頬の脂肪を落としたい!顔痩せに効果的なエクササイズ&マッサージ3選

「あれ!?顔が丸くなったかも?」「なんか太った?」と鏡を見た時に感じたら、頬に贅肉がついてしまったのかもしれません。頬に肉がつくと顔が丸い印象を与えてしまいます。フェイスラインはスッキリと見せたいものですね。フェイスラインをスッキリさせるためにはマッサージやエクササイズで手に入れることができます。効果を実感するためには、どのようなことを意識したらよいのでしょうか?

小顔になれる!顔痩せには頬痩せを目指す!

2018年04月30日更新

ライフスタイル

Risa

  • fb
  •  
  • line

[1]顔が丸くなる原因ってなに?

小顔になれる!顔痩せには頬痩せを目指す!
顔全体がふっくら見えてしまう原因はいくつかありますが、「頬周りに贅肉がついてしまって顔が丸く見えてしまう」ということが多いのです。もちろん、身体が以前よりふっくらしたと感じる時でも、フェイスラインに影響を及ぼします。

フェイスラインがふっくらと丸く見えてしまう原因はいくつかありますが、大きく分けて3つの原因をご紹介いたします。

脂肪

体重が増えて身体つきがふっくらして「太った!」と自分で感じるようなら、顔に脂肪がついてしまいフェイスラインがふっくらとしてしまうことがあります。頬骨は高いため頬に贅肉がついてしまうと太った印象を与えてしまいます。

また太ってしまったからフェイスラインがスッキリしないというだけでなく、顔にゆがみが発生することで脂肪がつきやすくなる場合もあります。頬に脂肪がついてくると、顔がパーンとした感じになり、むくんでいるように感じますがむくみとは異なります。

むくみ

顔のむくみの原因は、血流が悪く老廃物が溜まりやすくなります。また身体に冷えを感じていてもむくみを感じやすくなるため、むくみの原因は様々です。水分を取り過ぎてしまったり、アルコールによって体内の水分が排出されずに残ってしまい、顔がむくんでしまっているとフェイスラインがスッキリしません。

その他にも寝ている時の体勢がうつぶせで寝ていたりすると、顔に水分が溜まりやすくなります。女性の場合はホルモンバランスの乱れも関係してきます。生理前は特に身体のホルモンバランスが変わりやすく、むくみを感じやすい方もいるのではないでしょうか?

一時的にフェイスラインがスッキリしなかったり、顔に贅肉がついたと感じるのは“むくみ”が原因かもしれません。ですが、むくみは放置してしまうと慢性的に発生します。

表情筋の低下

小顔になれる!顔痩せには頬痩せを目指す!
フェイスラインがスッキリしないのは、表情筋の低下による“たるみ”が原因の場合があります。「むくみ対策をしているのにフェイスラインがなんだかスッキリしない…」「なんだか昔に比べて顔がちょっとおっきく見える?」と感じている方は、表情筋の低下により顔が大きく見えてしまっているのかもしれません。

表情筋は日常生活でたくさん動かすことがないため、年齢を重ねると衰えやすい筋肉の一種です。表情筋が衰えていくことで今まで支えていた皮膚を支えられなくなり、たるみが発生して余分な脂肪が頬に溜まってしまうことで、フェイスラインがぼてっとした印象になってしまうのです。

[2]原因別に異なる解消法!

小顔になれる!顔痩せには頬痩せを目指す!
フェイスラインをスッキリさせるには、原因別で方法が異なります。例えば太ってしまったことで顔に贅肉がついてしまったのなら、顔痩せのトレーニングを行うことでスッキリとしたフェイスラインを作ることができますが、むくみやたるみが原因の場合はそれを改善しなければ効果を得ることができません。

原因を知ることは、顔痩せの効果を実感するために必要なことなのです。

頬の脂肪

頬の脂肪は、リンパの流れが悪くなることで蓄積されやすくなります。「肩こりや首の凝りがひどい」「手足が冷えやすい」「一日に水分をあまり摂取しない」などに当てはまる人はリンパの流れが悪くなりフェイスラインが丸くなりやすいのです。

頬の脂肪を落とすにはまず全身の血行促進を促してリンパの流れを良くする必要があります。顔痩せに重きを置かず、まず身体全体の基礎代謝を高めて水分をたくさん摂り、全身のリンパの流れを良くすることを意識すると顔痩せ効果を高めます。

またリンパの流れを良くすることで、身体の老廃物を排出して冷え性改善などの効果も期待できます。老廃物を排出することは、肌の新陳代謝を高めることにもつながるため、肌トラブル防止効果も期待することができます。

顔のむくみ

顔がむくみにはマッサージでむくみ解消することが効果的です。他にもマッサージを行うことは、慢性的なむくみにも効果的なためほぐして血流を良くすることが大切です。顔の皮膚は薄くとてもデリケートなのでマッサージを行うときは、オイルやクリームなどを塗って滑りを良くすることを忘れないように注意してください。

また、首筋から耳の後ろなども余分な水分が溜まりやすいので首回りもしっかりもみほぐすことが大切です。むくみにはホットタオルで顔や首回りを温めるのも効果的なので、時間があるときはホットタオルで顔を温めてからじっくりマッサージを行うと、より効果を実感することができます。

マッサージを行う際は顔をもみほぐすことも大切ですが、頭皮や首回りもマッサージを行うことを忘れないように意識するだけで、とてもスッキリしたフェイスラインを作れます。

[3]余分な頬の肉がなくなると顔痩せ効果があがる

小顔になれる!顔痩せには頬痩せを目指す!
余分な頬の肉を落とすことでフェイスラインはすっきりして、小顔に近づくことができます。顔痩せ効果を実感したい方は、マッサージ&エクササイズを行って一回り小さなフェイスラインを目指してみてくださいね。

リンパを流す

リンパの滞りは、脂肪が溜まりやすくなったりむくみの原因にもつながるため、リンパの流れに沿ったマッサージを行うことでも小顔効果を実感することができます。

リンパの流れが滞ってしまうことで、顔が大きく感じるだけでなくたるみ・しわ・ほうれい線・くすみなどのトラブルも引き起こしてしまいます。リンパの流れを改善させることは、様々肌トラブルを改善することにもつながるため、リンパの流れに沿ったマッサージはとても効果的なのです。

表情筋を鍛えるマッサージ&エクササイズ

表情筋をきたえることで、顔のたるみ・二重あご・ほうれい線予防効果も期待することができます。また表情筋を鍛えることで若々しい印象になるため、顔の印象をガラッと変えることができるのです。毎日5分ほどのマッサージ&エクササイズを行えば十分な効果を実感できるでしょう。

ツボ押しマッサージ
顔には沢山のツボが集中しています。血流の改善・筋肉の凝りの解消を実感できるツボを刺激することで小顔効果を得られます。

  1. 頬車(きょうしゃ)

  2.  
    耳の付け根にある頬車(きょうしゃ)は、たるみ解消・贅肉解消・むくみ改善効果・二重あご
    改善効果のあるツボです。人差し指の腹を使い、グッと気持ちいいくらいの強さで5回ほど押して下さい。これを5~10回ほど行うと効果的です。

  3. 四白(しはく)
  4. clear(クリア)さん(@clearginza)がシェアした投稿

     
    頬の血行を良くして、顔全体のむくみを解消する四白(しはく)は、小顔効果だけでなく目の疲れを解消する効果もあります。目の中心の真下にあるツボで、指一本くらい舌の場所にあります。

    痛くないくらいの強さで5秒ほどグイっと押すことを5~10回行いましょう。四白(しはく)は目の周りのツボなので、皮膚を傷めないよう注意して行ってください。

[4]顔痩せマッサージ&エクササイズはいつのタイミングでやる?

より効果的にマッサージ&エクササイズを行うタイミングいつなのでしょうか?顔痩せにはタイミングが大切です。即効性を求める方には、タイミングを見計らってマッサージ&エクササイズを行いましょう。特に身体の血流が良いときに行うことで効果を実感しやすいです。

朝起きた時

小顔になれる!顔痩せには頬痩せを目指す!
「寝起きは顔がパンパン…」と感じたことありませんか?寝起きは特にむくみやすいのですがそのむくみもマッサージを行うことで一気に解消することができます。

朝は血流の流れもゆっくりしているので、血液を促すことでフェイスラインをスッキリさせることができます。女性は朝メイクをする方も多いでしょう。メイク前にフェイスマッサージを行えば、むくみも取れてスッキリします。朝起きた時のタイミングでマッサージやエクササイズを行うことはとても効果を実感しやすいタイミングなのです。

入浴中・入浴後

小顔になれる!顔痩せには頬痩せを目指す!
入浴中・入浴後は身体が温まり血流も良くなっている状態です。むくみ解消や老廃物を排出を促しやすくなっていたり、エクササイズなどを行ってもより効果を発揮しやすいタイミングと言えます。

バスタイムの時間を活かして、マッサージ&エクササイズを行うことで効率よく顔痩せを実感することができるためとてもおすすめのタイミングです。

[5]スッキリ頬のモテ小顔を目指して顔痩せしよう

小顔になれる!顔痩せには頬痩せを目指す!
顔痩せはマッサージ&エクササイズで効果を実感しやすい場所です。即効性も感じやすいため、継続して行うことででスッキリとしたフェイスラインを手に入れることができますよ。

「顔がふっくらしてきた…ダイエットしないと!」と考えている方も、まずは顔痩せのマッサージ&エクササイズを行ってみてはいかがでしょうか?スッキリしたフェイスラインのモテ小顔を目指しましょう。

関連するキーワード