肌荒れを改善する6つの方法とポイント!今すぐできる簡単ケアでうっとり美肌へ

一度荒れてしまうとなかなか治らない肌荒れ。今回はこの肌荒れを改善するスキンケアや食事など6つの方法をご紹介します。無理をせずに肌荒れ改善に効果のあるものばかりなのでチェックしてみてください。

肌荒れを改善する6つの方法とポイント!肌荒れを直してうっとり美肌へ

2017年12月18日更新

スキンケア

Risa

  • fb
  •  
  • line

[1]肌荒れを改善するための6つの方法をチェック

スキンケアを見直す

ニキビや吹き出物が肌にできてくると、しっかり洗顔をしないとと思って肌に必要な皮脂まで取り除いてしまうことがあります。そのことで肌に負担をかけ、肌荒れを招く原因ともなります。そうならないように、正しいスキンケア方法をご説明します。

肌荒れを改善する6つの方法とポイント!肌荒れを直してうっとり美肌へ

≪正しいスキンケアの方法≫

  • 低刺激の洗顔料を使う
  • 使用する洗顔料は、肌に負担の少ない低刺激のものを選ぶようにしてください。クリームをそのまま塗るのではなく、しっかり泡立てましょう。

  • 泡で洗う
  • しっかり泡を作ったら、その泡で汚れをとるように洗います。手のひらでのすり洗いはやめましょう。また、口元や目の周りなど皮膚の薄い部分は特に注意してください。その後はぬるめのお湯で洗い流します。この時に手のひらで肌をゴシゴシ擦らないようにしてください。

  • 保湿ケアを行う
  • 洗顔後は、化粧水・保湿液と必ず保湿ケアを行ってください。洗顔後の肌の表面は水分が蒸発しやすいので、3分以内に保湿を行うことをオススメします。

食事・飲み物に気を付ける

私たちの身体は、日々の食事からできていると言われるほど食事は大切なものです。栄養素をバランスよく摂ることも大切ですが、肌荒れの改善に必要な栄養素を知ることも重要です。日々の食事から、肌荒れの改善に取り組んでいきましょう。

≪タンパク質をとる≫
タンパク質には皮膚をつくって、肌の代謝を高める働きはあります。肌を健康に保つコラーゲンを構成しているのがタンパク質で、動物性タンパク質、植物性タンパク質ともにバランスよく摂ることが大切です。

  • タンパク質が多く含まれる食品
  • -動物性タンパク質-
    肉(豚肉、生ハム、鶏ささみ)、魚(いわし、マグロ、シラス干し)

    -植物性タンパク質-
    大豆、アーモンド、ピーナッツ、ゴマ、油揚げ

    ≪鉄分をとる≫
    肌荒れの改善には鉄分も必要です。鉄はコラーゲンを作ってくれるので、肌にハリや潤いができてエイジングケアの成分ともなります。また、肌だけではなく爪に必要な成分も作るので、ネイルケアにも効果があります。

  • 鉄分が含まれる食品
  • レバー、あさり、煮干し、きくらげ、乾燥青のり

    ≪ビタミンをとる≫

  • ビタミンA…皮膚の働きを正常に戻して肌本来の力を引き出す
  • 食品:レバー、ホウレンソウ、卵黄

  • ビタミンC…肌の保湿効果や美白効果、抗酸化作用があり、ニキビの改善にも効果がある
  • 食品:ピーマン、ブロッコリー、ほうれんそう、トマト、レモン、キウイ

  • ビタミンE…血行促進、抗酸化作用があり、エイジングビタミンともいわれシワやむくみも改善する効果がある
  • 食品:アーモンド、はまち、鮎、モロヘイヤ

  • ビタミンB群…肌の再生を促して、肌本来の抵抗力を引き出し、キメの細かい肌に整える
  • 食品:赤身の肉、赤身の魚、トウモロコシ、かぼちゃ、にんじん、バナナ

    肌荒れを改善する6つの方法とポイント!肌荒れを直してうっとり美肌へ

    ≪ホットミルクを飲む≫
    牛乳に含まれているタンパク質は、不安やストレスを和らげる効果があり睡眠の質を高める効果もあります。

    F.T.E.さん(@f.t.e.ako)がシェアした投稿

    ≪野菜ジュースを飲む≫
    市販されている野菜ジュースではなく、野菜をミキサーにかけたスムージーなどを飲むようにしましょう。野菜や果物を簡単に摂取することができるのがスムージーです。市販の野菜ジュースは熱処理が行われており、必要な栄養素が破壊されている場合が多いのであまり効果は期待できません。

生活リズムを整える

≪規則正しい生活をしよう≫
早寝早起き、3食食べるということから改めましょう。寝不足が続くとストレスとなり、自律神経が乱れて血行不良となりやすいです。そうすると、肌に必要な栄養素や酸素が体内に行き届かなくなり、肌荒れを引き起こします。

肌荒れを改善する6つの方法とポイント!肌荒れを直してうっとり美肌へ

また、インスタント食品や外食もビタミンやミネラルが不足しがちになるので、肌荒れしやすくなります。

≪お風呂に浸かろう≫
1人暮らしの場合や夜時間がない場合などシャワーですましがちですが、やはり肌に良い影響を与えるのは入浴です。しっかりお風呂に浸かることで、血行も良くなり新陳代謝も促されます。

肌荒れを改善する6つの方法とポイント!肌荒れを直してうっとり美肌へ

-入浴の際のポイント-

  • ぬるめのお湯に浸かる
  • 熱いお湯よりもぬるめのお湯に浸かるようにしましょう。熱いお湯に入った後、急激に冷えることで、身体の熱を奪い肌の冷えにつながります。

  • 身体をゴシゴシ洗わない
  • 汚れを落としたいからと、ナイロンタオルやスポンジでゴシゴシ身体を洗うのは肌を傷つけることとなります。スポンジよりも泡や手で洗うようにし、また刺激の強いボディソープなどは避けましょう。

  • しっかりすすぐ
  • ボディソープやシャンプーなどのが顔や身体に残っていると、そこから雑菌が繁殖してしまい、肌荒れの原因にもなります。洗った後はすすぎ残しがないように、しっかりすすいでください。

  • 入浴後は保湿をする
  • お風呂上りには、必ず保湿をしましょう。これは身体から水分が蒸発するのを防ぐためで、時間をかけずにおこなってください。

    ≪質の良い睡眠をとる≫
    睡眠をたっぷり取ることは、肌荒れの改善にもつながります。現在「遅寝、遅起き」の人は「早寝、早起き」のリズムに戻すようにしましょう。眠気をさそうメラトニンという物質は、太陽を浴びた14時間後に分泌されます。ですので、朝6時に起きると夜8時にメラトニンが分泌されて、夜10時頃には眠くなっているのです。

    肌荒れを改善する6つの方法とポイント!肌荒れを直してうっとり美肌へ

    -睡眠のポイント-

  • 夕食は寝る前の2時間前には済ませる
  • 食後は胃が活発に動いているので、すぐに寝ると浅い眠りになり質のよい睡眠はとれません。胃を休ませてから、睡眠をとるようにしましょう。

  • カフェインを飲みすぎない
  • 1日にカフェインを多く摂取すると、寝付きが悪くなります。できるなら、1日のカフェイン摂取は2杯までにおさえ、夜8時以降は飲まないようにしてください。

  • なるべく早めに寝よう
  • 午後10時から午前2時の間に、成長ホルモンが多く分泌されるといいます。この時間に深い眠りについていると、皮膚の修正や再生がスムーズに行われるので肌荒れの改善にも効効果があります。

    適度な運動をこころがける

    肌荒れを改善する6つの方法とポイント!肌荒れを直してうっとり美肌へ

    ≪ストレッチ≫
    身体を動かすことは、血行が良くなり肌の代謝も促進されます。時間がある時、軽くストレッチを行うだけで、血液循環がよくなり肌に必要な酸素が贈られるようになります。

    ≪ウォーキング≫
    ダイエットにも効果のあるウォーキングですが、肌荒れ改善にも効果があります。ただ歩くだけでなく、腕を前後に振って早足で全身を使って歩くように意識してください。これだけで血行がよくなり、基礎代謝も上がります。また、ウォーキングが自律神経が安定するので、質の良い睡眠をとることにもつながります。

    なめらかな綺麗肌になろう

    いかがでしたか。荒れてしまった肌を改善する方法をご紹介しました。今すぐでもできるものはたくさんあるので、ぜひ試してみてくださいね。また、日々家事や仕事で忙しいとなかなか規則正しい生活は難しいかもしれませんが、サプリメントで必要な栄養素をとったり、休日にゆっくり休んだりと自分なりのペースで肌荒れの改善を目指してください。

関連するキーワード