師に診てもらうのが良いでしょう。

  • 食べ物
  • お肌をキレイに保つためには食生活がとても大切です。パセリやレモン等の柑橘系を食べるとシミが出来やすい体質になるという報告もあります。この場合、食べるからシミになるのではなく、レモン等に含まれるソラレンという成分が、光毒性をもつためであり、日光に反応しシミになってしまうのです。過剰に摂取するのが良くないということであって、食べたらいけないという訳ではありません。栄養やバランス・量を気にしながら適量を摂取するように気をつけましょう。

出来てしまったシミの対処法

「あれ?こんな所にシミ!!!」「しっかりケアしていたはずなのに…」ある日突然現れるシミに驚いた方も多いのではないでしょうか?ファンデーションやコンシーラー等で隠す人もいますが、厚塗りをしてシミを隠しても余計目立ってしまったり、肌が汚く見えてしまいあまりおすすめは出来ません。

シミ対策用人気化粧品ランキング12選!セルフケアで美肌を手に入れよう

ここでは、出来てしまったシミを根元から取り除くために、効果が期待出来る方法をご紹介します!

  • 自宅でシミを消す
  • シミを見つけたら、まずは自宅セルフケアでなんとかしたいものです。ですが、基本的には化粧品でシミを消すことは出来ません。よく誤解されているのが「美白化粧品を使えばシミは消える」ということです。一般的に売られている美白化粧品に含まれる成分には、「ビタミンC誘導体」や「アルプチン」等があります。これらの成分には、シミの生成を防ぐ効果は期待出来ますが、「出来てしまったシミを消す」という効果はほとんどありません。

    しかしながら、出来てしまったシミを消す効果が期待出来る化粧品がいくつか存在します。その中に含まれる有効成分として「ハイドロキノン」があります。ハイドロキノンは色素自体を分解して、無色化する漂白効果をもっているのです。強い作用があるため、以前は医師の管理下で無ければ使用できませんでしたが、2001年の薬事法の規則が緩和されたことにより、化粧品にも使用可能になりました。

    出来てしまったシミをセルフケアで改善したいという方は、ハイドロキノンが含まれた薬品を医師に処方してもらうか、ハイドロキノンが含まれた化粧品を使用するのことをおすすめします。

  • クリニックでシミを消す
  • 先に自宅セルフケアでシミを消す方法をご紹介しましたが、濃いシミの場合は、薄く出来たとしても完全に消し去ることは難しいとされています。そのため、はっきりと濃いシミを消すのには皮膚科等でのレーザー治療をおすすめします。レーザー治療は、シミを焼失させますので、濃いシミでも数回で改良することが出来ます。

    簡単なシミ消しの場合は、1回数分の治療で終わるので、すぐにシミを消したい人に最適です。施術の際は、肌を焼くわけですから多少の痛みを感じることもあります。また、施術後は照射部分にかさぶたができ、剥がれるまでに1〜2週間はかかります。それに、かさぶたが取れた後は炎症後色素沈着が起こる恐れがあるため、日焼けをしないように注意する必要があります。

    ◎治療の料金
    「料金相場は1箇所につき3,000円〜5,000円程度」レーザー治療は保険適用外の自由検診となります。料金はクリニックによってさまざまですが、上記の通りそれほど高額ではありません。はっきりと濃いシミが出来てしまった場合や、短時間でシミを取り除きたいという方には、クリニックでのレーザー治療をおすすめします。

シミ対策化粧品にかかせない8つの成分

ここでは、しみ・そばかすを予防出来る美白成分を紹介していきます。しみ・そばかすを改善するための化粧品を選ぶ時は、配合されている成分をしっかり確認することが大切です。しみ・そばかすを予防するためには、「メラニンの生成を抑制する」ことが最重要となります。

シミ対策用人気化粧品ランキング12選!セルフケアで美肌を手に入れよう

メラニンを抑制出来る成分は次の2つがあります。「チロシンをメラニンに変える酵素のチロシナーゼを抑制するもの」「メラノサイトの活動を抑制するもの」です。それでは、それぞれの具体的な成分を確認していきましょう。

  • チロシナーゼを抑制する成分
  • <ビタミンC誘導体>
    壊れやすく肌に浸透しづらいビタミンCを、肌の奥まで吸収しやすくしたのがビタミンC誘導体です。肌の奥まで浸透するとビタミンCに変化してメラニンの生成を抑制してくれます。

    <アルプチン>
    黒色メラニンを作り出すチロシナーゼの働きを抑制してくれる成分です。肌の奥深くで、シミの元が作られないように働きかけるため、潜伏しているシミの成長を抑制出来し、効果的な予防が出来ます。

    <コウジ酸>
    味噌や日本酒等を作る時に使われる麹菌の成分で、チロシナーゼを抑制する効果があるため、メラニンが黒くなるのを防いだり、色素沈着を予防して肌に透明感を出してくれる効果があり、年齢が気になりだした肌にはとても強い見方です。

    <プラセンタ>
    馬や豚等の動物の胎盤から抽出されるもので、メラニンの生成を抑えてターンオーバーを促してくれます。栄養素が豊富で、とても美容効果が期待されている成分です。比較的、刺激が少ないので肌荒れがある人、敏感肌の人にも人気です。

    <リノール酸>
    体内で作ることが出来ない脂肪酸で、ベニバナ油から抽出されます。保湿作用が強く、角質から水分が蒸発してしまうのを防ぐ働きがあります。

  • メラノサイトの活動を抑制する成分
  • <トラネキサム酸>
    止血剤の成分として使われています。シミ・そばかす以外にも、ニキビ後や肝斑等にも効果を発揮します。また、抗炎症作用があるので、湿疹やじんましんの治療のために病院で処方される場合もあります。

  • メラニンを還元する成分
  • <ビタミンC誘導体>
    先にもお伝えしましたが、壊れやすく肌に浸透しづらいビタミンCを、肌の奥まで吸収しやすくした形の成分です。肌の奥まで浸透するとビタミンCに変化してメラニンの生成を抑制してくれます。出来てしまったメラニンを還元するので、シミ・そばかすに効果があり、コラーゲンを生成する働きもあるため、美肌になるためにはとても有効な成分と言えます。

    <ハイドロキノン>
    イチゴやコーヒー等に含まれる天然成分で、チロシナーゼの抑制とメラノサイトの抑制の両方に効果があります。とても強力な還元作用があるため、出来てしまったシミ・そばかすを消す(薄める)効果がありますし、使っていくうちに肌の透明感を実感していただける程、とても効果的な成分です。

Risa

ハイドロキノンを使用することで、人によっては肌に赤みがでたり、かゆみを伴う場合があります。これは、好転反応であり薬が効いているために起こるものです。もし、症状が治まらない場合は、使用を中止し医師に相談して下さい。また、ハイドロキノンは紫外線を浴びることで、かえってシミが濃くなってしまう場合があるので、必ずUVケアを行ってください。

[2]タイプ別化粧品人気ランキング12選

それでは、効果が期待出来る商品や、口コミ等でとても人気の高い化粧品をタイプ別でいくつかご紹介させて頂きます!

シミへの効果が凄い化粧品TOP3

  • アスタリフトホワイト
  • ■価格:7,560円(定期割り:6,804円)
    ■内容量:30ml
    ■メーカー:富士フイルム

    この商品の詳細を見る

    【おすすめ】
    ハリが無い、たるみや毛穴が気になる、乾燥・くすみが気になる

    独自に開発した成分の「ナノMA+」で角質を整えながら、美容成分にビタミンC誘導体を配合しているため、スッと肌の奥まで有効成分が浸透し馴染みます。美白有効成分として「アルプチン」を配合していて、メラニンの生成を抑えています。肌に潤いを残しつつ、シミ、くすみに直接アプローチが出来て、肌のたるみや毛穴が気になってきた30代にとても人気が高い化粧品です。

  • サエル
  • miisaa.ttさん(@miisaa.tt)がシェアした投稿

    ■初回限定価格:1,480円
    ■内容量:10日分トライアルセット
    ■メーカー:ディセンシア

    この商品の詳細を見る

    【おすすめ】
    敏感肌、肌荒れが治りにくい、乾燥によるくすみが気になる

    刺激に弱く、炎症を繰り返してしまうような、敏感肌の人向けに作られた美白美容化粧水です。健康な肌に比べて、敏感肌の方は過剰にメラニンの生成が行われています。サエルは、敏感肌特有の過剰なメラニン生成を抑えて、美肌ケアの効果が高められる肌サイクルへ改善していきます。

  • ジェイドブラン
  • akkoさん(@akko3839)がシェアした投稿

    ■Amazon価格:1,278円
    ■内容量:7日間
    ■メーカー:ジェイドドブラン

    この商品の詳細を見る

    【おすすめ】
    乾燥が気になる、くすみが気になる、年齢によるハリ不足

    ビタミン誘導体がメラニンの生成を抑えて、モチモチで輝きのある肌へ導きます。更に、ナノ化されたセラミドと12種類のオーガニックの成分が配合されているので、とにかく潤い浸透力が高く、インナードライや年齢による乾燥肌にもおすすめです。

    シミへの効果高いオールインワンTOP3

  • ピュアメイジング
  • u._.uさん(@momoo._.o)がシェアした投稿

    ■初回限定価格:1,998円
    ■Amazon価格:4,500円(税込)
    ■内容量:60g
    ■メーカー:ピュアメイジング

    この商品の詳細を見る

    【おすすめ】
    短時間でケアしたい、ニキビが出来やすく乾燥も気になる

    シミと大人のニキビを同時にケア出来る「薬用オールインワンゲル」です。ニキビが出来る原因とされる、乾燥や代謝の乱れを整えて、ニキビやニキビ痕が出来にくい状態にしてくれます。美肌効果があるプラセンタを配合していて、これ1つでスキンケア〜化粧下地まで完了出来るので、忙しい朝に大活躍のアイテムです!

  • シミウス
  • yumiさん(@yumi_7711)がシェアした投稿

    ■お試しコースの方限定:3,795円(20%off)
    ■Amazon価格:4,100円(税込)
    ■内容量:60g
    ■メーカー:メビウス製薬

    この商品の詳細を見る

    【おすすめ】
    お手入れに時間をかけられない・出産後のシミや肌荒れを直したい・シミ対策と一緒に美白・乾燥・保湿をまとめてケアしたい

    シミ対策+美白が出来るオールインワンのマッサージジェル。薬用美白成分プラセンタエキスが高濃度で配合されているので、メラニンの生成を抑制しシミを予防してくれます。たっぷりの潤い成分が「乾燥」にアプローチし、11種類の天然由来成分が透明感のある美肌へ導いてくれます。また、弾力のある2層のジェルテクスチャは、肌によく馴染むのでマッサージに最適です!「リピート率93.9%」という脅威の実績の「シミウス」の凄さを体感してみてはいかがでしょうか?

  • パーフェクトワン
  • hitomi3oさん(@hitomi3o)がシェアした投稿

    ■通常価格:4,500円
    ■定期購入時:2,250円(50%OFF)
    ■お試し1ヶ月:3,700円(800円OFF)
    ■内容量:10g(朝と夜の使用で約1ヶ月)
    ■メーカー:新日本製薬

    この商品の詳細を見る

    【おすすめ】
    年齢によるくすみ、乾燥の改善、高い保湿力でみずみずしくハリのある肌へ

    新日本製薬の技術でオリジナルの成分を配合し、「パラベン無添加」「合成香料無添加」「合成着色料無添加」とする事で、安心・安全な品質と機能を追求したオールインワンジェルです。シンプルでありながら、きちんと「シミ対策・美白効果を実感出来る上に、エイジングケアまで出来てしまう」パーフェクトなアイテムです。

    シミへの効果が高いピンポイント美容液TOP3

  • ビーグレン ホワイトエッセンス
  • kopiさん(@i_am____hi_kopi)がシェアした投稿

    ■Amazon価格:5,580円
    ■内容量:15ml
    ■メーカー:ビーグレン

    この商品の詳細を見る

    【おすすめ】
    ニキビが出来やすく痕が気になる、肌荒れが続く、くすみが気になる

    シミが出来る一番の原因とされているのは紫外線です。肌が受けた紫外線のダメージを蓄積する前にリセットしてしまおうというのが、ビーグレンのホワイトエッセンスです。

    ハイドロキノン誘導体の一種であるアルプチンを配合しているので、ハイドロキノンそのものよりも、安定性が高いので日中に使っても大丈夫です。また継続して使用する事で、「肌の色がワントーン明るくなった」や、「ニキビ痕が目立たなくなった」等、使う前よりも肌の状態が良くなったという声も多く聞かれます。

  • ポーラホワイトショットSX
  • ■Amazon価格: 5,999円
    ■内容量:10g
    ■メーカー:POLA

    この商品の詳細を見る

    【おすすめ】
    くすみが気になる、乾燥が激しい、シミがきになり集中的にケアしたい

    ベストコスメを35冠も受賞した実力コスメ。コクのあるクリームタイプの薬用美白美容液です。密着性の高いエマルションが、気になる部分にしっかりと密着し留まります。メラニンの生成を抑制し、美白有効成分を肌の奥深くへじっくり届け、シミ・そばかすを防いでくれます。肌を健やかに保つために、オリジナルを含む7種類の美容成分を配合し、透明感のある肌に整えてくれます。

  • プラスナノHQ
  • ■Amazon価格:2,480円(税込)
    ■通常価格:1本/3,240円
    ■お試し価格:2本/4,980円(42%OFF)
    ■内容量:5g(約1ヶ月分)
    ■メーカー:株式会社ファヴールマルシェ

    この商品の詳細を見る

    【おすすめ】
    しみ隠しでコンシーラーを使っている、厚塗りをしている、くすみを消したい

    イチゴやブルーベリーに含まれる物質のハイドロキノンが肌の調子を整え、部分的に集中ケアしてくれます。また、ポリフェノールの一種であるレスベラトロールが肌の肌理を整え、艶やかな肌にしてくれますし、アスタキサンチンを配合する事で、製品の酸化を防ぎ安定安心して製品を使用することが出来ます。いつものお手入れにプラスして、クリームをひと塗りするだけです。ファンデーションやコンシーラーで隠していた肌を、「魅せる素肌」へ導いてくれます!

    シミ対策に優秀なプチプラ化粧品TOP3

  • キュレル 美白化粧水Ⅲ
  • ■価格:2,484円
    ■内容量:140ml
    ■メーカー:花王

    この商品の詳細を見る

    【おすすめ】
    敏感肌にも使えるシミ・そばかす・美白対策が出来る化粧水

    シミ・そばかすを防ぎたいという、乾燥性敏感肌の方でも使える化粧水です。潤い成分のユーカリエキスが角質層の奥深くまで浸透し、外部からの刺激に強い、なめらか肌に保ってくれます。加えて、美白成分のL-アスコルビン酸がメラニンの生成を抑制し、シミ・そばかすを防いでくれるので、肌荒れを防ぎ透明感のある潤い肌に保ってくれます。

  • メラノCC
  • Aka-nagaさん(@akabep1230)がシェアした投稿

    ■価格:988円(税込)
    ■内容量:20ml
    ■メーカー:ロート製薬

    この商品の詳細を見る

    【おすすめ】
    毛穴や乾燥が気になる、ニキビ痕を無くしたい、ニキビとシミを同時に防ぎたい

    ニキビ痕や毛穴が気になるという方にオススメしたい「メラノCC」。角質層まで届くのが難しいとされていた「活性型ビタミンC」がメラニンの生成を抑制させ、血行の促進を促す「ビタミンE誘導体」を配合し、肌の奥深くに直接働きかけるのですばやく浸透して透明感のある肌へ導いてくれます。

  • アクアレーベル
  • Rittu0625さん(@rittu0625)がシェアした投稿

    ■価格:1,512円
    ■内容量:200ml
    ■メーカー:資生堂

    この商品の詳細を見る

    【おすすめ】
    シミ・そばかすが気になる、乾燥によるくすみが気になる、潤いが欲しい

    ベビーアミノ酸を配合することで「潤い」をキープし、美白・肌荒れ防止に有効とされるM-トラネキサム酸とエーデルワイスエキスGを配合することで、シミが出来る原因となるメラノサイトを抑制し、乾燥から肌を守りくすみの無い明るい印象へ導きます。

    [3]もっと知りたい!シミ対策

    シミにも種類があることをご存知ですか?タイプによっては、化粧品での対策が有効なものと、そうでないものがあるのです。まずは、自分のシミがどのタイプに当てはまるかを知ることが大切です。それでは、シミの特徴、有効的な治療法等を詳しく紹介させて頂きます。

    効果や対策が違う?シミの種類

    • 化粧品で効果が感じられるシミ
    • <老人性色素斑>
      紫外線が原因で出来るシミで「日光黒子」とも呼ばれます。ターンオーバーの乱れによってメラニンの排出が上手く出来なかったり、UV対策が足りずメラニンが増えてしまったりすると、紫外線を浴びやすい顔や手等に現れます。

      シミ対策用人気化粧品ランキング12選!セルフケアで美肌を手に入れよう

      【特徴】
      はっきりとした輪郭の楕円形、薄茶色、「一度出来るとなかなか消せない」

      -セルフケア-
      UV対策、美白ケアを入念に続ければ予防は可能。

      -クリニック-
      レーザー治療が一般的。外用薬(ハイドロキノン、トレチノイン等)による治療をすることもある。

      <炎症性色素沈着>
      肌荒れ、ニキビ等による炎症が一段落した頃に出来るシミ。出来やすい部位や年齢はバラバラ。

      【特徴】
      茶褐色、傷の完治により色素沈着は軽減されるが、同じ場所ばかりに慢性的に出来るニキビや吹き出物、アトピー性皮膚炎等の場合、定着して消えない場合もある。

      -セルフケア-
      ターンオーバーを促す、美白化粧品を使用することで改善が可能。セルフケアで改善が出来やすいタイプのシミと言える。

      ◎ポイント
      ターンオーバーを促すために抗酸化作用の強い食べ物を積極的に取り入れて、シミの定着を防ぎましょう!

      • リコピン
      • トマト、ピンクグレープフルーツ

      • ポリフェノール
      • 赤ワイン、ブルーベリー、カカオ

      • ビタミンA
      • レバー、うなぎ、緑黄色野菜

      • ビタミンC
      • 赤ピーマン、レモン、イチゴ

      • ビタミンE
      • アボカド、ナッツ類

    • 化粧品での効果が少ないシミ
    • <肝斑>
      肝斑は、男性にはほとんど見られず、妊娠中やピルを服用している時等に出やすいことから、女性ホルモンが影響しているのではないかと考えられています。注意すべき点は、摩擦や炎症で悪化するので刺激を与えるのは厳禁です。

      シミ対策用人気化粧品ランキング12選!セルフケアで美肌を手に入れよう

      【特徴】
      輪郭ははっきりしない、茶褐色、頬や口元に左右対称で出来やすい、30〜40代女性に多く見られるシミ

      -セルフケア-
      トラネキサム酸を含む化粧品でのケアが有効。

      -クリニック-
      皮膚科にて、トラネキサム酸の内服薬を処方してもらう。レーザー治療が可能だが、医師の見解の意見が分かれているため、慎重に判断すべきとのこと。

      <そばかす>
      幼少期に現れ、思春期以降から目立ちはじめるが、遺伝によって出来るシミと言われていて、色白の人は出来やすく、加齢によって薄くなる場合もあると言われています。子供の頃からあるものなので、完全に消すことは難しいとされています。

      【特徴】
      はっきりとした輪郭は無く、目・頬を中心に散らばっている、茶色の小さな斑点、「一度出来るとなかなか消せない」

      -セルフケア-
      UV対策、美白ケアを入念に続ければ悪化を防ぐことは可能。

      -クリニック-
      レーザー治療、内服薬(トラネキサム酸等)での治療が可能。

    • 化粧品で効果が無いシミ
    • <花弁状色素斑>
      強い紫外線によって出来るシミで、色白で日焼けをすると肌が赤くなりやすい人に多く見られます。日焼けから数ヶ月後に現れるケースもあるので注意が必要です。

      【特徴】
      花びらのような形、薄茶色、紫外線をあまり浴びない背中、肩に出来やすい。

      -セルフケア-
      UV対策(紫外線を浴びない)

      -クリニック-
      レーザー治療、外用薬(ハイドロキノン)による治療。

      <脂漏性角化症>
      盛り上がった形をしたシミで、老人性イボとも呼ばれます。とても目立つので気になる人が多いようですが、良性腫瘍のため放っておいても大丈夫なものです。

      シミ対策用人気化粧品ランキング12選!セルフケアで美肌を手に入れよう

      【特徴】
      イボのように盛り上がった形、薄茶色、手のひらや足の裏以外に出来る。

      -セルフケア-
      消すことは出来ない。

      -クリニック-
      レーザー治療、液体窒素での除去、サイズによっては手術で取り除く場合もあります。

      脂漏性角化症は一部の治療で保険が適応されます。悩んでいる人は、一度皮膚科で相談してみるといいでしょう。

    シミ予防に効果的な対策を習慣にしよう

    年を重ねても美しい肌をされている人は、毎日の中で色々なことを気にかけていて、「努力=習慣」として生活されている方が多いように感じます。肌にとって良いライフスタイルが続けられれば、違いが現れるのは明らかです。シミ予防に必要な3つの対策を習慣にして、数年後の美肌を目指しましょう!

    • 紫外線対策の徹底
    • 朝のスキンケア時、日焼け止めまで塗ることを習慣にしましょう。シミ・そばかすの原因の8割は紫外線によるものです。日傘や帽子、手袋等の対策に加えて、1年中日焼け止めを塗ることを習慣にして、シミやシワによる肌老化を防ぎましょう。

    • バランスの良い食事で有効な栄養を摂取する
    • シミ対策には身体の中からのアプローチも大切です。シミの改善や美肌に効果的な食材、調理法等を知ることで、キレイな肌と健康体に1歩近づきましょう!

    • サプリメントで身体の内側からシミ対策
    • 食事だけで、全ての栄養をバランス良く摂取するのはとても難しいことです。そんな時に取り入れたいのがサプリメントです。身体の内側から、シミに直接働きかけてくれる美白をサポートしてくれるサプリメントや、不足しがちな栄養素を補ってくれるサプリメントまで豊富に販売されています。上手く利用してしっかりとシミ対策を続けられるようにしましょう。

    [4]効果が実感出来るシミ対策で美肌を手に入れよう!

    若い時に沢山浴びてしまった紫外線によって、ある日突然顔を出すシミ。出来てしまったシミには、予防等の対策をしないと悪化する一方です。「シミに効果的な成分を含む化粧品でしっかりとケアをすること」「バランスの取れた栄養価の高い食事を取ること」「しっかりと睡眠を取って、ストレスを溜めないこと」といった地道な努力が、これから先の5年後、10年後の肌の状態を左右します。毎日の紫外線対策と正しいスキンケアで、理想の美肌を目指していきましょう!

関連するキーワード