夏にダイエットを成功させる6つのポイント!これで薄着だって怖くない

夏は薄着になるけどはみ出たお肉が気になってつい隠しがちになるという方、夏のダイエットを成功させたい方必見です!夏だからこそおすすめしたいダイエット法やその効果をご紹介します。夏に行うダイエットには注意点もありますので、合わせて知っておくと成功への近道になりますよ!

薄着だって怖くない!夏ダイエット成功への道

2018年05月15日更新

ダイエット

工藤孝文 (医師)

  • fb
  •  
  • line

[1]夏にダイエットは効果的?

薄着だって怖くない!夏ダイエット成功への道
夏はたくさん汗をかきますし、体温も上がるので暑い夏はダイエットには効果的な季節だという噂はよく耳にしますが、実際のところはどうなのでしょうか?

結論を言ってしまうと一概にそうは言えません。確かに汗をたくさんかけば、なんだか脂肪を燃焼してくれている気分になりますが、実際は気温が高い中でかいた汗では脂肪は燃焼されていません。しかし夏に痩せやすくするための秘訣を守れば、ダイエットに成功するのも夢ではありません。

痩せるのと脂肪が減るのは違う!

「痩せるためには余分な脂肪を減らさなければ!」と頑張るのが一般的な考え方ですよね?しかし、脂肪というものはそう簡単に落とそうと思って落とせるものではないのです。

脂肪が減るのは、体温が低下した時に体を温めようと内側から作用した時か、エネルギー不足になりそれを補おうとした時です。基本的に日常生活の中で運動やダイエット中でない限りは、脂肪は減りにくいのです。。

ダイエットの近道「むくみ」を解消せよ!

薄着だって怖くない!夏ダイエット成功への道
ではどうしたら痩せられるのでしょうか?ダイエットでのキーポイントは老廃物の排出がその一つです。。中でも、むくみは見た目も太っているように見えてしまいます。むくみの原因になる老廃物を体から出すことで、見た目も体重もすっきりさせることが可能なのです。どんなに過酷なダイエットを頑張ったところで、肝心のむくみを解消していなければ、ほんの数kg落とそうとするだけでもとても難しくなってしまします。

夏は痩せやすいと言われる理由として挙げられるのが、暑い夏の方がむくみを解消しやすい条件が揃っているからなのです。現代人は汗をかかない傾向にあるので、体の余分な水分を上手く排出することができず、むくみやすいと言われています。

しかし夏は暑いため、誰でも嫌でも汗をかきますよね?当然摂取する水分も増えますが、発汗量も夏は凄まじいため余分な水分が体内にたまりにくくなります。また、暑さで食欲が減退する季節であることも、むくみが発生しにくい理由と繋がっています。

体内の塩分濃度が濃すぎると、それがむくみとなって体に現れますが、暑いとこってりした食べ物は喉を通りにくく、素麺などのあっさりしたものを食べる機会が増えますよね?そのため塩分を摂取する機会が減り、さらに汗から塩分と水分が排出されやすいことから、夏はむくみを解消しやすい季節と言えるのです。

[2]夏ダイエットは食べ物や飲み物に気を付けよう

薄着だって怖くない!夏ダイエット成功への道
毎日毎日暑い日が続くと、どうしても冷たい食べ物や飲み物を食べたくなりますよね。それでも、一般的にダイエット中は体を冷やすことはNGとされています。体が冷えてしまうと新陳代謝が下がり、せっかくダイエットを行なっても効率的に脂肪が燃焼されないためです。。

冷たい食べ物や飲み物ばかりを摂取していると、内臓が冷えてしまうので消化機能の低下にも繋がります。では、夏のダイエットを成功させるために気を付けるべき点は何なのでしょうか?

夏のダイエットと食事の関係は?


 
食べ物
夏はどうしても暑さで食欲が減退するので、食事もワンパターン化してしまいがちですよね。

そうめんや冷やしうどんなどは、あっさりしていてつるっとのどごしも良いので夏にはもってこいの食事ですが、それだけだとあまりにも淡白ですし、内臓が冷えてしまう恐れや栄養の偏りなどの問題が発生します。

そのため、夏のダイエットでは夏野菜を努めて摂取することがおすすめです。夏野菜には痩せる効果が期待できる栄養素をたくさん含むものが多いということをご存知でしたか?

  • きゅうり
  • トマト
  • ゴーヤ
  • ナス
  • オクラなど

これらは食物繊維とカリウムが豊富に含まれています。便秘の解消にもつながりますし、、ダイエット効果を上げるデトックス効果が期待できます。それに夏野菜にはビタミンも多く含まれているため、美容や病気予防という美容健康促進にも一役買ってくれますよ!

夏野菜は体を冷やす効果を期待できます。体を冷やすことはNGだと言いましたが、夏野菜の場合は冷たい食べ物や飲み物のように、体全体を冷やして基礎代謝を下げてしまうのではなく、火照った体の熱を発散する効果で体温を下げてくれるため、基礎代謝には影響しません。

chiba🐕さん(@chibalove_0309)がシェアした投稿

 
飲み物
暑い夏はどうしても冷たい飲み物が飲みたくなりますよね?ただし、暑いからと言って冷たい飲み物ばかり飲んでいると当然体は冷えますし、ダイエット中にはおすすめできません。

どうしても冷たい飲み物を飲みたい時は、一気に飲み干すのではなく一口ずつゆっくり飲むのがいいと言われています。

シュワっとした炭酸系のジュースは夏にはぴったりでおいしいですが、ダイエット中なら無糖の純粋な炭酸水を飲むことをおすすめします。コーラやサイダーなどを摂取していては、頑張ったダイエットが無駄になりますよ!

辛い料理で一緒に夏バテも解消!

@renojimaruがシェアした投稿

 
夏にあえて辛い料理を食べたくなることってありますよね?涼しい部屋で熱くて辛い食べ物を食べるなんて人も多いのではないでしょうか。辛いもののスパイスとして唐辛子が挙げられます。

唐辛子にはカプサイシンという成分が豊富に含まれていて、発汗作用を促し代謝を上げる効果が期待できますのでダイエット中にはおすすめの食材です。

 
食欲を増進させてくれるので夏バテ解消にも有効です。夏にはぜひ積極的に取り入れたいものですね。

お鍋料理は冬というイメージを持たれる方も多いと思いますが、唐辛子をたっぷり使った火鍋を、あえて暑い夏に汗を流しながら食べるのはいかがでしょうか?同時にたくさんの野菜も摂取できますし、汗を流して代謝もアップするのでおすすめですよ。夏は外でバーベキューもいいですが、女子会はダイエット効果を期待して火鍋で決まりですね。

[3]ストレッチや運動は欠かせない

薄着だって怖くない!夏ダイエット成功への道
暑い夏は外に出るのも億劫になりがちですが、夏こそダイエット効果を期待して運動するには最適な季節です。夏場は人間の体温が高く設定されているため、同時に筋肉の温度も高い状態が保たれています。

冬ですと、まずは体と筋肉を温めるところから入念に行ってから運動を開始することになりますが、夏の筋肉は緊張状態が弱まっていて柔軟性が高くなっているのでとても効率的に運動を行えます。

夏は有酸素運動もさらに効果的!

薄着だって怖くない!夏ダイエット成功への道
夏は発汗しやすい季節ですので、外で有酸素運動はおすすめです。特にウォーキングなら、だれでも気軽に簡単に始められますし、健康面でもダイエット面でも人気が高い有酸素運動です。

ただし、夏は紫外線がとても強いので、昼間に長時間外で運動するのはお肌にとっては危険信号です。気温を考えると汗を最もかきやすいのはお昼頃ですが、1日で1番日差しが強い時間帯の運動は熱中症になる恐れもあるので注意が必要です。

朝8時頃までか夕方16時頃から19時頃までの時間帯がよいでしょう。夏の運動は他にもジョギングやサイクリング、水泳も季節を楽しみながら行えるのでおすすめです。水泳も実はしっかりと汗をかいています。

脱水症状には十分に気を付け、小まめに水分補給をして体調を見ながら行いましょう。

薄着に向けて体を絞る!究極の筋トレ紹介

薄着だって怖くない!夏ダイエット成功への道
短期集中型の筋トレを紹介します。有酸素運動と合わせて行うとより効果的です。やる気と体力があれば誰でも簡単に行うことができますが、無理のない程度にチャレンジしましょう。

スライド腹筋

  1. 仰向けに横になり、両手を頭の後ろで組む。
  2. 首を持ち上げ、おへそを見る。
  3. 足を10センチほど浮かせる。
  4. 右膝をおへそに引き寄せ、左足をまっすぐ伸ばす
  5. 左膝をおへそに引き寄せ、右足をまっすぐ伸ばす
  6. 4と5を繰り返し1分程テンポよく行なう。

スライド腹筋は下腹部に直接効くので、ぽっこりお腹の解消に効果的です。

バックキック

  1. うつ伏せになり、両手を床につく。
  2. そのままお尻を上に突き出すイメージで、腕と足で体を支える。
  3. 右足のかかとを天井に向けて、大きく伸ばす。
  4. 伸ばしきったら、右膝をおへそに引き寄せる。
  5. この時、頭も両腕の間へ入れるイメージ。
  6. 反対側も同様に行い、20回ずつで3セット行なう。

二の腕、お尻、もも裏など色々な部位が一気に刺激されるため、スピーディに鍛えたいという方にはおすすめの筋トレ方法です。

[4]夏のダイエットにおける注意点

夏のダイエットを行うにあたって注意点がいくつかあります。

水分補給をしっかり!

夏は自分の思っている以上に汗をかいています。運動を頑張りすぎるあまり水分補給を怠ると脱水症状、熱中症を招く危険がありますので小まめにしっかりと水分補給を行いましょう。

rumiさん(@chatora0509)がシェアした投稿

バランスよく食事を!

暑いからと言って1度の食事を簡単に済ませたり、同じものを食べる偏食はよくありません。ダイエットに効果的な栄養素をたくさん摂取できるように、1日3食をバランスよくしっかり食べて、規則正しい食生活を心がけましょう。

無理は禁物!

夏は気温も高いですし、無理をすると体調を崩しやすい季節でもあります。自分のできる範囲でのダイエットを行って、毎日継続することを心がけましょう。

[5]夏にむけて効率的に楽しく痩せる♪

薄着だって怖くない!夏ダイエット成功への道
夏の暑さはダイエットには過酷そうなイメージでしたが、実はしっかりとやり方を守れば効率的に痩せられる、強い味方になってくれます。ただし決して無理はせずに、自身のペースで取り組んで体を壊さないように気を付けましょう。もう薄着だって怖くない、夏ダイエットで引き締まった体を作って美しくなりましょう!

関連するキーワード